ECサイトは決定的にコンテンツ不足です

商品カタログは決定的にコンテンツ不足です

インターネットで商品やサービスを販売するECサイトは、商品を実際に触ることが出来ないにもかかわらず、決定的にコンテンツが不足しています。

リアルの店舗であれば、実際に商品を触ることも出来ますし、分からない事は店員さんに聞けば良いので、商品の購入を決定するのに不安はありません。

ところが、インターネットで商品を販売すると言う事は、実際に商品を手に取って触ることも出来ないし、店員さんが近くにいるわけでもないので、商品について詳しく知りたいことや、分からないことがあっても、すぐに聞くことはできません。ユーザーは知りたい情報が無ければ、その情報があるECサイトを探し出して、別のECサイトへ移動して、知りたい情報があるECサイトから商品を購入します。

商品カタログを黙って置いて行く営業マン

商品カタログと同等程度の情報では、決定的に情報が不足しているのです。例えば、営業マンが見込み客の会社を訪問したら、商品カタログを広げてそこからセールストークをします。商品カタログだけ置いて帰って行く営業マンはいません。もし、実際にそんなことをしたら、その営業マンに対して大きな不信感を持つことになるでしょう。営業マンがセールストークをするのは、商品カタログの情報だけでは、ユーザーを納得させる商品に関する情報が足りないと感じているから補足説明をするのです。その説明には重要なキャッチコピーやコンテンツが含まれている場合があります。

ECサイトは商品カタログを置いて帰って行く営業マンと同じ程度のことをしているショップが多いのです。これは、良く考えればとても非常識なことをしていることになりますが、実際にショップを運営している人たちは、その非常識に気付いていません。商品カタログを置いて黙って帰る営業マンを実際に見たら絶対におかしいと言うはずなのに、自分のECサイトで同様のことをしていることを全く気にしていません。商品の開発の背景や商品について、特にユーザーの不便を解消できる部分の説明をしていないECサイトは、商品カタログを黙って置いて帰る営業マンと同じなのです。

全く会えない人を信頼してもらうには、かなりのコンテンツが必要です

ショップの店員さんや営業マンは実際にお客様と会話することで、自分自身の人間性についても信用してもらうように努めます。人間性が信用されなければ、商品も売れません。ECサイトはショップを信用してもらえるコンテンツも必要なのですが、運営している本人は自分自身は信頼に値する人間だと思っているので、信頼されるための情報をあえて出そうとはしません。また、自分を信頼できる人間だと表明することが恥だと思っているのかも知れません。しかし、ECサイトではその会社の経営者と直接会って話しをしたり、WEBマスターと会話することも出来ないのです。なので、会うことが出来ない人に信頼してもらう情報が必要なのですが、信頼を勝ち取るような情報もありません。全く会わない人から商品を買うのは勇気のいることです。全く会えない人に信頼してもらう情報は、簡単なプロフィール程度ではとても無理です。企業の経営者なら、全く顔を合わせずに取引を始めることがどれだけ普通ではないことか理解できると思います。そんな普通では無いことをしようとするわけですから、信頼を得るための情報はかなり力を入れて作りこまないといけません。

例えばカタログショッピングはECサイトと同様にコンテンツ不足ですが、カタログショッピングは運営している会社のブランド力と商品をカタログに掲載するには、バイヤーの目を通るので、商品は厳選されているとユーザーは感じることが出来ます。なので、運営会社にも商品にも信用があります。ECサイトはそのようなブランド力もバイヤーの厳選された商品である保証は無く、低いハードルで誰でもECサイトを開設することが出来てしまいます。リアル店舗であれば、ご近所のお店の店主とも知り合いで、人柄も分かっているので、信用して商品を購入できます。しかし、ECサイトはターゲットが全国や全世界です。そのショップは実際に存在しているのかどうかもユーザーには分からないので、最初から信用されていません。実際に存在しないショップにお金だけ払って商品が送られてこないなどと言う問題も起こっています。そんなユーザーの不安を覆すだけの情報を掲載しないとECサイトの発展はあり得ません。

ショップを信用してもらう情報も商品の情報も不足していて、商品が売れる訳がありません。自分自身が会ったこともないECサイトの経営者や、触ることも出来ない商品を疑ってかかっている人になって、自分のECサイトを見て下さい。ユーザーの疑いを払拭してファンになって商品を購入できる程の情報があるのか、客観的に見て下さい。疑いを払拭して、信用を勝ち取る情報は相当な情報量が必要なはずです。良質なWEBコンテンツと言うのは、そのような情報から始まります

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

品質管理にかかわる情報もコンテンツです

徹底した品質管理は大きな学びになるコンテンツです

製造現場であれば必ず品質基準があります。良品と不良品を判断する基準です。さらに基準値からプラスマスナスの管理範囲(許容範囲)があり、管理値外となった物が不良品となります。

不良率の上昇は製品のバラツキが大きく、コストが上昇することにつながります

製造現場では、この不良率を限りなくゼロに近づけようと日々努力しています。不良率が上昇すると言うことは、製造物にバラツキがあり、バラツキが大きいと言うことは、商品が安定していないと言う事です。商品が安定していないと言う事は、作業や原材料が安定していないと言う事です。作業が安定しないと言う事は、生産性も悪いと言う事です。不良品は修理が可能な場合は修理します。再利用できるものは再利用します。不良品を引き取って別の商品に加工する業者がある場合は、その業者に販売します。修理できない物は廃棄されることもあります。そうなると製造コストも上昇し、生産効率も落ちるので、企業の利益が減るか、販売価格が上昇するかです。同質の商品の販売価格が上昇すれば、その商品は売れなくなり、企業の存続を左右する問題になってしまいます。

ユーザーが買い求める商品によってバラツキが大きく、品質が違うと商品の評価も分かれてしまいます。このような不良の発生を抑えるために、製造現場で日々行われている改善活動が実際にどんなことをしているのか、品質を安定させるために現場で真剣に取り組んでいる内容をユーザーに伝えることは、商品に対する真摯な態度をユーザーに伝えることが出来ます。製造現場で行われている改善活動は、徹底的に原因を解析して、対策を立てます。社内で発生している不良を件数の多い順に並べて表示するパレート図にまとめます。パレートの法則では、上位20%の不良項目で、不良全体の80%を占めると言うもので、製造現場では、その上位20%の不良項目に対して、徹底的な改善策を考えます。改善策を検討するには、原因を追求しますが、その解析は徹底的にデータに基づいて解析されます。データで解析できない部分はブレーンストーミングを行い特性要因図にまとめます。そこから出てくる重要な要因から対策を実施します。実施した対策の効果を確認して、効果があれば、元に戻らないように歯止めを行います。対策の効果が無ければ、さらに別の対策を実施して効果を確認すると言うサイクルを続けて行きます。このような管理サイクルを回し続けているのが製造現場です。製造現場を知らない人には驚くような徹底ぶりのはずです。このような徹底した管理は閲覧者にとって、学びとなる情報ですし、商品に対する評価を変える程の情報だと思います。この徹底した管理を知ったユーザーはきっと、その会社のファンになることでしょう。

品質管理

QCサークル発表会の情報は最適!

ユーザーに伝える内容は、具体的な改善事例が良いと思います。例えばQCサークル発表会で発表した内容をWEB上で公開すれば、一般の人にも分かりやすく書かれているので、伝わりやすいでしょう。発表会でシートに記載したことだけではなく、口頭で説明した内容もWEBサイトに記載して、一般の人にも分かってもらえる内容にしましょう。ISOやHACCPを取得しているのであれば、その取得段階で苦労したことや、意外な管理点など、一般のユーザーはISOやHACCPの言葉だけ知っていて詳しくは何をどう管理しているのか知らないので、詳しく公開すると良いでしょう。

製造現場以外でも行われている改善活動も、ユーザーに公開すれば、企業としてどれだけ真剣に良い商品やサービスをお届けしようしとしているかが伝わるコンテンツになります。このような情報が当たり前になれば、そのような情報を出せない企業は、商品やサービスの改善に真剣に取り組んでいないと言う事を表明しているような事になり、ユーザーから支持されなくなります。このような情報が当たり前に公開されるようになれば、ユーザーに対して真摯な態度で取り組んでいない企業は駆逐されて行くので、真面目に取り組んでいる企業にとっては望むところです

今は、品質に関するコンテンツを公開している企業は少ないので、ユーザーにとっての比較対象がありません。しかし、コンテンツが増えてくると、比較が可能になって来ます。公開する企業がどんどん増えて来ると、公開している企業の中でより良いコンテンツを公開している企業から商品を購入するようになります。これまでは、内部でどれだけ管理や改善を行っても社外に情報として公開することはありませんでした。しかし、これからは情報を全く公開していない企業の商品は次第に売れなくなって来ます。このようにコンテンツを制作できる企業が生き残ってゆくネット社会が形成されれば、品質管理に真面目に取り組んでいる企業が情報を公開し、その情報によって商品の購買が進むようになり、真面目に取り組んでいる企業が報われる状態になって行くので、とても良い状態になります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

生産性の向上やコストの削減もコンテンツです

生産性を向上させる緻密な管理の情報はコンテンツです

製造現場で行われる生産性の向上やコスト削減の取り組みは、も良質なWEBコンテンツです

製造現場の緻密な管理はコンテンツです

工場の生産ラインでは、ストップウォッチを使って作業時間を測定し、作業スピードを観測して、動作が速い場合は遅く、遅い場合は速く、測定した時間を標準スピードで作業をした時間に置き換えて標準時間を決めます。標準スピードは作業レートと言われ、レート100が標準です。レート100は8時間無理無く作業が続けられるスピードでホーソン実験から生み出された世界標準の作業スピードです。ストップウォッチを使わない場合はMTM法やWF法などで動作を要素動作に分解して、それぞれの動作について設定されている時間を割り当てて標準時間を計算する方法もあります。さらに個々の動作の分析を行って、右手の動きと左手の動きを書き出して、どちらかの手が何もしていない時間が無いかや、ビデオに撮影して分析したりして無駄を極力無くすようにします。分析は動作経済の原則に従ってムダな動作を排除して、作業時間を短縮します。移動は生産では無いので、移動距離を極力短くするようにレイアウトの改善をします。移動や運搬を最短にして、稼動を増やすようにします。どうしても運搬が発生する場合でも、運搬した物を床から持ち上げるような動作は時間もかかる上に体力の消耗も大きいので、取りやすい高さになるようにして生産性を高め疲労を低減するようにします。機械が自動で加工している時間があれば、ただ、加工を眺めている時間が無駄になりますので、一方の機械が加工している時間に別の機械に加工する部品をセットするようにして、稼動時間を最大化するようにします。さらに生産ラインでは、流れ作業の個々の持ち時間が同一にならないと、ボトルネックが出来てしまい、そこから商品の流れが悪くなって、生産性が落ちます。このボトルネックを解消するためにラインバランスを調整して、生産ラインの個々の作業時間がほぼ同一になるように調整しています。さらにワークサンプリング法(一定の時間内において、あらかじめランダム(無作為)に選んだ時刻に作業者や機械の動きを瞬間的に観測して記録、集計し、このデータに基づいて作業状態の発生の割合を「統計的手法」を用いて推定する方法です)などで稼動分析を行い主作業(実際の加工時間)、付随作業(加工するためにセットしたり、加工が終わったものを取り出すなどの動作)、余裕(作業ではないもの)に分類して、現場全体の作業以外の時間を余裕率として求めます。この余裕の中で減らせるものがあったら、改善を行います。このような改善活動は日々行われていることで、製造現場では当たり前のことですが、製造現場を経験したことの無い人にとっては、信じられないような精緻な取り組みです。製造現場では、一日一日が改善の連続で、改善が止まってしまうと、競合他社に負けてしまうので、絶対に止めることはできません。

コスト

さらに部品などの調達についても、基準を満たす品質であれば、出来るだけコストが安い企業から調達しています。企業同士の長年の付き合いなどもありますが、品質やコストの面で、不利な企業とは取引しません。部品調達でも妥協すると、競合他社と品質や価格で負けてしまうので、かなり厳しく選別されます。

また、農産物でも収量を上げるための取り組みは農業試験場などで日々行われているでしょう。私は、農産物の生産性の向上については詳しく知りませんが、詳しい情報が分かれは是非知りたいと思います。魚の養殖などても同じように出荷量を増やすための努力が日々行われていると思います。自然と向き合う、農業や漁業には独特の大変さがあると思います。その苦労や改善の取り組みもコンテンツです。

このような生産性の向上やコスト削減の取り組みは、製造現場では当たり前のことなのですが、製造現場にたずさわることの無い人にとっては、全く知らない事なので、実際の取り組みを知るとかなりの衝撃になる情報です。これまで知らなかった世の中の事を学べる貴重なコンテンツになります。この生産性向上やコスト削減の取り組みをそれぞれの企業の実際の情報を公開してユーザーに知識を深めてもらうことが出来ます。全く知らない世界を学べる情報は人生を豊かにするものです。生産性やコストの削減に取り組む情報は、一般の人にとっては大きな衝撃と感動を与える情報で、真摯に取り組む姿勢を伝えることが出来れば、ユーザーはファンになってくれると思います

生産性の向上やコストの削減は企業として適正な利潤を確保しようとすることと、ユーザーに少しでも安価に商品を提供しようとする行為ですが競合他社も同様の取り組みをしているので、目に見えない熾烈な競争をしています。この戦いに負けてしまえば、市場から退場を余儀なくされるとても厳しい戦いなのです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

商品をユーザーに届けるまでの取り組みもコンテンツです

品質を維持したり廃棄を減らす取り組みも学びになるコンテンツです

商品をユーザーに届けるまでの物流の取り組みもコンテンツです。生ものの鮮度を保つために、商品をできるだけ痛めずに最短で届ける工夫や、熟成を必要とする商品の温度帯や保管容器や保管場所のこだわり。また、流行に合わせて短納期で生産、供給できる仕組みの構築。商品を傷つけないようにする工夫や、流通段階で廃棄物などの無駄を防ぐ取り組みなどもコンテンツです。

必要な時に必要な物を必要なだけ供給する

“Quality”(品質)、“Cost”(費用)、“Delivery”(納期)は生産管理の3大要素です。納期については、「必要な時に必要な物を必要なだけ供給できるか」が大きなテーマです。需要は季節や流行によって大きく変動します。一番需要がある時に商品を欠品させては、大きな機会損出になります。その商品を供給できるのが一社だけなら、需要と供給の法則で、商品価格が高騰しますが、代替品があると代替品にユーザーが流れてしまって、商機を逃してしまいます。しかし、欠品を防ごうとして大量に在庫を抱えて余ってしまうと不良在庫になってしまいます。不良在庫を叩き売るとブランドが毀損して、ブランド価値が低下してしまいますので、不良在庫は廃棄します。不良在庫を叩き売るのは、もうそのブランドを育てることを諦めた時だけです。廃棄は重大な環境問題なので、大量に廃棄していることが一般ユーザーに知られると企業に対して批判が殺到するので、情報が外部に漏れないようにして廃棄しますが、廃棄は企業にとっても大きなマイナスなので、廃棄が極力出ないような仕組みを作っているはずで、廃棄を極力出さない仕組みについて詳しく公開すると、ユーザーからの共感も得られると思います。全く廃棄を出さない仕組みを構築できていれば、グリーンコンシューマなどからの支持も得られるので、一定の層がファンになってくれます。グリーンコンシューマのコミュニティでの拡散も期待できるので、廃棄を出さない仕組みを構築しているのであれば、積極的に公開すると良いでしょう。

物流

物流で商品の品質を損ねたり、鮮度を保つ必要がある商品の鮮度が落ちてしまえば、ユーザーが必要とする物を届けることが出来なかったことになります。鮮度を保つために行われている工夫もそれぞれの企業の技術です。魚の鮮度を保つための締め方にも独自の技術があると思います。鮮魚には輸送のノウハウもあると思います。生きたまま運ぶ方法、仮死状態で運ぶ方法など、色んな方法があります。それぞれのメリット、デメリットと自社が採用している方法の優位性を伝えることが出来れば、ユーザーも輸送方法によって鮮魚を選ぶことも出来るようになります。肉や魚、野菜、果物の鮮度を保つための技術はユーザーが商品を買ってからの保存方法の参考にもなる情報で、有益なコンテンツになります。

例えば鮮魚の鮮度を保つための工夫などは、テレビでも色んな取り組みが紹介されています。鮮度を保つ方法がなぜ有効なのか、これまで一般的に行われていた鮮度を保つ方法とどんなところが優位なのか、鮮度を保つ方法を採用した魚と何もしない魚を比較するなどの詳しい説明があると、鮮度の高い商品を求めるユーザーにとっては、ショップを選択する指標になります。企業側はユーザーに最も美味しい状態で鮮魚を届けようとしています。また、流行に激しく左右されるファッション業界でも、コンビニの発注と同じような店頭で売れた情報によって工場に生産指示が行くような仕組みを取っている企業もあります。生産を担当している工場は対応がとても大変なのですが、中間流通をカットしたり、不良在庫の発生が最小限にとどめるられるなどのメリットが大きい方法です。この方法だと、東南アジアで大量生産する衣料品とは違う国内生産の優位性を生かした方法で、バーゲンなどは無くなり、シーズンの初めに定価で購入したお客様を裏切るようなことにはならない方法です。

また、需要が無い時にいかに生産を調整して、在庫を増やさないかも大きな課題です。在庫が膨らめばそこに資金が固定化するからです。需要が無い時期は企業としても仕事が無いので、売り上げが減少します。売り上げの減少を放置していれば、業績が悪化するので閑散期対策として、需要の波が違う商材を受注するなどの方策を取っている企業も多いと思います。閑散期の対応にも各社工夫があるでしょう。

このような取り組みはユーザーが求めている品質で求めている商品を確実に届けようとする企業の努力によって作り出されたものです。ユーザーは物流についてはあまり関心が無いかも知れませんが、商品を届けている企業の努力によって、鮮度を保ったり、需要の変化に対応した商品供給が出来ているのです。この情報はユーザーにとってもこれまで全く知らなかったことを知ることが出来、大きな学びや驚きとなりますので、良質なWEBコンテンツとして公開できます

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

トラブルシューティングもコンテンツです

予想もしていないトラブルへの対処方法もコンテンツです

想定外の事態に対応する情報もコンテンツです

ある商品を使っていて、思いもしないトラブルに遭遇すると、一瞬パニックになり処置や解決策を必死に探します。見つけ出した情報が問題解決に繋がればユーザーとしてはとても嬉しいことで、問題解決のサイトを運営しているウェブマスターに感謝したい気持ちになります。このような問題の対処法などを記載するのもコンテンツになります。

通常、取り扱い説明書には、正常に使用することの説明が書かれており、通常想定されるメンテナンス程度の情報は書かれていますが、大きなトラブルについての説明や対処法についてはほとんど記載はありません。また、メーカーのWEBサイトのFAQなどにも大きなトラブルの対処法の記載はありません。しかし、トラブルが起こった時こそ情報が欲しいもので、緊急事態に回答してくれるサイトはユーザーにとってとても貴重な情報です。

商品の使用は、製造者や販売者が想定している以外での使われ方もあり、当然危険な使用方法などは、使用を避けるように注意喚起がなされています。メーカーとしては、製造物責任となるような問題を回避するために、危険な使い方については必ず注意喚起するようにしています。これは製造物責任法の施行によって表示されるようになったものです。しかし、危険性はありませんが、想定外の使用をすることもあります。また、通常の使用の範囲や不可抗力で起こるトラブルもあります。例えば、パソンコンのキーボードにコーヒーをこぼした、パソコンやゲーム機の筐体が割れたとか、携帯電話を水没させたとか、外付けハードディスクを落下させた、カーペットや畳に醤油やソースをこぼしたや、ドライヤーの吸い込み口から髪の毛を巻き込んだなどです。スマホのバッテリーから発火したと言うようなことなら諦めますが、致命的なトラブルで無ければ、修復しようと試みます。このようなトラブルに遭遇すると、当人は冷や汗をかきながら、情報を探します。ピッタリの情報に巡り合い、対処法が書かれているとホッとします。対処法によって最悪の事態を回避できれば、その情報を公開してくれているサイトに対して「よくぞこの情報を公開してくれた!」と感謝の気持ちと、信頼感を感じるようになります。そして、そのトラブルからの修復方法を公開してくれたサイトのことは長く記憶に残っているものです。ユーザーの記憶に残る情報を公開することは、長い時間をかけてファンになってもらえる可能性があり、いずれば商品を購入してもらえる可能性が高まります。

このようなトラブルの対処方法は説明書には書かれておらず、トラブルが起きればネットで検索して、対処方法を探すことになります。ユーザーはメーカー修理になる前に対処できることは対処して、そのまま使い続けたいと思うものです。ほぼ毎日使っているものがしばらくの間でも使えなくなるのは、それなりのストレスになりますので、出来れば避けたいと考えています。このような問題を抱えているユーザーの問題を解決できるのも、その商品を扱っているプロであれば、可能な場合があります。また、素人が公開している対処法よりも、実際に商品を取り扱っているプロの情報の方が信頼性が高いので、ユーザーからは重視されます

トラブルシューティング

想定外を想定するのは難しい

ただ、ユーザーがどんなトラブルを起こすかを想定するのは難しく、事前に想定して公開するのは難しいでしょう。しかし、その商品を取り扱っている企業では、トラブルに関する情報はそれなりに持っていると思います。これまでのユーザーから問い合わせを集めれば、ユーザーが遭遇するトラブルはかなりリストアップできると思います。過去の問い合わせから予想されるトラブルに対処する情報を公開したり、ネット上にあるトラブルを元に対応策を掲載すれば良いでしょう。トラブルの対処法は、まず行うべき処置と商品を元通りに復元する対応があります。最初に行う処置は特に急いで処置しないといけない可能性がありますので、訪問したサイトをゆっくり読んでいる時間はありません。そのような場合はユーザーに分かり易いように表示して、出来る限り速く情報にアクセスできるようにしましょう。元通りに復元する対応は落ち着いてからじっくり対応すれば良いのであれば、急ぐ処置とは見出しを分けて表示した方が良いと思います。

このようなトラブルの意外な解決法などを掲載できれば、商品を取り扱っている専門家としての豊富な知識をユーザーに伝えることが出来、ユーザーからの信頼を勝ち取ることができます。想定外の問題に遭遇する可能性はほぼ全ての人にあります。ユーザーが抱える問題を解決できる情報はとても有効なWEBコンテンツです。実生活でも緊急時に助けてくれた人のことは忘れないものです。WEBサイトでも緊急時に助けになる情報を掲載しているサイトのことは忘れません。必ずユーザーは再訪します。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

経年劣化についての情報もコンテンツです

経年劣化を正直に伝える情報はコンテンツです

商品には必ず寿命があります。消耗品のように劣化を感じる前に消費してしまうものもあります。プロ仕様の機械などはかなり堅牢な作りで、耐用年数も長いので、購入した側にとっては劣化は当然と受け止めることができるほど長持ちします。

しかし、家庭で日々使用する商品は経年劣化が目立つ商品もあります。経年劣化で代表的な商品は衣料品です。衣料品のなかには洗濯の度に、型崩れ、色落ち、ゴムの緩みなど明らかに劣化して行くものもあります。流行の最先端の商品は新素材を使っている場合があります。新素材は風合いや機能性などを向上させた新商品ですが、生地を作るメーカーは生地の風合いや機能の新しさなどは追及しますが、素材そのものも不安定な場合があり、縫製のし易さなどは全く考慮しません。なので、縫製できないような素材もあります。素材に合わせてミシンの調整もするのですが、十分な対応が出来ないまま生産が終わってしまう場合もあります。そのような商品は素材と縫製がマッチしていないので、洗濯すると急激に縮むこともあります。インターネットで商品を購入するユーザーは通常、新品の写真しか見ていません。新品の画像はとても綺麗で、その画像に惹かれて商品を購入します。しかし、その商品の洗濯を繰り返すとどうなるのかは全く想像が付きません。劣化が激しいかどうかはロシアンルーレットのようなもので当たり外れが激しいので、外れを引いても諦めてしまう人が多いと思います。しかし、実際に外れを引いてしまうと、買った店やブランド、どこの国製かなどインプットされます。インプットされた情報は次回の購入時に思い出され、同じブランドの商品は避けるかも知れません。特に新素材を使った流行の最先端の商品は、流行に敏感な人が真っ先に買うので、劣化が激しいととてもショックだと思います。また、オリジナルTシャツのプリントも新品の発色がとても良い商品でも、洗濯堅牢度が低く、洗濯すると色落ちやひび割れするものもあります。プリントも洗濯でどの程度劣化するのか全く分かりません。ただ、オリジナルTシャツは発注頻度があまり高く無いので、一度失敗すると二度目はほとんど無いので、最初の注文で確実に良い商品を手にしたいと思っています。ジーンズのように洗濯して色落ちすることによって味が出る商品もありますが、ほとんどの商品は出来る限り新品の状態を維持したいと思うのですが、実際には悲しいことに劣化して行きます。ユーザーは衣料品を購入する際は、ある程度の劣化は想定していますが、想定以上の激しい劣化があると購入したサイトに対しての信頼を無くします。洗濯や使用を重ねるとどれだけ劣化するのか事前に分かるようなサイトを運営していれば、そのサイトに対して大きな信頼を寄せていただけると思います。劣化の度合いが公開されていれば、商品の価格と劣化の度合いを天秤に掛けて購入を決定できますので、劣化の程度を納得して購入していれば、不満は感じません。

劣化

劣化のサンプルを見せることも重要なコンテンツです

洗濯堅牢度や耐光堅牢度○級と言う表示と合わせて、その等級はどれくらい色落ちしないのかの説明があると良いでしょう。また、実際の商品を洗濯して、洗濯10回目、20回目、50回目の状態をカメラで撮影して、公開するのも良いでしょう。実際の商品を洗濯するのはコストがかかり過ぎるので、メーカーから生地サンプルをもらい一定の大きさに切って、洗濯後の色落ちや縮みや伸びを比較すれば良いでしょう。縮みや伸びは実際の商品に換算して、どの程度縮むのか伸びるのかを知らせることは重要です。お気に入り商品を購入しても、洗濯する度に激しく劣化するとユーザーはかなりショックです。オリジナルTシャツのプリントも洗濯で、色落ちやひび割れがどの程度なのか、ユーザーは全く分かりません。イベントで一回きりの着用のものなら多少品質が悪くても価格が安ければ妥協はできますが、自分でデザインしたお気に入りであれば、簡単に劣化すると困ります。実際に洗濯した画像を公開できるのは、商品に自信がないと出来ません。極端な劣化をした商品をそのままユーザーに伝えると商品が全く売れなくなってしまうので、劣化が激しい商品の選択後の画像は公開できません。また、劣化を極力防ぐ洗濯の方法や保管方法を紹介するのも良い情報だと思います。劣化を防ぐ洗濯や保管方法はユーザーのかかえる問題を解決できます。洗濯の仕方については洗濯・染み抜きドットコムが詳しい情報を掲載していますので、リンクするだけでも良いかも知れません。この情報はユーザーが商品を購入した後に後悔するのを避ける良質なWEBコンテンツです

高いお金を払って、流行の最先端の商品を購入したけど、一回洗濯したら縮んでしまって、二度と着れない商品を手にしてしまった悲しさを理解できたら、商品の劣化に関するコンテンツの重要性が分かってもらえると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

高額な買い物に失敗は許されません

見えない部分の品質を信用してもらえる情報はコンテンツです

例えば、人生で一番高価な買い物であろう自宅の新築は、他の安価な商品のように買った後で失敗だったでは済まされません。そうなると当然信頼できる業者に発注したいのですが、どこが信頼できる業者なのか全く見当が付きません。ハウスメーカーのホームページには、日々扱っている商品なので感覚が麻痺しているのでは無いかと思う程情報が不足しています。ユーザーにとって一生に一度の買い物と言う意識が無いのか、判断材料となるコンテンツが少な過ぎます

ハウスメーカーは受注を取るのは営業マンだと言う意識が強いのかも知れません。ホームページを訪れたユーザーをファンにして、何としても受注を勝ち取ろうとするような情熱を感じません。ハウスメーカーにとっては、「他の会社も作っているから」と言う程度の意識しか無いのか、表面的な情報しか掲載されていません。

ダイヤモンドなら鑑定書を見ればそこに書かれている品質を信用できるので、鑑定書に書いてある内容の説明さえ受ければ、後はリングのデザインを好みのものにすれば良いだけです。

しかし、ハウスメーカーのホームページには、建築事例などの写真は綺麗なものが多く掲載されていますが、建築事例は出来上がった写真で、目に見える所は綺麗にできていても、壁の内側や基礎や土の中など、目に見えない部分はどうなっているのか分かりません。このような目に見えない部分まで公開して、信頼を勝ち取る情報は決定的に不足しています。工法の優位性は記載されていますが、工法は設計上の優位性であって、実際の工事が設計通りに行われていなければ、優位性は無いも同然です。テレビでも報道されるようなマンションの手抜き工事のようなことが起こらない業者に発注したいのですが、それがどの業者なのか業者のホームページではほとんど判断できません。ホームページを読んでも手抜き工事がされないと確信できる情報はありません。完成した写真だけ掲載されても内部まで品質保証できるような説明はほとんどありません。ユーザーにとっては、壁の内側や土の中に入っている部分まで、完璧な作りがされているのか全く分からないので、目に見えない部分の品質について詳しい説明を受けて、安心して発注したいのです。コンテンツがあるとすれば、「お客様の声」ぐらいあれば良いところです。お客様の声の完成直後のユーザーの声なので、使って行くうちに出てくる不具合については、情報が無く、判断できないのです。目に見えない内部の工事まで、保証できると言う、ユーザーが安心できる情報が公開されないと、発注できないのです。一生に一度の大金を叩いて購入する家を発注する業者を間違えて台無しにする訳には行かないのです。

高価

ハウスメーカーはユーザーから信用してもらえるコンテンツが絶対必要です

ハウスメーカーは自社が信用できる会社だと言う事をユーザーに分かってもらえるコンテンツが必要でしょう。

実際、私も信頼していた業者に発注した新築住宅の水道の蛇口から茶色い水が出てきたと言う経験があります。建物の基礎や壁の裏側など目に付かないところはどうなっているのか素人には分からないので、確実に誠実な工事をしてくれることをユーザーに伝えるコンテンツが必要です。ユーザーは発注にあたって、その業者が信用できると判断しないと、決して発注しません。

例えば、建築途中の写真などを掲載して、撮影したどの部分の作り方が建物の長い間の堅牢さを保つポイントだとか、家を建てるキモをユーザーに伝え、そこは確実に作りこんでいることを伝えるか、建物の品質を決定付ける部分の施工時には施主にも立ち会ってもらって、品質基準の説明をした上で施工具合を確認していただくなどの対応をすれば納得できると思います。このようにユーザーが施工時に品質が確実に作りこまれていることを実感できることが必要です。とにかくユーザーが安心できる良質なWEBコンテンツが必要です

他社と比較して、目に見えない部分も圧倒的に信頼できる情報が掲載できれば、問い合わせは大きく増えるはずです。自分の会社はお客様に胸をはれる仕事をしていると言う自負もあって、そのことは実際に住んでもらえば分かると思っている経営者も多いと思いますが、その自信を持って仕事をしていることをユーザーに伝えないと、実際に発注はいただけないので、良さを実感してもらえないのです。自分のことを信用して下さいと言うのは恥だと思っている人もいるかも知れませんが、WEBサイトは営業マンや住宅展示場で物件を見る前の段階の選別が行われるので、ユーザーにその企業が信頼できると判断されないと、WEBサイトの時点で選別されて、発注の候補から除外されてしまいます。この段階で候補から除外されてしまうと、全く勝負にならないので、目に見えない部分も確実に作っていることをユーザーに伝えるか、重要な部分を施工する時には施主にも立ち会ってもらって品質を確認して、納得してもらって工事を進めるなどのコンテンツは絶対に必要です。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

環境に対する取り組みもコンテンツです

地球で永久に生命が存続できるような取組もコンテンツです

社会が成熟して、マーケティング・コンセプトが社会志向になってきて、大量生産、大量消費が見直されるようになって来ると、ユーザーも消費行動に少なからず嫌悪感を持つようになって来ます。そうなって来ると、商品の良さをどれだけアピールしても、商品のスペックや価格よりも、より地球環境に優しい商品や企業を求める消費者も出てきます。

企業として、環境への取り組みをどのような形で行っているのか、自社の品質基準で不合格になった商品は修理して良品にしているのか、修理は出来ずに原材料として再利用しているのか、あるいは廃棄しているのか、廃棄する場合は、再利用できる業者に引き取ってもらっているのか、さらに引き取った業者は完全に使い切るのか、または本当に捨てているのか。大量生産では無く、完全受注生産にして廃棄を減らしたとか、包材を自然に帰る材料に変更したとか、完全受注生産にしても、自然に帰る包材にするにしても、元々の生産方式に比べるとコストは確実に上昇します。コストが上昇しても、その生産方法を選んだ理由とか、自社の取り組みによってどれだけ廃棄物を減らせるのか、あるいはCo2の削減をどれだけ出来るのか。地球環境に配慮すれば、本来利潤追求が企業の目的であるはずですが、確実に利益は減少します。それでも環境に配慮した生産方法や資材を使うことを決めた背景。企業としての社会的な責任をどのように受け止め、どのように行動しているのか、廃棄を続ける消費行動を続けていると地球環境に深刻な打撃を与える可能性があります。現実に日本は、年間5500万トンの食糧を輸入していながら、1800万トンを廃棄しています。食料廃棄率ではアメリカを上回っており、日本の食糧効率はとても悪いことになっています。廃棄量は世界の食料援助総量470万トンを遥かに上回り、途上国の5000万人分の年間食料に匹敵します。このような大量廃棄を続けて行くことは出来ません。そして、日本では、大量の廃棄をしているのに、世界では飢餓で1500万人が亡くなっていると言われています。そのうち70%以上は子供だと言われています。消費行動と一体になっている生産活動が見込み生産の大量生産だと、必ず売れ残りが出て、廃棄が発生します。原価が上昇しても、廃棄を減らす受注生産に転換した理念の変化。また、将来どのような姿になろうとしているのか。企業として考える理想の社会とはどんな社会なのか。そして、現在の取り組みがその理想を実現できるのか。

環境

環境問題は将来人間が生存できなくなるかも知れない問題です

環境問題による地球温暖化は将来人間が生存できない環境になってしまう恐れさえある問題です。企業も消費者も今と同じ活動を続けていれば地球温暖化は確実に悪化して行きます。今現在、地球で生活している人間として、また、そこで生産活動や販売活動をしている企業として、子孫にどのような地球環境を残すのかは、極めて大きな問題であり、そのことに強い関心を持っているユーザーも多くいます。現にグリーン・コンシューマと言われる人たちも出現していて、価格が高くても、確実に環境に優しい商品を購入しようとする層がいます。この人たちは商品のスペックなどにはほとんど興味が無く、いかに環境にダメージが少ない商品なのかが、商品を選ぶ基準で、消費すること自体に罪悪感を感じています。それでもどうしても消費しないといけない商品は価格が高くても、環境に極力優しい商品を選びます。今後、地球温暖化がさらに酷い状態になれば、このグリーンコンシューマはもっともっと多くなるでしょう。そうなれば、企業としてもグリーンコンシューマを無視するような生産活動、販売活動は出来なくなり、環境に対する取り組みは必須となります。

そのような環境問題に対して強い関心を持っているユーザーに対して、共感してもらえるコンテンツを提供でき、さらには新たな発見や気づきのある情報を提供できれば、確実にファンを増やすことができます。グリーンコンシューマに対して確実に共感してもらえるコンテンツを公開できれば、このユーザー達は今後確実に増加して行くので、今は、原価が高くなったりするでしょうが、重要な顧客層になります。また、環境問題にあまり関心が無かった人に対して、問題を提起して、自社の取り組みに納得してもらい、共感してもらえるコンテンツを公開できれば、多くのファンを獲得することができ、長期に渡ってユーザーとなってもらえます。

ISO14001を取得している企業なら、ISOを取得するのに苦労したことや、ISOならではの管理点など、一般のユーザーは、広告などにISO取得などと書かれていて、ISOと言う言葉は知っていても、具体的に何をどう管理しているのかは分かりません。管理する上で大変なことやISOが重視していることなども公開すると良いWEBコンテンツになると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

導入事例やお客様の声もコンテンツです

お客様の声を正しく伝えるのはコンテンツです

システムや設備の導入事例は問題解決です

システムや設備の導入は以前の設備の故障の頻発や劣化、システムの性能の不満を解決しようとして導入するもので、通常は十分に元が取れていて、新しい設備の導入は織り込み済みで自然なものです。しかし、以前の設備が導入した企業の要求をほとんど満たさず、導入当初から不満であった場合は、新たな設備の提案は慎重に行わないといけません。導入を検討するに当たって、以前のシステムや設備にどんな問題があるのか。機能が問題なのか、効率が問題なのか、品質が問題なのかをしっかりと分析して、具体的な改善策として、何をどう改善するために、どんなシステムや設備を提案したのか。それは以前のシステムや設備と比べて何が改善できるのか、どんな点が優れているのか。商品を提案するまでに社内で検討したことも公開すると良いでしょう。システムや設備の導入はそれなりの金額の投資になるので、導入に際して、納入先の企業でも十分な検討がなされるので、失敗はそんなに多くは無いと思いますが、万一失敗してしまうと、かなり信用を落としてしまいます。そして、導入後に以前の課題は改善されたのか。改善の程度はどうなのか、ユーザーは十分に満足していただけたのか。数値で示すことができるのなら数値で示すと良いでしょう。最後にはユーザーの導入しての実体験を掲載することになるので、ユーザーの声も正直な意見を掲載しましょう。この声の中には、企業として、さらに改善する課題が隠れています。ユーザーレビューを含んだ良質なWEBコンテンツです

声

お客様の声はショップの評判です

お客様の声は、ユーザーが商品やサービスを実体験した感想で、その企業や商品を利用した率直な意見です。ステルスマーケティングを行えばユーザーからの評価をコントロールできますが、最近ではステルスマーケティングもGoogleに見破られるようになってGoogleからの評価が下がるので、絶対に止めましょう。ステルスマーケティングはリンクをお金で買ったことになります。悪質と判断されるとペナルティになって最悪の場合データベースから削除され、社名で検索しても出てこなくなります。なので、お客様から寄せられる声は企業側ではコントロールできません。ユーザーは商品やサービスに対して様々な感想を持ちます。この様々な意見は、ユーザーの正直な感想で、企業にとっての改善課題もたくさん教えてくれるものです。これから商品やサービスを購入しようと検討している人にとってはとても参考になる情報です。お客様の声には、企業側にとって良いものもあれば辛辣なものもあります。良い評価も悪い評価も企業側の回答も掲載して、特に悪い評価をされた場合には、なぜそのような評価につながったのか、徹底した原因追及を社内で行って、再発防止の回答もしましょう。「二度と同じ悪い評価はされない」と言う強い信念の元に対策を講じたのであれば、悪い評価があっても、再発防止は十分で、その問題が再発しないと購入を検討しているユーザーに納得して頂けると思います。再発防止策を講じても同様の問題が起こる場合は、原因の解析が甘かったからで、さらに深く原因を解析して、再発防止策を講じるようにしましょう。また、対策を行っても、時間の経過とともに、元に戻ってしまわないように歯止めもしっかりと行いましょう。ユーザーが悪い評価をされた問題が再発しないと納得できれば購入につながります。また、再発防止に真摯に取り組む姿勢が伝われば、ユーザーのロイヤルティも高まります。

ユーザーから悪い評価をされた場合に、再発防止策を社内で検討もせずに定型文を返信するようなことをしていては、ユーザーから信頼されなくなります。定型文を返信すると言う事は、再発防止策を社内で検討していないと言うことなので、同様の不満の評価は続きますので、ユーザーからの声と回答はWEBサイトに掲載出来ません。ユーザーからの悪い評価に対して、回答も掲載できる企業は、本当にユーザーの立場に立って、喜んでもらえる商品やサービスを提供しようとしている証拠です。ユーザーからの評価を隠さずに、真摯な回答も含めて公開する企業が増えると、お客様の評価や回答を掲載していない企業が明らかに不利になります。そうなるとお客様本位で真面目に取り組んでいる企業が業績を伸ばし、ユーザーに対して不誠実な対応をしている企業の業績は伸び悩みます。これは、どんなコンテンツにも言えることですが、WEBコンテンツを公開すればするほど、ユーザーに喜んでいただこうとする真摯な姿勢が公開されるので、ユーザーはコンテンツを公開している企業の商品を買い求めるようになって来ます。そうなるとユーザー本意の企業が生き残り、不誠実な企業は淘汰されることになり、とても健全な競争になります。情報が閉ざされていた時代には十分生き残れた企業が他社とのユーザーに対する真摯な態度の差によっとて淘汰されることは、ユーザーに真摯に向き合っている企業にとってはとても喜ばしい状態になると言うことです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

商品を知り尽くした高い専門性でユーザーの信頼を勝ち取る

ユーザーは知らない専門性の高い情報はコンテンツです

コンテンツを公開することで、普段の生活では触れることの無い、専門家の深い情報を届けることが出来ます。あまり期待せずに訪れたサイトで想像を超えた発見のある情報に遭遇することはユーザーにとって嬉しい驚きです。ユーザーは訪れたWEBサイトで驚くような情報や学びを経験するとSNSで拡散したりblogに投稿してリンクを張ってくれることもあります。リンクを張ってもらえることでGoogleから高評価をもらえるようになります。

専門家であれば高い専門知識を持っているはずです

もしも難病を患ったとすると、できるだけその病気の専門医に診てもらいたいと思います。それは、その病気に対する高い専門知識を持っているので、説明や治療方針も詳しくて納得できるはずで、最も良い治療をしてくれると思うからです。その高い専門知識により患者は医師のことを信頼して、この医師に任せておけば大丈夫と言う安心感を得るのです。商品も同じで、その素材や設計、保存方法などがなぜそうなのか、その商品の専門家ではないと出せない奥深い情報に触れることで、ユーザーはこれまで知らなかった多くの情報に触れ驚きや学びがあり、このショップで商品を購入すれば間違いないとユーザーに認識させることができます。商品に対する高い専門性を感じてもらえれば、このサイトオーナーが勧める商品を買えばきっと満足できるとユーザーは思うことになります。材料選びや材料の組み合わせから加工のポイント、さらに設計による性能の違いなど、商品を知り尽くしているからこそ公開できる情報はユーザーをファンにします。ユーザーは自分が望む商品を間違いなく手に入れたいと思っており、その判断を後押ししてくれる専門家の情報はとても貴重だと感じます。ファンなったユーザーが直ぐに商品を買い求めることは無いかも知れませんが、ファンになったユーザーは長い目で見て必ず商品を購入してくれます。また、その貴重な情報を提供してくれるWEBサイトのことを大切に思ってくれて、そのサイトのファンになってくれます。ファンになってくれたユーザーはSNSで共有し、拡散されたり、自身のblogに投稿してリンクを張ってくれたりする場合もあります。こうやって、リンクを張ってもらえると、そのリンクはGoogleから評価され、検索順位を押し上げることになります。専門性の高いコンテンツを公開し続ければ、このサイクルが回り続け、被リンクを獲得し続けることが出来ます。被リンクが増え続ければGoogleの評価はどんどん上がり、コンテンツの評価と相まって、競合他社よりも良い順位を獲得できるようになります。このようなサイクルを獲得するには、競合他社がコンテンツの公開を始める前に行って、競合他社より先に、ユーザーや検索エンジンからの評価を得るようにしておくと、コンテンツの制作は短期間にはできないので、競合他社はなかなか追い付くことが出来なくなります。他社が専門性の高いコンテンツを公開する先に、コンテンツを公開すれば、明らかな優位性を獲得出来、一度獲得した優位性はなかなか覆すことは出来ないのです。まだまだコンテンツの重要性を認識している企業は少ないので、出来るだけ早くコンテンツの制作にとりかかることをお勧めします

商品を取り扱っていると言うことは、その商品について、徹底した勉強や研究を行っているはずで、高い専門知識を持っています。なので、ユーザーからのあらゆる疑問に対して回答できるはずです。また、ユーザーから質問されなくても、ユーザーが予想もしていない情報を公開して、ユーザーを驚かせるような情報も提供できると思います。ユーザーからの質問にあまり答えることが出来ないとすれば、専門家としてはまだ未熟だと言うことです。

専門家として持っている情報から、ユーザーが求めていると思われる情報を公開することで、その情報はコンテンツとなります。コンテンツが無いと言う企業の方もいらっしゃいますが、オイルショック、バブル崩壊、リーマンショックを潜り抜けた企業には、絶対に他社には無いオリジナルのノウハウがあり、必ずファンがおり、絶対にコンテンツはあります。

これまで、高額なWEBデザイン費や広告費用の負担は都会の大きい会社にはかなわないと思っていた、地方の工場や農業、漁業の経営者の皆さん。販売している企業よりも、実際に商品を作ったり、収穫したりしている現場の方がコンテンツは確実に豊富にあります。実際に商品に触れて収穫や加工をしている人たちは、ただ届いた商品を販売している人よりも多くのコンテンツを持っているはずです。本当に付加価値を付けている人が商品のことを一番よく知っていて、より多くのコンテンツを発信できるはずです。広告は永久に費用を払い続けないと効果が無くなりますが、WEBコンテンツは一度作るとほぼ永久に残ります。コンテンツキングと言われるこの時代。費用のかからないコンテンツなら絶対に勝てますよ!

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです