良質なWEBコンテンツはユーザーが納得し学びがあり感動する情報です

あなたのサイトが商品カタログと同等程度の情報しか無ければ、早急に良質なWEBコンテンツを追加しないといけません

良質なWEBコンテンツとは、ユーザーの質問に対して明快な回答を掲載することで、ユーザーがプロとしての高い専門性に共感したり、感動したりする情報です。そして、その情報は競合企業の二番煎じ(コピーコンテンツ)では無く、自社オリジナルの情報である必要があります。

ターゲットキーワードが決まっていれば、そのキーワードで検索するユーザーが求めている回答は何なのかを考えて、自社で出来る最良の回答を掲載します。ここで重要なことは、ターゲットキーワードで掲載されている他社の情報よりも中身の濃い情報を掲載することです。

ユーザーがホームページを訪れるのは、スタイリッシュなデザインのホームページを見たいからではありません。ユーザーはユーザー自身が求めている情報を探し、求めている情報に巡り合うことが出来れば満足します。

ユーザーが満足できる情報を掲載できれば、それは良質なWEBコンテンツだと言う事が出来ます。

コンテンツとは、例えば新聞や雑誌の記事や社説、テレビの番組です

コンテンツを和訳すると「中身」です。マスメディアで例えると、新聞や雑誌の記事やコラム、社説などはコンテンツです。新聞、雑誌の広告はコマーシャルです。テレビ番組はコンテンツで、放送で流れるコマーシャルは文字通りです。コマーシャルは「商業用の宣伝(売り込み)」のことです。

テレビの「やらせ番組」や雑誌の「捏造記事」はコンテンツではありますが、良質ではありません。テレビ番組や新聞、雑誌の記事でも、真実を伝えていなければ批判の対象となり、ユーザーからは悪質なコンテンツと判断され場合によっては炎上することさえもあります。実際に事実を捏造した番組や報道が批判されて放送打ち切りになった番組はいくつもあります。

もしも、テレビがテレビショッピングだけ放送するようになったら、もしも、新聞が広告だけしか掲載されなくなったら、もうテレビも新聞も見ないですよね。同様にインターネットが広告だけだと利用者は減って行きます。しかし、実際にはWEB上のECサイトはコマーシャルが溢れています。コマーシャルに辟易して検索エンジンの利用を敬遠するユーザーが増えないようにするためにも良質なWEBコンテンツが必要なのです。

番組や記事は作成者にとって都合が良く、作成者が出したい情報では無く、ユーザーが求めている情報を出そうとして、常に情報を求めています。彼らにとってはコンテンツとなる情報やタレントは全世界にあるので、情報が尽きることはありませんが、企業の限られた世界の中では、情報を発信し続けるのは難しいかも知れません。

また、商品カタログはコマーシャルと同様に商品の売り込みしか書かれていないので、コマーシャルです。もし、あなたのホームページが商品カタログと同等程度の情報しか無いとすれば、それは、コンテンツでは無くコマーシャルなので、ユーザーが求める情報ではありません。なので早急に良質なWEBコンテンツを作成しないといけません。

コマーシャルは一方的に送りつけられるものでしたが、WEBコンテンツはユーザーが求め探しているものです

インターネットが普及する前までは、情報は一方的に流されるもので、ユーザーはそれを当たり前に受け取っていました。それは現在のように情報が氾濫している状態では無く、ユーザーに届く情報はマスメディアを通した情報ぐらいしか無かったからです。それがインターネットの普及と進化によって、一方的に流される情報よりも、自ら興味のある情報を「積極的に探す」ようになったのです。しかし、検索しても求めている情報はなかなか手に入りません。このユーザーが探している情報に合致する情報を提供出来れば、ユーザーはその企業のファンになってくれて集客に繋がるようになります。

コンテンツは、娯楽や教養、問題解決や新しい発見や学びに繋がる情報です。このような情報は企業の中にも多く存在していて、問題解決や新しい発見や学びになる情報は探し出すことが出来ると思います。

コマーシャルとコンテンツの大きな違いは、コマーシャルはユーザーが望まなくても一方的に送りつけられるので、短時間で企業の商品やサービスを理解してもらう必要がありました。長時間コマーシャルを流し続けることは出来ず、コンパクトにまとめたキャッチコピーなどでユーザーを引き付けることに腐心していました。一方コンテンツはユーザーが望んでその情報を探しているので、ユーザーが満足するまで詳しい内容を掲載しないといけないことです。

ユーザーは長文を読まないと思っている人もいますが、それはコマーシャルがユーザーが望んでいない情報だからで、ユーザー自ら探している情報は出来る限り詳しい方が良いのです。そして、商品やサービスについてユーザーが求めている情報を徹底して詳細にホームページで公開することでコンテンツマーケティングが成立します。

Googleは良質なWEBコンテンツを掲載しているページを上位に表示しようとしています

良質なWEBコンテンツがGoogleの検索順位に影響したり、ユーザーも良質なWEBコンテンツを読んで共感したサイトから商品やサービスを購入するようになると、お客様本位で商売をしていないと、良質なWEBコンテンツを公開できないので、悪意に満ちた企業は自然淘汰されることになります。良質なWEBコンテンツを公開できる企業が生き残る社会は、崇高な経営理念の上に成り立っている企業が生き残ると言うことなので、理想的です。一方的な売り込みばかりで、ユーザーの質問に対して、真摯で誠実な回答を掲載した良質なWEBコンテンツを掲載できなければ、ユーザーから見向きもされないホームページになって全く集客できなくなってしまいす。

コンテンツの作成には時間がかかり、競合サイトが分厚い良質なWEBコンテンツの掲載をしてしまうと、簡単には追い越せなくなります。Googleがコンテンツ重視を打ち出したことは、良質なWEBコンテンツを掲載できない企業にとっては死活問題にもなるものです。多くの企業が良質なWEBコンテンツを掲載して検索上位を独占すると、良質なWEBコンテンツを公開できない企業は検索経由の集客が出来なくなり、WEB上に存在しないのと同じことになってしまいます。

コンテンツとして取り組みやすいのは、プロとしての高い専門性を公開することで、この商品ならこの店長から買えば間違いないと思わせるコンテンツを掲載するのが第一歩でしょう。企業や店長のファンになってくれるユーザーがどんどん増えると大きく安定した集客が期待できるようになります。

動画や画像もコンテンツなのですが、Googleは動画や画像を評価できません。なので、検索結果で上位に表示するためには文章を作成しないといけません。ユーザーが検索窓に入力する質問に対する回答を文章として発信することが顧客獲得につながります。

このサイトでは、良質なWEBコンテンツを作成するためのポイントや着眼点を具体的にご紹介して行きます。是非、参考にして良質なWEBコンテンツを作成して頂きたいと思います。

Googleはコンテンツが充実していれば、SEOを施した良質なコンテンツの無いページと同等の評価をすると発表しています

Googleは良質なWEBコンテンツが無くてもSEOが上手いページと良質なWEBコンテンツがあるけれども、SEOがほとんどできていないページを同等に評価すると発表しています。これは、SEOの知識が無くても、顧客にとって有益な情報を文章にして掲載することで、検索結果の上位表示が期待できると言うことです。SEOを意識し過ぎて過剰SEOになるくらいなら、SEOのことを考えずに、ひたすら良質なコンテンツの掲載に力を注ぐことが良いかもしれません。Googleはユーザーファーストを勧めています。検索エンジンに評価されることよりも、ユーザーに評価される情報を文章にすることがとても大切です。SEOの細かいテクニックや知識よりも、閲覧者を満足させる質の高いコンテンツの作成に労力を費やすことで、ユーザーにとって価値ある情報をアップすることが、結果としてGoogleから評価されることにより重要な集客手段を獲得することになります。
良質な情報

ターゲットキーワードを明確に選定することがSEOでは重要です

コンテンツを作成する場合には、ターゲットキーワードを明確に設定して、そのキーワード(質問)でユーザーが求めているコンテンツ(回答)が何なのかを十分に検討する必要があります。キーワードの裏にある検索者のニーズ(検索意図)をしっかりと掴むことで、顧客に最適なコンテンツを作成できるようになります。それは、ターゲットキーワードで検索するユーザーが「どういった状況で」「何を意図している」「どんな人」にとって良いコンテンツを提供するのかを決めることです。ユーザーが本当に欲しがっている情報を掲載することです。
逆に言うと、キーワードを明確にイメージできていない顧客にリーチすることは出来ないので、漠然と不満や問題を感じている人に対してホームページを表示させることは難しいです。

「悪い商品を掴まされた!」と言う経験をしないための情報提供が良質なWEBコンテンツです

ユーザーが「悪い商品を掴まされた!」とか「失敗した!」と思う時は、どんな商品やサービスを買ってしまった時なのかを考えて見ましょう。ユーザーは常に期待通りか、期待以上の商品を求めています。しかし、実際には期待外れの商品やサービスにめぐり合ってしまうこともあります。そのような期待外れの商品やサービスを買わないようにする、商品の見極め方の解説を伝授することはとても有益なWEBコンテンツになります。このようなプロとしての高い専門性を公開すると、ユーザーから大きな信頼を勝ち取ることが出来、その信頼がどんどん広がり大きな集客に繋がるようになります。

良質なWEBコンテンツとはユーザーに喜んでもらえる情報です

良質なWEBコンテンツを他の言葉で言うと「閲覧者に喜んでもらえる情報」と言うことができます。ユーザーに喜んでもらえる情報とは、読んで楽しい情報、ためになる情報、問題や不満を解決出来る情報、生活や人生を豊かにする情報、新しい発見がある情報、健康に役立つ情報などです。

ECサイトは決定的に情報不足です

インターネットで商品を販売すると言う事は、実際に商品を手に取って触ることも出来ないし、店員さんが近くにいるわけでもないので、商品について詳しく知りたいことや、分からないことがあっても、すぐに聞くことはできません。ユーザーは知りたい情報が無ければ、その情報があるWEBショップを探し出して、別のWEBショップへ移動して、知りたい情報があるWEBショップから商品を購入します

WEBコンテンツが増えないのはコマーシャルと混同しているからです

コマーシャル
広告の場合は、放送できる時間や文字数の制限や、新聞や雑誌の広告の場合は掲載面積の制限、パンフレットでもページ数の制限などで、ユーザーに対して発信出来る情報には限りがあり、その限られた条件でユーザーに商品の良さを簡潔に伝えることが必要でした。そのためにキャッチコピーが考えられたのです。さらに広告はそのコマーシャルを見たいと思わない人にも一方的に送りつけるので、興味の無い人に長時間コマーシャルを見せたり、長文を読ませたりすることは出来ませんでした。長い間実施されてきた、このコマーシャルの習慣が染み付いて、商品や企業の情報は簡潔にユーザーに伝えるのが良いことだと勘違いしてしまっています。このような売り込みだけ掲載しているWEBサイトをGoogleは評価せず、今後集客が難しくなります。

ソーシャルメディアのレビューは「その他のキーワード」として検索結果に表示されます

コンテンツマーケティングは良質なWEBコンテンツが重要ですが、SEO対策で検索結果で上位に表示されて、十分な集客が出来ないとコンテンツマーケティングとして機能しません。しかし、多くのユーザーがWEBコンテンツとユーザーの実体験に乖離があると感じるとソーシャルメディアでその不満を投稿されると、Googleの「その他のキーワード」に批判的なキーワードが表示されるので、クレームに対しては十分に注意して再発防止策を行いましょう。

良質なWEBコンテンツを作成する方法

良質なWEBコンテンツを作成するに当たって最も重要なことは、競合他社やGoogleの存在では無く、ユーザーにとって有益かどうかです。ユーザーが喜び、問題解決が出来、学びがあり、感動や共感があるかどうかに尽きるのです。ユーザーにとって嬉しい情報であれば、Googleは必ず評価して検索上位に表示してくれるでしょう。Googleに評価されることを考えるよりも、ユーザーに評価されることを第一に考えて有益な情報を作成し、ユーザーからリンクがもらえるようになれば、Googleも自然に評価してくれるようになります。

商品を知り尽くした高い専門性でユーザーの信頼を勝ち取る

良質なWEBコンテンツを公開することで、普段の生活では触れることの無い、専門家の深い情報を届けることが出来ます。あまり期待せずに訪れたサイトで想像を超えた発見のある情報に遭遇することはユーザーにとって嬉しい驚きです。ユーザーの検索行動は、自分が求める情報を探して検索して、上位のページから順番す、スニペットを読んで、求める情報があると思うページをクリックして順番に見て行きますが、もとめる情報が無いとすぐに検索ページに戻ってしまいます。そこで、探している情報に巡り合えると、ユーザーにとってはとても嬉しい体験で、そのページを心に深く刻みます。
マーケティング

WEBコンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

崇高な理念でユーザーの事を考えて真面目に取り組んでいる企業のホームページが検索で上位に表示され、ユーザーはその企業のWEBコンテンツに共感し、そんな企業の商品をユーザーが買い求め、自己中心的で、WEBコンテンツを公開出来ない企業は検索で下位に沈み、商品が売れない状況に追い込まれれば、自己中心的で悪意に満ちた企業は自然に淘汰されて行くことになるので、WEBコンテンツが重視されない時代には生き残ることが出来た自己中心的で悪意に満ちた企業が存続出来なくなって来るので、真面目に取り組んでいる企業が生き残ることが出来る理想的なECの世界が作り上げられることになります。ユーザー本意の情報をどんどん公開する企業のホームページをGoogleが評価してさらに多くの集客が出来るようになるサイクルが回り始めれば、どんどん右肩上がりになって行きます。

競争優位が全く無ければ、良質なWEBコンテンツを作っても無駄です

WEBコンテンツをどれだけ作成しても、商品やサービスに競争優位が無ければ、コンテンツは購買にはつながりません。良質なWEBコンテンツを量産して、検索からユーザーを集めても、実際の商品やサービスが他社から見て劣っていては、商品やサービスは売れません。逆に言えば、競争優位さえあれば、あとはユーザーにどうやってその優位を知ってもらうかだけです。自社商品の優位性さえ知らせることができれば、コンバージョンはかなり高くなるはずです。

制作会社に依頼する時は良質なWEBコンテンツを十分公開しているところにしましょう

どうしても社内のリソースの不足などで、良質なWEBコンテンツを作成出来ない場合は、その制作会社のホームページにWEBコンテンツが十分あるかを確認して下さい。依頼する立場として、ページを読んで「なるほど~」と思うような情報があるかどうかです。ユーザーを納得させる情報が無ければ、制作会社として、こちらが期待するようなホームページは作成できないと判断した方が良いです。そのような制作会社に発注することは意味の無いことです。

他社を圧倒するWEBコンテンツの質と量がSEOの決め手です

ここにグメメガイドのフリーペーパーが二種類あったとします。一方は10ページ程度で簡単に飲食店の情報を記載したもの、もう一方は100ページ程度で、非常に詳しくお店のこだわりや雰囲気などを伝えるものだとしたら、あなたはどちらを持ち帰るでしょうか?ほとんどの人は後者だと思います。WEB上でも同様で、他社を圧倒する質と量を掲載できれば、大きな集客につながり、あなたの企業のホームページはマーケティングやSEOで勝利を手に入れることが出来るのです。
Googleは良質なWEBコンテンツを大量に掲載しているホームページを高く評価しますので、ページをどんどん更新して良質なWEBコンテンツの追加を続けて行けば、SEOの効果もどんどん高まり、検索エンジン経由のアクセスを増やすことが出来ます。

Googleが動画や画像を評価できないので、コンテンツは文章が中心です

動画や画像の加工や編集技術が無くても良質なWEBコンテンツを作成出来ます

Googleは顧客を満足される高品質なコンテンツを高く評価します。動画や画像もコンテンツなのですが、Googleのクローラーは動画や画像の中身を評価出来ませんので、SEOで重要になるのは、主に文章です。
文章
文章はパソコンを使う人であれば誰でも打つことが出来ます。特別な技術や知識は必要ありません。GoogleはSEOの知識が無くてもユーザーを満足させる文章であれば評価するので、パソコンを使う特別な技術や知識が無くてもGoogleの検索結果の上位に表示させることは可能だと言うことです。
つまり、コンテンツを作成する上で専門知識は全く必要なく、閲覧者にとって有益な情報をコツコツと継続して公開し続ける能力が必要なだけです。
顧客を満足させる文章を作成する上で重要なのは、前にも書きましたが、ターゲットキーワードで検索するユーザーが「どういった状況で」「何を意図している」「どんな人」にとって良いコンテンツを提供するのかを決めることです。ユーザーが本当に欲しがっている情報を掲載することです。つまり、質問に対してどんな回答を望んでいるのかをしっかり考えて文章を作成するスキルが必要になります。

Googleは文章を評価しますが、顧客が満足する情報にするには、100文字や200文字程度の情報では、ページへアクセスしたユーザーが「なるほど~」と掲載した文章で納得する情報にはなり得ません。顧客を満足させ、納得させるには相当の文字数が必要になります。Googleは短い文章でもユーザーを納得させる良質なコンテンツになりうると発表していますが、実際の検索結果を見ると数百文字程度では上位表示は難しく、数千文字は必要だと思います。

コンテンツは資産として積み上がって行きます

これまで行われていたリスティング広告やブラックハットSEOの外部リンクは契約が切れれば、すぐに効果が失われて、アクセスが減少しました。売り上げを求めた施策は、その引き換えとしてコストとして企業にのしかかり、利益を圧迫し、契約を打ち切ればアクセスの減少と同時に売り上げも減少してしまいました。このような状況は企業を疲弊させ、ECサイトを運営する意欲を大きく削ぐことになってしまいました。しかし、大きなアクセスをもたらすSEOの中心がコンテンツに移ったことで、アクセスを得るのに多くのコスト負担や契約が切れれば効果も失われる広告とは違う効果を生み出すようになりました。

良質なWEBコンテンツは、一度公開してGoogleから評価されると公開したWEBコンテンツ以上に優れたコンテンツが公開されない限り、又はGoogleのアルゴリズムが大幅に変更にならない限り検索順位を維持し続けます。なので、一度公開したWEBコンテンツは公開している限りアクセスを稼ぎ続けます。さらに新たなコンテンツの公開を続けるとアクセスを稼ぎ出すページがどんどん増えて行き、企業にとって貴重な資産となって行きます。WEBコンテンツを公開することにほとんどコストがかかりません。せいぜいレンタルサーバーの費用程度なのでせいぜい1ヶ月数百円程度です。そして、このコストはコンテンツを掲載してもしなくてもかかる固定費です。コンテンツを公開してアクセスが増えたり、売り上げが増えても固定費なので、新たなコストは発生しません。

Googleのアルゴリズムが変わったり、より良質なWEBコンテンツが公開されて、検索順位が落ちたら、さらに良質なページになるようにリライトすれば良いのです。

良質なWEBコンテンツで検索上位を実現するコンテンツSEO

ターゲットキーワードとマッチしたコンテンを掲載してSEOの効果を上げる

これまで行われていた不自然な外部リンクを大量に張ったり、さらにそのリンク元がワードサラダのような意味不明なページからのリンクでSEO効果を上げるようなブラックハットSEOはパンダアップデートやペンギンアップデートで軒並み圏外へ落とされました。自作自演リンクに対しても同様の措置が取られています。ネット上では、自作自演リンクはまだ効果があると言っている人もいますが、いずればGoogleからのペナルティのターゲットになることは間違いないでしょう。

このような経緯からブラックハットSEOには大きなリスクがあるようになり、企業側も警戒するようになりました。

そこで、出てきたのが良質なWEBコンテンツを掲載して検索上位を目指すものです。ターゲットキーワードの回答としてマッチした良質なコンテンツを掲載できれば検索上位を実現できるようになります。コンテンツSEOは良質なコンテンツで検索上位を目指すもので、ゴールは検索順位やユニークユーザー数です。売上げ高やコンバージョンをゴールにするコンテンツマーケティングとは目指すところが違います。

コンテンツSEOを実践する具体的な方法

すでに公開されているホームページにコンテンツSEOを導入する場合、まず、自社のホームページのキーワードを調べます。次にターゲットキーワードで検索上位のキーワードを共起語として表示してくれるサイトがあります、上位のサイトで多く使用されているキーワードを使って自社のホームページにもオリジナルコンテンツとして追加して行くことで、コンテンツSEOを強化できます。自社のホームページに記載されていなくて、上位のホームページに記載されているキーワードを一つ一つページに取り入れて行きます。ただ、追加するだけでは無く、そのキーワードについての自社で発信できる情報も含めて公開して行くことで長期的に大きな集客に繋がって行きます。

良質なWEBコンテンツで売り込みをしなくても商品やサービスが売れる仕組みを作るコンテンツマーケティング

WEBサイトの命運を左右するコンテンツマーケティングのポイント

WEBコンテンツを一件公開して、効果が無いと考えてWEBコンテンツの作成を止めてしまわないことが重要です。WEBコンテンツがコンテンツマーケティングとして機能するようになるには、かなりの量のWEBコンテンツを公開しないと効果を感じることは出来ません。Googleはページのコンテンツを評価していますが、多くの良質なWEBコンテンツから内部リンクが張られるようになると、Googleに自然に重要なページを知らせることが出来るようになります。このようにサイトボリュームが大きくなると重要なページに内部リンクが集中するようになり、そのページが検索上位に表示されるようになり、コンテンツを読んでくれたユーザーが問い合わせや注文などのアクションを起こしてくれるようになります。

コンテンツマーケティングはコマーシャルに近い情報から始めましょう

コンテンツマーケティングはユーザーにとって価値ある情報によって、売り込みをしなくても売れる仕組みを作ることです。コンテンツマーケティングを始める場合。ユーザーが喜ぶ情報だからと、商品やサービスの情報からかけ離れたWEBコンテンツから公開を始めると、ホームページにユーザーが訪れても、商品やサービスの情報に全く触れてもらえません。そうなると、WEBコンテンツはコンテンツマーケティングにはなりません。離れ小島のようなWEBコンテンツがあっても商品やサービスに繋がる導線が無いので、WEBコンテンツがマーケティングに貢献しないのです。コンテンツそのものが商品やサービスの販売に貢献しなければコンテンツマーケティングは成立しません。ホームページで発信する情報がコンテンツマーケティングに貢献するためには、商品カタログには掲載されていない商品やサービスに対する詳しい情報が必要で、同種の商品やサービスを使って不満を持っているユーザーを「なるほど~」と納得させる情報を掲載することが重要です。ユーザーを納得させられる情報を掲載できるようになると、blogからリンクがもらえたり、SNSで共有されたり拡散され、さらに大きな集客に繋がる可能性があります。商品から離れたコンテンツは長期的に見て企業や商品のファンになってくれるユーザーの獲得に繋がりますが、短いスパンでの売上げには繋がりません。

情報を探している潜在顧客を新規顧客に変えるコンテンツマーケティング

商品の購入意志はないけれど、現在の商品について漠然とした不満を抱いているユーザーが感じている問題を検索窓に入れて質問した時に、その問題を解決する情報が表示されると、ユーザーがその回答に興味を持ち、コンテンツを隅から隅まで読んで、納得するとそのユーザーは長期的な視点での新規顧客になります。ホームページに掲載された情報でユーザーが感じている問題を解決できると判断されて商品購入につながれぱコンテンツマーケティングが成功したことになります。
プロじゃないと分からない情報を具体的に明確に公開することで、ユーザーから絶大な信頼を寄せられるようになると、その情報が他のユーザーにも共感をもたらすようになり、さらに公開したWEBコンテンツが別のユーザーから信頼を寄せられるようにファンをどんどん作り出すようになり、積み上がったコンテンツが多くのユーザーをさらに獲得するようになって大きな集客になって行きコンバージョンにつながって行きます