良質なWEBコンテンツはユーザーが納得し学びがあり感動する情報です

あなたのWEBサイトが商品カタログと同等程度の情報しか無ければ、早急にWEBコンテンツを追加しないといけません

良質なWEBコンテンツとは、ユーザーの質問に対して明快な回答を掲載することで、ユーザーがプロとしての高い専門性に共感したり、感動したりする情報です。そして、その情報は競合他社の二番煎じでは無く、自社オリジナルの情報である必要があります。

コンテンツとは、例えば新聞や雑誌の記事や社説、テレビの番組です

コンテンツを和訳すると「中身」です。マスメディアで例えると、新聞や雑誌の記事やコラム、社説などはコンテンツです。新聞、雑誌の広告はコマーシャルです。テレビ番組はコンテンツで、放送で流れるコマーシャルは文字通りです。コマーシャルは「商業用の宣伝」のことです。

テレビの「やらせ番組」や雑誌の「捏造記事」はコンテンツではありますが、良質ではありません。テレビ番組や新聞、雑誌の記事でも、真実を伝えていなければ批判の対象となり、ユーザーからは悪質なコンテンツと判断され場合によっては炎上することさえもあります。実際に事実を捏造した番組や報道が批判されて放送打ち切りになった番組はいくつもあります。

もしも、テレビがテレビショッピングだけ放送するようになったら、もしも、新聞が広告だけしか掲載されなくなったら、もうテレビも新聞も見ないですよね。同様にインターネットが広告だけだと利用者は減って行きます。しかし、実際にはWEB上のECサイトはコマーシャルが溢れています。コマーシャルに辟易して検索エンジンの利用を敬遠するユーザーが増えないようにするためにも良質なWEBコンテンツが必要なのです。

番組や記事は制作者にとって都合が良く、制作者が出したい情報では無く、ユーザーが求めている情報を出そうとして、常に情報を求めています。彼らにとってはコンテンツとなる情報やタレントは全世界にあるので、情報が尽きることはありませんが、企業の限られた世界の中では、情報を発信し続けるのは難しいかも知れません。

また、商品カタログはコマーシャルと同様に商品の売り込みしか書かれていないので、コマーシャルです。もし、あなたのWEBサイトが商品カタログと同等程度の情報しか無いとすれば、それは、コンテンツでは無くコマーシャルなので、ユーザーが求める情報ではありません。なので早急に良質なWEBコンテンツを制作しないといけません。

インターネットが普及する前までは、情報は一方的に流されるもので、ユーザーはそれを当たり前に受け取っていました。それは現在のように情報が氾濫している状態では無く、ユーザーに届く情報はマスメディアを通した情報ぐらいしか無かったからです。それがインターネットの普及と進化によって、一方的に流される情報よりも、自ら興味のある情報を「積極的に探す」ようになったのです。しかし、検索しても求めている情報はなかなか手に入りません。このユーザーが探している情報に合致する情報を提供出来れば、ユーザーはその企業のファンになってくれます。

コンテンツは、娯楽や教養、問題解決や新しい発見や学びに繋がる情報です。このような情報は企業の中にも多く存在していて、問題解決や新しい発見や学びになる情報は探し出すことが出来ると思います。

コマーシャルとコンテンツの大きな違いは、コマーシャルはユーザーが望まなくても一方的に送りつけられるので、長時間コマーシャルを流し続けることは出来ず、コンパクトにまとめたキャッチコピーなどでユーザーを引き付けることに腐心していました。一方コンテンツはユーザーが望んでその情報を探しているので、ユーザーが満足するまで詳しい内容を掲載しないといけないことです。

ユーザーは長文を読まないと思っている人もいますが、それはコマーシャルがユーザーが望んでいない情報だからで、ユーザー自ら探している情報は出来る限り詳しい方が良いのです。そして、商品についてユーザーが求めている情報を徹底して詳細に公開することでコンテンツマーケティングが成立します。

WEBコンテンツがGoogleの検索順位に影響したり、ユーザーもWEBコンテンツを読んで共感したサイトから商品を購入するようになると、お客様本位で商売をしていないと、良質なWEBコンテンツを公開できないので、悪意に満ちた企業は自然淘汰されることになります。良質なWEBコンテンツを公開できる企業が生き残る社会は、崇高な経営理念の上に成り立っている企業が生き残ると言うことなので、理想的です。一方的な売り込みばかりで、ユーザーの質問に対して、真摯で誠実な回答を掲載した良質なWEBコンテンツを掲載できなければ、ユーザーから見向きもされないサイトになってしまいます。

コンテンツの制作には時間がかかり、競合サイトが分厚いWEBコンテンツの掲載をしてしまうと、簡単には追い越せなくなります。Googleがコンテンツ重視を打ち出したことは、WEBコンテンツを掲載できない企業にとっては死活問題にもなるものです。多くの企業がWEBコンテンツを掲載して検索上位を独占すると、WEBコンテンツを公開できない企業は検索経由のアクセスが無くなり、WEB上に存在しないのと同じことになってしまいます。

コンテンツとして取り組みやすいのは、プロとしての高い専門性を公開することで、この商品ならこの店長から買えば間違いないと思わせるコンテンツを掲載するのが第一歩でしょう。

このサイトでは、良質なWEBコンテンツを作成するためのポイントや着眼点を具体的にご紹介して行きます。是非、参考にして良質なWEBコンテンツを制作して頂きたいと思います。

コンテンツ

「悪い商品を掴まされた!」と言う経験をしないための情報提供がコンテンツです

ユーザーが「悪い商品を掴まされた!」とか「失敗した!」と思う時は、どんな商品を買ってしまった時なのかを考えて見ましょう。ユーザーは常に期待通りか、期待以上の商品を求めています。しかし、実際には期待外れの商品にめぐり合ってしまうこともあります。そのような期待外れの商品を買わないようにする、商品の見極め方を伝授することはとても有益なコンテンツになります

良質なWEBコンテンツとはユーザーに喜んでもらえる情報です

良質なWEBコンテンツを他の言葉で言うと「閲覧者に喜んでもらえる情報」と言うことができます。ユーザーに喜んでもらえる情報とは、読んで楽しい情報、ためになる情報、問題や不満を解決出来る情報、生活や人生を豊かにする情報、新しい発見がある情報、健康に役立つ情報などです。

ECサイトは決定的に情報不足です

インターネットで商品を販売すると言う事は、実際に商品を手に取って触ることも出来ないし、店員さんが近くにいるわけでもないので、商品について詳しく知りたいことや、分からないことがあっても、すぐに聞くことはできません。ユーザーは知りたい情報が無ければ、その情報があるWEBショップを探し出して、別のWEBショップへ移動して、知りたい情報があるWEBショップから商品を購入します

コンテンツが増えないのはコマーシャルと混同しているからです

コマーシャル

広告の場合は、放送できる時間や文字数の制限や、新聞や雑誌の広告の場合は掲載面積の制限、パンフレットでもページ数の制限などで、ユーザーに対して発信出来る情報には限りがあり、その限られた条件でユーザーに商品の良さを簡潔に伝えることが必要でした。そのためにキャッチコピーが考えられたのです。さらに広告はそのコマーシャルを見たいと思わない人にも一方的に送りつけるので、興味の無い人に長時間コマーシャルを見せたり、長文を読ませたりすることは出来ませんでした。長い間実施されてきた、このコマーシャルの習慣が染み付いて、商品や企業の情報は簡潔にユーザーに伝えるのが良いことだと勘違いしてしまっています

経営者の経験はコンテンツです

経営者としてのコンテンツを公開すればするほど、新規の取引先は経営者の人間性を信頼して、安心して取引を始めることが出来ます。このように経営者の経験をWEBコンテンツとして公開することは、その企業の奥底の姿勢を表明することであり、これは、コマーシャルで埋め尽くされたページからは絶対に伝えることは出来ません。

コミュニケーションは受け手側に決定権があると言われますが・・・・・。

コミュニケーションは発信者ではなく、受け手側に決定権があります。どんな情報を発信しても、受け手側の癖によって、良質かどうか決まります。自分が良いと思って発信した情報でも、受け手側によって、良否が判断されるので、結果はまちまちです。

お客様とのやりとりやクレーム対応もコンテンツになります。

店頭やWEB上でのお客様とのやりとりも、十分に良質なWEBコンテンツになります。お客様が感激されたやりとりや、クレーム処理などもユーザーとの濃厚な接点でとても重要なWEBコンテンツです。通常の販売活動の中で、お客様が感動されたことや、逆にお客様から感動させられるメッセージを頂いたと言う経験などは良質な情報になります。

新商品の開発、あるいは採用のプロセスも良質なWEBコンテンツです

新商品を採用又は開発する場合。既存商品のどのような不満を解消するために採用したのか、それは品揃えなのか、あるいはある部分の作りの違いによって商品の機能が向上するなどの品質の向上など、商品選定を決定付ける違いについてユーザーに伝えることは、既存の類似商品について不満を持っているユーザーには問題解決になるので、良質なWEBコンテンツです。

店舗のリニューアルやサイトのリニューアルもコンテンツに出来ます

実店舗のリニューアルやWEBサイトのリニューアルなど、売上増を目指して集客増の取り組みや新たなサービスの提供など、試行錯誤したことや、重点的に改善しようとした実体験を公開することは、多くの人にとって学びや知識となる可能性がありますので、良質なWEBコンテンツになりうる情報です。店舗やサイトのリニューアルの情報は、店舗やサイトを運営している人にとって知りたい情報で、良質なWEBコンテンツとして意味を持つのは、ごく少数かもしれませんが、その人たちも解決策を探していると思いますので、リニューアルに関わる情報は有益です。

良質なWEBコンテンツはある意味狂気でないと作成できません

これまでのマーケティング手法では、限られた時間や文字数で、簡潔に伝えるキャッチコピーが主流で、コンテンツを公開すると言う感覚はありませんでした。コンテンツの公開はこれまでのコマーシャルとは全く違い、今までの常識で捉えた正常な感覚では発信出来なくて、ある意味狂気でないと良質なWEBコンテンツの作成を続けて行くことはできません。WEB担当者は社内で変人扱いされる位になって下さい

ライフスタイルの提案を実体験することもコンテンツです

同じような消費行動をする人が好むであろう商品を集めて、実際に生活してみた経験を伝えることは、生活スタイルを伝える良質な情報になります。一つの商品の購入を検討している人は、その商品だけでは無く、大きく捉えた生活の変化を求めている場合があります。生活スタイルの変化を模索している人に対して、提案をすることはとても重要なことです。また、一つの商品を買ったことがきっかけになったり、生活スタイルの実体験を見て、生活スタイルを変えてみようと思う人もいるかもしれません。

商品の性能を100%引き出すような活用術もコンテンツです

最近の家電などは特にそうですが、商品を買ったけど、多機能すぎて全ての機能は使えないと言う人も多いと思います。でも、せっかく買った商品の機能を100%使いこなせたらとても気持ちいいものだと思いますし、商品への愛着も沸くのではないかと思います。

品質管理にかかわる情報もコンテンツです

製造現場で行われている品質改善活動は、徹底的に原因を解析してデータに基づいて対策を立てます。知らない人には驚くような徹底ぶりのはずです。このような徹底した品質管理は閲覧者にとって大きな学びとなる情報ですし、商品に対する評価を変える程の情報だと思います。この徹底した管理を知ったユーザーはきっと、その会社のファンになるでしょう。

コンテンツマーケティングはコンテンツを利用した売れる仕組みです

マーケティングは自社の強みなどを生かして、商品を求めているユーザーがいる市場に商品を投入して、差別化できる優位な地位を確保して、ユーザーを説得し、納得させて購入させる技術が無くても商品が売れる仕組みを作ることです。コンテンツマーケティングは情報探索の段階で、ユーザーにとって嬉しい情報や学びになる情報、納得や感動が得られる情報を公開することによって、ユーザーから共感されるのです

商品をユーザーに届けるまでの取り組みもコンテンツです

商品をユーザーに届けるまでの物流の取り組みもコンテンツです。生ものの鮮度を保つために、商品をできるだけ痛めずに最短で届ける工夫。また、流行に合わせて短納期で生産、供給できる仕組みの構築。商品を傷つけないようにする工夫や、流通段階で廃棄物などの無駄を防ぐ取り組みなどもWEBコンテンツです。

トラブルシューティングもコンテンツです

通常、取り扱い説明書には、正常に使用する範囲の説明が書かれており、通常想定されるメンテナンス程度は書かれていますが、大きなトラブルについての対処法についてはほとんど記載はありません

お客様からの質問はサイトに欠落している情報です

質問や問い合わせは、ユーザーが商品を購入しようとしている最終段階で、判断を迷っている部分です。この質問や問い合わせには良質なWEBコンテンツの鍵が隠されていて、「もう少し詳しく知りたい」と言うユーザーのメッセージです。この「もう少し知りたい」をユーザー目線で詳しく解説して、公開することは、単なる売込みでは無く、商品の良さや多少不都合な面も正直に伝えることができれば、それは、何でもかんでも良いと言うコマーシャルとは違う、経験者の言葉です。これは、ユーザーのレビューに近い良質なWEBコンテンツになります。

ソーシャルメディアのレビューは「その他のキーワード」として検索結果に表示されます

コンテンツマーケティングは良質なWEBコンテンツが重要ですが、SEOで検索結果で上位に表示されて、十分なアクセスを稼ぐことが出来ないとコンテンツマーケティングとして機能しません。しかし、多くのユーザーがコンテンツとユーザーの実体験に乖離があると感じるとソーシャルメディアでその不満を投稿されると、Googleの「その他のキーワード」に批判的なキーワードが表示されるので、クレームに対しては十分に注意して再発防止策を行いましょう。

コンテンツマーケティングはコマーシャルに近い情報から始めましょう

コンテンツマーケティングを始める場合。ユーザーが喜ぶ情報だからと、商品の情報からかけ離れたWEBコンテンツから公開を始めると、WEBコンテンツにユーザーが訪れても、商品の情報に全く触れてもらえません。そうなると、WEBコンテンツはコンテンツマーケティングにはなりません。離れ小島のようなWEBコンテンツがあっても商品に繋がる導線が無いので、WEBコンテンツがマーケティングに貢献しないのです。コンテンツそのものが商品の販売に貢献しなければコンテンツマーケティングは成立しません

社内の人間関係の問題やそれを解決したことを公開するのは、コンテンツです

企業では多くの人が働いています。その人たちは世の中の縮図で、いろんな個性がぶつかり合います。なので、対人関係のトラブルが起きるのは当然のことです。しかし、起きている時間の約半分を過ごす会社のなかの対人関係が悪いとかなりのストレスになります。本来、敵は社外にあるはずで、戦う相手は社外の同業他社ですが、社内に敵を作って、その敵との攻防に明け暮れていると、社内は内戦状態になり、本来戦わなければいけない敵と戦わずに自ら滅びてしまう可能性さえあります。なので、対人関係の問題を放置しておくことは会社にとって非常に大きなリスクとなります。

情報を探している潜在顧客を新規顧客に変えるコンテンツマーケティング

プロじゃないと分からない情報を具体的に明確に公開することで、ユーザーから絶大な信頼を寄せられるようになると、その情報が他のユーザーにも共感をもたらすようになり、さらに公開したWEBコンテンツが別のユーザーから信頼を寄せられるようにとファンをどんどん作り出すようになり、積み上がったコンテンツが多くのユーザーをさらに獲得するようになって行きます

日本人の奥ゆかしさはWEBコンテンツには不要な意識です

日本人の性格を特徴を表すものとして、自己主張や自己表現が下手。逆に、それが奥ゆかしく、日本人の美徳にもなり得るというのが日本人の根底にあり、お客様を第一に考えて企業運営していても、そのことをユーザーに対して大きな声で表現することは苦手です。なので、企業として真摯に取り組んでいることでも、実際にご利用いただいた時にお客様に感じていただければ、それで良いと考えている経営者の方も多いと思います。しかし、インターネットでは、お客様にご利用いただくには、広告を掲載するか、検索エンジンでターゲットキーワードで上位に表示してアクセスを得ないと、企業のことを知ってもらうことは出来ませんし、ご注文にはつながりません。

改善が必要なコンテンツを見つけ出す方法

検索に表示されてもクリックされないWEBコンテンツ、Googleが低品質と評価しているページ、Google・analyticsの行動→離脱ページが改善を要するページです

導入事例やお客様の声もWEBコンテンツです

システムや設備の導入事例は以前のシステムや設備の不満を解決しようとして導入するもので、導入を検討するに当たって、以前のシステムや設備にどんな問題があるのか。お客様の声は、ユーザーが実体験した感想で、その企業や商品を利用した率直な意見で、これから購入しようと検討している人にとってはとても参考になる情報です。

良質なWEBコンテンツを制作する方法

良質なWEBコンテンツを制作するに当たって最も重要なことは、競合他社やGoogleの存在では無く、ユーザーにとって有益かどうかです。ユーザーが喜び、問題解決が出来、学びがあり、感動や共感があるかどうかに尽きるのです。ユーザーにとって嬉しい情報であれば、Googleは必ず評価して検索上位に表示してくれるでしょう。Googleに評価されることを考えるよりも、ユーザーに評価されることを第一に考えてコンテンツを制作し、ユーザーからリンクがもらえるようになれば、Googleも自然に評価してくれるようになります。

商品を知り尽くした高い専門性でユーザーの信頼を勝ち取る

WEBコンテンツを公開することで、普段の生活では触れることの無い、専門家の深い情報を届けることが出来ます。あまり期待せずに訪れたサイトで想像を超えた発見のある情報に遭遇することはユーザーにとって嬉しい驚きです。

商品を売ると言う観点からするとコンテンツはかなり遠回りです

良質なWEBコンテンツを作ってSEOの効果が上がっても、商品の注文には簡単にはつながりません。そもそも、WEBコンテンツでヒットするキーワードは商品と関連する場合もありますが、商品と同一のキーワードではありません。商品そのものとは違うキーワードなので、コンテンツへ訪問したからと言って必ずしも購買にはつながらないからです。

人の役に立ちたいと思う姿勢が良質なコンテンツを生む!

企業でも個人でも、WEBコンテンツを発信するには、人の役に立ちたいと思う姿勢が無いと、良質なWEBコンテンツは生まれて来ません。ただ、検索で上位に表示されてアクセスを稼ぎたいと言う動機では、良質なWEBコンテンツは生まれません。検索で上位に表示したいと言うのが目的なのと、情報を公開して閲覧した人の役に立ちたいと言うのが目的なのとでは、ゴールが違うので、当然手段も違います。検索で上位に表示したいとだけ思う人は、検索エンジンを欺くようなブラックハットSEOもするでしょう。このような手段を選ぶ人が、純粋に情報を公開して閲覧者の役に立とうとは思いません。

企業側が発信したい情報とユーザーが求めている情報のギャップ

企業側はとにかく商品の良さを伝えたいと考えていて、ひたすら商品の良さを訴えていますが、ユーザーはその商品が自分の生活のどんな問題を解決してくれるのか、どう生活を豊かにしてくれるのかを知りたいと思っています。

マーケティング

WEBサイトの命運を左右するコンテンツマーケティングのポイント

コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

崇高な理念でユーザーの事を考えて真面目に取り組んでいる企業のホームページが検索で上位に表示され、ユーザーはその企業のWEBコンテンツに共感し、そんな企業の商品をユーザーが買い求め、自己中心的で、WEBコンテンツを公開出来ない企業は検索で下位に沈み、商品が売れない状況に追い込まれれば、自己中心的で悪意に満ちた企業は自然に淘汰されて行くことになるので、WEBコンテンツが重視されない時代には生き残ることが出来た自己中心的で悪意に満ちた企業が存続出来なくなって来るので、真面目に取り組んでいる企業が生き残ることが出来る理想的なECの世界が作り上げられることになります

WEBサイトの命運を左右するコンテンツマーケティングのポイント

WEBコンテンツを一件公開して、効果が無いと考えてWEBコンテンツの制作を止めてしまわないことが重要です。WEBコンテンツがコンテンツマーケティングとして機能するようになるには、かなりの量のWEBコンテンツを公開しないと効果を感じることは出来ません

競争優位が全く無ければ、WEBコンテンツを作っても無駄です

WEBコンテンツをどれだけ制作しても、商品やサービスに競争優位が無ければ、コンテンツは購買にはつながりません。WEBコンテンツを量産して、検索からユーザーを集めても、実際の商品やサービスが他社から見て劣っていては、商品やサービスは売れません。逆に言えば、競争優位さえあれば、あとはユーザーにどうやってその優位を知ってもらうかだけです。自社商品の優位性さえ知らせることができれば、コンバージョンはかなり高くなるはずです。

コンテンツは資産として積み上がって行きます

これまで行われていたリスティング広告やブラックハットSEOの外部リンクは契約が切れれば、すぐに効果が失われて、アクセスが減少しました。売り上げを求めた施策は、その引き換えとしてコストとして企業にのしかかり、利益を圧迫し、契約を打ち切ればアクセスの減少と同時に売り上げも減少してしまいました。このような状況は企業を疲弊させ、ECサイトを運営する意欲を大きく削ぐことになってしまいました。

制作会社に依頼する時はWEBコンテンツを十分公開しているところにしましょう

どうしても社内のリソースの不足などで、WEBコンテンツを制作出来ない場合は、その制作会社のホームページにWEBコンテンツが十分あるかを確認して下さい。依頼する立場として、ページを読んで「なるほど~」と思うような情報があるかどうかです。ユーザーを納得させる情報が無ければ、制作会社として、こちらが期待するようなホームページは制作できないと判断した方が良いです。そのような制作会社に発注することは意味の無いことです。

実体験が無いと良いWEBコンテンツは制作できません

良質なWEBコンテンツを制作するためには、実際にそのことを体験しないと書くことができません。食べログなども実際にそのお店で食事をした人のレビューが書かれているから価値があるのであって、これがお店に行ってもいない人の書き込みばかりになると食べログの価値は無くなります。

自分自身が大好きなサイトが制作できれれば良質なWEBコンテンツです

自分が好きじゃないWEBコンテンツを好きになるユーザーはいません。自分自身が強い愛情を感じるWEBサイトになるように丁寧に気持ちを込めて制作しましょう。自分自身を伸び伸びと表現するWEBコンテンツにしましょう。自分自身が愛することが出来るWEBサイトであれば、多くの人に愛される良質なWEBコンテンツになることは確実です

良質なWEBコンテンツは人材確保にも利用できます

商品も情報を詳細に公開されていないと、購入してから「こんなはずじゃなかった!」と言う経験をすることが多くなりますが、就職に関しても同様です。低価格の商品であれば、購入で失敗しても、諦めが付きますが、就職で失敗するととても大きなストレスになります。一度就職した企業を退職するのにもかなりのエネルギーを要します。一度失業すると、次に望む業種に就職できるかどうかも分かりません。就職活動は求職者にとっては、生活を大きく左右するもので、自分に合わない企業に就職してしまうことは大きな不幸です