WEBサイトの命運を左右するコンテンツマーケティングのポイント

ユーザーの課題は多様なので、一商品に対して一つのWEBコンテンツでは足りません

WEBコンテンツのポイントはユーザーの質問に明快な回答ができるかどうかにかかっています。ユーザーの質問はユーザーが置かれている状態によって多種多様です。同じ商品カテゴリーでもユーザーが感じている問題は違います。ですから、一つの商品に一つのWEBコンテンツでは不十分だと言う事です。

ユーザーが検索窓に質問していることから、自社の商品と関連するキーワードを抽出することや、商品に関連するコンテンツのキーワードを発想することで良質なWEBコンテンツを制作します

良質なWEBコンテンツを掲載しなければ、Googleから評価されなくなり、検索順位が落ちて、アクセス数が激減することが考えられます。自社のWEBサイトが商品カタログのような商品の良さをただひたすら訴えるコマーシャルばかりだと検索順位が落ちて行きます。

命運

競合他社が先にWEBコンテンツを公開する前にコンテンツを公開してしまいましょう

これまで、掲載されていたパンフレットの延長線上のWEBサイトでは、コンテンツが無いので、WEBコンテンツを掲載したWEBサイトに順位を追い越されて行きます。競合他社がWEBコンテンツをどんどん公開するようになると、現在のWEBサイトのまま放置していると、ほとんど検索経由のアクセスは無くなってしまいます。また、WEBコンテンツの制作にはかなりの時間と労力を要するので、一度競合他社に追い越されてしまうと、WEBコンテンツの質と量を追い越すことは非常に難しくなります。なので、WEBコンテンツの制作は出来る限り早く取り掛からないといけません。

コンテンツマーケティングの対象になるキーワードは全てロングテールキーワードで検索ボリュームは決して多くはありません。WEBコンテンツを一件公開して、効果が無いと考えてWEBコンテンツの公開を止めてしまわないことが重要です。WEBコンテンツがコンテンツマーケティングとして機能するようになるには、かなりの量のWEBコンテンツを公開しないと効果を感じることは出来ません。「人気商品ではない商品の総売上が、上位の人気商品の売上を上回る」というロングテールの法則と同様にWEBコンテンツも一件のコンテンツが獲得するアクセスは少ないですが、多くのアクセスを集めていないWEBコンテンツ総数のアクセスがメインキーワードのアクセスを上回るようになります。

商品に関係するコンテンツマーケティングの情報は一つの商品について複数掲載することは必須です。商品に関連するWEBコンテンツを掲載して、コンテンツが枯渇して来たら、商品から離れた情報もWEBコンテンツとして掲載します。濃厚なWEBコンテンツを分厚く蓄積している状態になれば、ロングテールの法則と同様の効果が期待出来ます。

さらに良質なWEBコンテンツを大量に蓄積するとサイト全体の評価も高まりますので、トップページの検索順位も上昇しますので、コンテンツマーケティングのロングテールの法則によるアクセスと合わせて大きなアクセスアップになります。

ステークホルダーの幸福のための取り組みを公開する

商品から離れたWEBコンテンツを公開するようになると、ユーザーに対してどれだけ真摯に向き合っているかやステークホルダーの幸福のためにどれだけ真剣に取り組んでいるかを表明する必要があります。そうなってくると、自分の会社だけ良ければ良いと言うような考え方の企業はコンテンツを公開出来なくなります。ユーザーを騙しても儲けようと考えているような企業は正直に考えていることを公開してしまうと、ユーザーから批判されたり、最悪の場合は炎上するような事態も考えられます。本当にユーザーや社会のことを考えて経営をしている企業じゃないと良質なWEBコンテンツを公開することが出来ません。

悪意に満ちた、自分だけ良ければ良いと言う考え方の企業は商品から離れたWEBコンテンツを公開することが出来ないので、必然的に検索に表示されなくなります。ユーザーを騙しても自分の利益を考えている企業はコマーシャルだけを掲載している時代には見分けが付きませんでしたが、WEBコンテンツが検索順位に影響するようになり、ユーザーもWEBコンテンツを読んで共感できるWEBサイトから商品を購入するようになると、自分の利益だけを考えている企業は生き残れなくなります。

正直にユーザーや社会に対して貢献することを考えている企業が生き残るような判断基準をWEBサイトで公開できるようになるのは、ECの発展にはとても重要なことで、今後、WEBコンテンツの評価を重視する流れが加速されることは歓迎できることです。

実店舗では見分けることが出来なかった企業のユーザーや社会に対する貢献意識をWEBサイトでは見分けることが出来るようになることは理想的な流れです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コンテンツマーケティングは商品を売るから良質な情報を提供するへの変化です

コンテンツマーケティングはこれまでのコマーシャルのようにひたすら商品を良いと言い続けて、商品を売り込もうとするものから、良質な情報をユーザーに伝えて、ユーザーが何気なく質問した問題に対して、明快な答えを掲載することで、商品や企業に対して興味を持ってもらい、長期間かけてファンになってもらうものです。

インターネット以前のマーケティングでユーザーに認知してもらう方法はコマーシャルしか無く、それが企業に浸透しました。コマーシャルは放送出来る時間や掲載できるスペースの制限ずあり、キャッチコピーなどでユーザーを惹き付ける方法が主流でした。

これがインターネットの普及により、どんな企業でもコマーシャルのような制限無しに情報を掲載できるようになりましたが、コマーシャルの流れのまま、キャッチコピーや商品の良さだけをユーザーに伝える情報ばかり掲載されていました。

ところがGoogleが2016年3月にコンテンツの質を被リンクと同等に評価すると発表したことから、コンテンツについての注目が一気に高まりました。コンテンツはコマーシャルのように公開することにコストがかかりません。なので、企業側は濃厚なコンテンツをどんどん公開できるようになりました。

しかし、ユーザーの置かれている状況によって良質なWEBコンテンツは違っていて、一つのコンテンツで全てのユーザーを満足させるコンテンツにはならないのです。Googleも良質なコンテンツの定義を明確にはしていません。

「良いコンテンツとは何か」の答えが本当にわかる人がいたら、その人こそが検索アルゴリズムを決定すべきと言うことでしょうか。

Googleが良質なWEBコンテンツの定義を明確に定めていないとしても、Googleはコンテンツ重視を発表しているので、セリングよりもコンテンツを価値あるものと考えていることは間違いありません。

情報

専門家としての高度な知識をユーザーに伝える

コンテンツによって売れる仕組みを作ることがコンテンツマーケティングなので、ユーザーにとって価値ある情報を提供して、その情報によって商品が売れるようになればコンテンツマーケティングは成功したことになります。コンテンツによって商品が売れるようにするためには、コンテンツを通して、商品に対する専門家としての高度な知識をユーザーに伝えることが最も近道です。

専門家として、持っている商品の歴史や製造過程や品質の見分け方や、ユーザーのニーズによって選ぶ最適な商品など、持っている知識を最大限にユーザーに公開することで、「この専門家が勧める商品なら間違いない」とユーザーに感じさせることが出来ます。

商品を取り扱いしていれば、当然その商品についての知識があるはずで、一般のユーザーは知り得ない情報があるはずです。長い企業の歴史の中で蓄積した商品に対する専門的な知識をユーザーの信頼を勝ち取る情報としてどんどん公開しましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コマーシャルがマスに向けたものであったのが、コンテンツはピンポイントにユーザーへ向けたものです

これまでのコマーシャルが番組の視聴者層や雑誌の読者層などのセグメントはされていましたが、それでもかなりユーザーを大きく捕らえたものでした。その上効果測定が難しく投下したコストに対してどれだけの効果があったのか分かりませんでした。さらにコマーシャルにはコストがかかり、その上、コストの支出を止めればコマーシャルも無くなってしまい、効果は無くなってしまいました。マスメディアを利用したコマーシャルは通常膨大な視聴者に配信されるもので、規模の小さい企業ではなかなか実施することが出来ませんでした。なので、規模の小さい企業がユーザーに自社の存在や商品を知らしめることはとても困難でした。

これがインターネットの発展と共にリスティング広告が登場し、特定のキーワードを検索した時だけ表示されるようになり、ユーザーを絞り込んだ広告が出来るようになりました。ただ、リスティング広告が効果を発揮するには、ある程度の検索ボリュームのあるキーワードで広告を掲載する必要があります。ユーザーを絞り込んでピンポイントで広告を掲載できるようになりましたが、商品をひたすら良いと言い続けるコマーシャルをユーザーは信用しなくなって来ました。WEBサイトで当たり前に書かれている「高品質」などの言葉は、どのサイトでも当たり前のように書かれていて、この言葉には何の意味も無く、「高品質」と言う言葉が購買動機にはなりません。さらに、入札単価とコンバージョンによっては広告費が粗利を食い潰すこともあり、販売単価の低い商品の場合は厳しい状態に追い込まれる企業もありました。

これがコンテンツマーケティングによって、自分の生活の疑問や課題や学びや共感のある情報を求めているユーザーが、検索窓に質問することへの回答を掲載することによって、ピンポイントでユーザーがアクセスするようになります。ユーザーの質問は画一化されたキーワードでは無く、多種多様で超ロングテールキーワードです。想定される一つ一つの質問に対する回答をWEBコンテンツとして掲載する作業は大変なのですが、プロじゃないと回答できない情報を掲載することによってユーザーはそのWEBサイトに強い信頼感を感じます。単純に質問に対する回答だけでは無く、なぜそうなのか、他の方法だとどうしてダメなのか、など、回答の背景にまで掘り下げた詳しい説明があると、ユーザーはプロへの信頼を強く感じるようになります。

ピンポイント

一つ一つのWEBコンテンツが獲得するアクセスは少ないですが、ロングテールの法則が適用できます

一つのWEBコンテンツで購買に繋がるユーザーは少ないかも知れませんが、WEBコンテンツはコマーシャルのように費用の支払いが終われば消えてしまうものではありません。ドメインとサーバーの契約が続く限り掲載され続けるので、一つのWEBコンテンツが獲得するユーザーは少なくても、WEBコンテンツが積みあがると獲得できるユーザーもどんどん積みあがって行きます。コマーシャルのように掲載する限りコストが発生し続けるものとは違うので、超ロングテールキーワードで少ないアクセスでも濃いユーザーを獲得できれば十分です。「人気商品ではない商品の総売上が、上位の人気商品の売上を上回る」というロングテールの法則と同様に、アクセス数の少ないWEBコンテンツの総アクセス数がメインキーワードのアクセス数を上回るようになれば、コンテンツマーケティングは成功です。

一つのWEBコンテンツの公開で、目覚しい効果が無くてもWEBコンテンツの公開を辛抱強く続けて行くことが大変重要です。WEBコンテンツは長い時間をかけてユーザーがファンになってくれて購買に繋がるものですから、一つのWEBコンテンツの公開がすぐに購買に繋がることはありません。

コンテンツマーケティングに繋がるような商品に近い情報の場合は、商品に対する課題や問題は共通している場合が多いので、共有できるキーワードの場合もありますが、商品から離れたWEBコンテンツを求めて訪れるユーザーは個人的に感じている課題や問題を解決したいと思っているので、多くの人と共有するようなキーワードではありません。ユーザー一人一人が感じている課題や問題はとても個人的なことで、多くの人が同じ課題や問題を感じているとは限りません。しかし、それぞれの問題や課題はユーザーにとって解決を渇望しているものなので、確実な解決策が見つかれば是非採用したいと考えています。

一つのWEBコンテンツが多くのユーザーに共感される可能性は低いですが、強いファンを一人ずつ作ることが出来ます。強いファンを獲得出来れば、そのユーザーは固定客になってもらえるので、WEBコンテンツを積み上げて、固定客を獲得できるページを増やせば、コマーシャルページからは得られないファンを多く獲得出来ます。ファンを多数獲得できれば、インターネットの売り上げは安定して成長するようになります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コンテンツマーケティングは商品や企業への理解を深めるものです

コンテンツマーケティングは長期的に商品を理解してもらうものです

継続してコンテンツを公開し続け理解を深めること

コンテンツマーケティングは、これまでの購買目的のユーザーの集客に重点を置いたマーケティングではなく、継続的に訪問してくれて、長期的に購入に繋がるユーザーを中心にすえたマーケティング戦略です。

まずはヨーザーにとって嬉しい情報、学びのある情報など、魅力的なコンテンツを公開し続け、継続的にコンテンツへの訪問してもらうこと。そして、ユーザーにコンテンツを読みつづけてもらうことで自然と商品・サービス・企業の姿勢への理解を促し、長期的にコンバージョンにつなげる。これがコンテンツマーケティングの一般的な方法です。

重要な事は、あくまでコンテンツは商品を売るコマーシャルではなく、長期的に自然と商品や企業の姿勢への理解を促すものだと言う事です。

理解

漠然とした疑問や問題を感じている顧客に対する情報

コンテンツマーケティングの対象になるユーザーは、商品を購入する程までニーズは高まっていませんが、現在使用している商品に対して、漠然とした不満や問題を感じているユーザーです。このユーザーが感じている問題の解決策を何気なく検索した時に表示される情報がコンテンツです。

この疑問や問題を解決できる情報に対して、プロとしての高い専門性を公開できると、ユーザーはそのコンテンツに対してとても興味を持ちます。興味を持ち始めると、もっと詳しく知りたいと思うようになり、コンテンツがあったサイトを再び訪れるようになります。

訪れる度に新しいコンテンツに触れて、商品に対する理解が深まると、この専門家が勧める商品なら間違いないと、そのショップのファンになって、商品が必要になった時にはそのショップから商品を購入してくれるようになります。

継続してコンテンツの公開を続けるのは大変なことです

コンテンツマーケティングを行う場合に一番大変なのは、継続的に訪れる顧客に対して、常に新しいコンテンツの公開を続けて行くことです。以前、メルマガの発行を行っていた人には分かると思いますが、最初の10本ぐらいまでは何とかなるのですが、次第にネタ切れになってしまって、メルマガの発行自体が苦痛になってしまうと言う経験をされた方も多いのではないかと思います。

コンテンツは商品そのものについての情報だけでは無く、企業としての姿勢や品質に対する取り組みなど、企業活動のほぼ全てがコンテンツとなりうる情報です。

商品についてのコンテンツでも、現場のプロに聞けば、どんどん深い情報を出してくれるかも知れません。一つの商品の一つの問題点についてのコンテンツを深く深く掘り下げて行けば、3件ぐらいのコンテンツを公開できると思います。続けて同じ商品の他の部分の問題点で3件、と続けて行き、一つの商品が終わったら、次の商品の一つの問題へと移って行き、ある程度時間が経過したら、最初の問題についてのコンテテンツの見直しをしたりして行けば、相当な情報を公開出来ます。

実際にコンテンツマーケティングを継続して行うのは、かなり大変でかなりの覚悟も必要です。しかし、ユーザーはこれまでのただ、商品が良いと言い続けるコマーシャルに辟易としており、コンテンツを求めていますが、実際にはまだまだWEBコンテンツはそんなに多く公開されていません

コンテンツマーケティングには時間が必要です

コンテンツマーケティングの効果が表れるには、かなりの時間が必要です。また、効果測定も難しいと思いますので、コンテンツマーケティングの担当者はモチベーションを維持するのも難しいと思いますが、コンテンツを公開することによってGoogleから評価されて検索順位が上がって行くことなどを自分への評価だと思って頑張るようにして下さい。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

WEBコンテンツは基本的にロングテールです

一つ一つのコンテンツが稼ぎ出すアクセスはとても少ないです

WEBコンテンツはユーザーが課題に思っていたり、問題を感じていることなので、複合キーワードになります。当然商品そのもののキーワードでは無いので、検索数も少ないキーワードです。一つ一つのWEBコンテンツが稼ぎ出すアクセス数は極めて小さいと考えて下さい。

良質なWEBコンテンツを大量に公開するようになると、Googleはコンテンツを評価してサイト全体の検索順位が上がりますので、WEBコンテンツ一つ一つが稼ぎ出すアクセスと、サイト全体の評価が上がって増えるアクセスが合わさって大きなアクセスを稼ぎ出すようになります。WEBコンテンツを大量に公開すると、ロングテールの法則のようにWEBコンテンツ総数が確保するアクセス数が、メインキーワードのアクセス数を超えるようになります。

コンテンツマーケティングでビッグキーワードはあり得ません

良質なWEBコンテンツを一件公開してもほとんどアクセスは増えません。この結果でWEBコンテンツの公開を止めてしまわないように注意しましょう。WEBコンテンツが増えて来ると、少しアクセスや反応が増えてきたと感じる程度だと思います。良質なWEBコンテンツ一件の効果は僅かなので、継続して制作を続ける意志が必要です。

コンテンツマーケティングは一件のWEBコンテンツで完結するものでは無く、大量の良質なWEBコンテンツがあって初めて成立するものなのです。なので、コンテンツマーケティングを完結させるためには、かなりのエネルギーが必要で、拙速に結果を判断してはいけません。かなりの長期間に渡って効果が出るのを待たないといけません。早く結果を求めたいのであればリスティング広告に投資した方が良いです。

コンテンツマーケティングの対象になるキーワードにビッグキーワードはあり得ないので、コンテンツマーケティングの一キーワードでWEBサイトの運営が出来るようなアクセスを得ることは出来ませんので、WEBコンテンツ一つ一つでWEBコツコツとアクセスを集めるようにしないと大きなアクセスにはなりません。コンテンツマーケティングが成立するにはかなりの量のWEBコンテンツを積み上げないと十分なアクセスにはなりません。

コンテンツマーケティングの最初のうちはGoogle・adwordsのキーワードプランナーなどから、コンテンツマーケティングになりそうなキーワードでWEBコンテンツの制作を始めますが、キーワードプランナーに検索数が表示されるようなキーワードであれば、そこそこのアクセスは期待できると思いますが、キーワードプランナーで出てくるキーワードでWEBコンテンツの制作をしてしまってからが大変です。アクセス数が読めなくてもそのキーワードでWEBコンテンツを制作するのは、成果が分からずに投資するようなものですから、最初のうちは良いですが、ほとんどアクセスの増加を感じないままにWEBコンテンツの制作を続けて行くのは精神的にもとても大変です。

コストのかからないコンテンツが大量に積みあがるとコンテンツマーケティングの効果が表れます

月間のアクセス数がごく僅かでも、一度作ったWEBコンテンツは残り続けるので、僅かであってもアクセスは稼ぎ続けます。このようなごく僅かなアクセスのWEBコンテンツを大量に作って、WEBコンテンツのアクセスの総数がメインキーワードを超えるくらいのアクセスを稼ぎ出すようになれば、コンテンツマーケティングとしての成果も感じることが出来るようになります。

WEBコンテンツは広告とは違い支払いを止めたら効果が無くなるものではありません。ドメインの更新とレンタルサーバーの費用を払い続けている限り公開は継続できます。つまりWEBサイトを掲載している限り、新規の支出無しでWEBコンテンツの掲載を続けて行くことが出来るのです。WEBコンテンツを増やしても制作にかかるコスト以外には新たなコストは発生しません。コストが発生しないので、ロンクテールキーワードのWEBコンテンツでも全く問題ありません。

WEBコンテンツの制作に投入したコストを回収するのには時間がかかることになりますが、WEBコンテンツが大量に積み上がると、トータルでのアクセスが増え、WEBコンテンツを読んだユーザーが問題や課題が解決して、長い期間をかけてファンになってくれて、受注に繋がるようになります。

コンテンツマーケティングが成果を発揮するにはかなりの長期間を要することを理解して取り組みましょう。短期間で効果が出なくても、WEBコンテンツを作り続ける決意とエネルギーが必要です。社内からも、成果が出ないことに労力を費やしていることに対して批判が出ることも考えられるので、事前に周囲に対しても即効性が無いことを周知しておくようにしてから始めるようにしましょう。

効果が少しずつ出だせば、その後は効果がWEBコンテンツの量に応じて増加して行くので、モチベーションも上がって行くので、管理サイクルが回り始めると思います。そこまでになれば、もう大丈夫です。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

商品と離れたコンテンツの位置付け

コンテンツの総数のアクセスがメインキーワードのアクセスを超えればコンテンツマーケティングは成功です

コンテンツマーケティングを行って、商品に近いWEBコンテンツを公開して行くと、割と早い段階でWEBコンテンツが枯渇します。多種多様で膨大な商品を扱っている場合は、商品毎にコンテンツを公開すれば、それなりにWEBコンテンツを公開できますが、一般的なWEBサイトでは早いうちにWEBコンテンツが枯渇します。WEBコンテンツが枯渇してもWEBコンテンツの公開を継続しようとすると、どうしても商品から離れた情報になって行きます。

商品から離れたWEBコンテンツが単独で存在すると、その企業のファンなったりしてもらえる情報になりますが、コンテンツマーケティングにはほとんど繋がりませんが、商品の詳細を書いたWEBコンテンツの延長線上に商品から離れたWEBコンテンツがあれば、商品から離れたWEBコンテンツを読んだユーザーが次第に商品に近いWEBコンテンツを読んでくれる可能性があります。

例えばWEBコンテンツって何?で書いた経営者の経験はコンテンツです地域とのかかわりもコンテンツですなどはコンテンツマーケティングにはなりにくいWEBコンテンツで、このWEBコンテンツを読んだからと言って、商品の購入を検討するようにはなりません。しかし、直接商品の購入の検討には繋がらないWEBコンテンツでも、長期間かけて企業のファンなってもらえるWEBコンテンツは公開しましょう。

WEBコンテンツの公開にはコマーシャルのようなコストはかかりません。コストはドメインの更新費用とサーバーのレンタル料のみです。コストのかからないWEBコンテンツですから、WEBコンテンツの一つ一つが大きなアクセスを獲得できなくても全く問題ありません。WEBコンテンツが時事ネタでなければ、制作して以降もほぼ永久に公開を続けることが出来ます。そして、WEBコンテンツが多く積み上がって来ると、ロングテールキーワードの理論と同じことになり、一つ一つのWEBコンテンツのアクセスは少なくても、多くのWEBコンテンツを集めたアクセス数は最も多いアクセス数を稼ぎ出すページよりも多くなることになります。

良質なWEBコンテンツを大量に公開して始めてコンテンツマーケティングが成立します

良質なWEBコンテンツを大量に公開すればサイトの評価が高まってトップページの検索順位も上昇しますので、WEBコンテンツの個別ページのロングテールのアクセスと合わせて大きなアクセスアップになります。

商品と離れたWEBコンテンツを公開するのは、これまで商品のコマーシャルばかり掲載していたWEBサイトに異質の情報を公開することになるので、抵抗を感じることもあると思いますが、思い切って公開して下さい。商品から離れたWEBコンテンツでも、商品に関するWEBコンテンツから少しずつ離れて行けば不自然な感じはありません。コンテンツマーケティングに繋がるような商品に近いWEBコンテンツは商品についての課題や問題なので、ユーザーが同じキーワードで検索する可能性がありますが、商品から離れたキーワードの場合はユーザーそれぞれによって違う問題について質問しますので、キーワードはバラバラで同じキーワードはあまりありません。

コンテンツマーケティングで訪れるユーザーはロングテールキーワードですが、商品から離れたWEBコンテンツを訪れるユーザーは超ロングテールキーワードになります。商品から離れたWEBコンテンツは稼ぎ出すアクセス数はとても少なく、WEBコンテンツを公開してもすぐには効果を感じることは出来ません。

しかし、商品から離れたWEBコンテンツは人生の学びや生活上の問題解決などに繋がる情報も多いので、コンテンツを読んだユーザーにとって有益だと、そのコンテンツはユーザーにとってかけがえの無いものになります。ユーザーにとって目からウロコのような情報や、感動できる情報を公開できれば、ファンをどんどん増やすことが出来ると思います。

一時期ページ数を増やすことがSEOになると言われましたが、今ではページを増やすこと自体にSEOの効果はありませんが、良質なWEBコンテンツが増えることでGoogleからの評価が上がるのと、コンテンツが増えると検索でヒットするキーワードの数も増えるので、予想もしないキーワードからのアクセスも期待出来ます。

予想外のキーワードからのアクセスは次のWEBコンテンツのヒントにもなりますので、少ないアクセスのキーワードでもチェックしておきましょう。WEBサイトにアクセスするキーワードはSearch Console→検索トラフィック→検索アナリティクスでクリック数、表示回数、CTR、掲載順位にチェックを入れて、予想外のキーワードでのアクセスがあれば、そのキーワードの検索順位を調べて、低い場合はコンテンツをさらに充実させるようにしましょう。

ctr

商品から離れたWEBコンテンツでも、長期的にコンバージョンに繋がることがありますので、一つ一つのWEBコンテンツを大切に作るようにして下さい。大量のWEBコンテンツを公開して、ロングテールのWEBコンテンツの総アクセス数がメインキーワードを超えたらコンテンツマーケティングも成功だと思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める