非SSLではユーザーが離脱します

SSL化は必須です

Googleは2014年にSSL化されたWEBサイトをSEOの評価として優遇すると発表しました。つまりhttpsがSEOでプラスに働くと言う事です。SSL化とはサーバーとクライアント間の通信を暗号化するセキュリティ対策です。

最近は、スマートフォンやタブレットを公衆無線LANに接続する場合がありますが、公衆無線LANでは、なりすましアクセスポイントの危険もあります。SSL化していれば、WEBサイトを訪れるユーザーが公衆無線LANでなりすましアクセスポイントに接続してしまっても、通信内容を盗み見られる心配は無くなります。ハッカーはWEB通信を盗み見るのは簡単だと言っていますので、SSL化はユーザーの個人情報を守るためにも重要です。SSL化に対しての動きが鈍い企業は個人情報保護の意識が低いとユーザーから見られても仕方がありません。

すでにChromeやFirefoxで非httpsページに警告を表示するようになっています

  • Google Chromeでの表示chromehttp非httpsの場合、ⅰが表示されて、ⅰをクリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」と表示されます。chromehttpshttpsの場合、緑色で鍵が表示され、「保護された通信」になります。さらに鍵をクリックすると、「保護された接続」となって「お客様がこのサイトに送信した情報が第三者に見られることはありません。」と安全な接続だと知らせてくれます。
  • Firefoxでの表示firefoxhttp非httpsの場合、ⅰが表示されて、ⅰをクリックすると、「この接続は安全ではありません」と表示されます。firefoxhttpshttpsの場合、緑色の鍵が表示されて、ⅰをクリックすると「安全な接続」と表示されます。

 

ブラウザの国内シェアが合計50%を超えるGoogle ChromeとFirefoxでSSL化されているかどうかによって表示が変わる状態で、このことが一般のユーザーにも知れ渡るようになると、SSL化していないWEBサイトはかなり不利になります。実際にWEBサイトで買い物をした翌日から迷惑メールが急増すると言う経験をした人も多いでしょう。特にクレジットカード情報などを入力する通販サイトではSSL化していないとクレジットカード情報を盗み見られたり発注量を改ざんされる可能性があるので、ユーザーはリスクのあるサイトでクレジット情報や個人情報の送信はしなくなるので、致命的な事態になります。Chromeは今後クレジットカード情報入力ページではhttp接続に警告を表示するとのことです。そうなると、警告が表示されるサイトでクレジット情報を入力することに怖いと感じる人も出てくるので、カートに商品を入れても決済をせずに離脱するユーザーが増える可能性があります。

SSL化がGoogleの検索結果にどの程度の影響が出るのかは分かりませんが、良質なWEBコンテンツを制作しても、検索結果で不利になるような非SSL状態は避けた方が良いでしょう。良質なWEBコンテンツを数多く掲載してユーザーがファンになってくれても、発注ボタンは押さないページだと、コンテンツの効果は出ません。SSL化は以前はかなり高価でしたが、今では安価にSSL化ができるようになりましたので、契約しているレンタルサーバー会社に確認してみましょう。

プライバシーポリシーに個人情報保護を記載しながらSSL化しないのは矛盾しています

SSL化しているかしていないかは、その企業が個人情報を保護しようとしているか、していないかをユーザーに示すものなので、個人情報を守る姿勢をユーザーに伝えるようにしましょう。プライバシーポリシーを掲載していて、個人情報が盗み見られるような状態を放置していては、企業の姿勢として、プライバシーポリシーに個人情報を保護すると掲載していながらSSL化していない状態は矛盾します。

どれだけ良質なWEBコンテンツを制作しても、ブラウザで安全ではないと表示されてしまうと、ユーザーはすぐに離脱してしまって、中身を読んでSNSで共有されたりblogからリンクされることは限りなくゼロになってしまいます。

現在でもGoogleの検索結果に示されるURLはSSL化されているWEBサイトはhttpsから表示されますが、非SSL化のWEBサイトはドメイン以下が表示されますので、今後SSLについてのユーザーの認識が高まれば、検索結果でSSL化の有無を判断してWEBサイトにアクセスするかどうかを決めますので、非SSL化のWEBサイトは検索で上位に表示されていてもアクセスされる可能性はかなり低くなります。

非SSL化のままだと、良質なWEBコンテンツで勝負する前に負けてしまうことになるので、せめて競合他社と同じ土俵に立てるような対策は最低限しておきましょう。戦わずして負けるのはとても悔しいことで、何としても避けたいことです。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

モバイルコンテンツ優先の検索結果になります

パソコン向けページとモバイル向けページのインデックスの優先順位が逆転します

Googleは2016年10月にモバイルファーストインデックスを発表しました。これまで、パソコンのWEBページを評価した基準で検索結果が表示されていましたが、これからはモバイル向けのページを評価して検索結果に表示され、パソコンからの検索も、モバイル向けページの評価を基準にして出来上がった検索結果を表示するようになります。これは、パソコンのWEBサイトをクロールしてGoogleのデータベースに格納して検索結果を表示していたのを、モバイル向けのページを優先してクロールしてデータベースに格納すると言う事です。モバイル向けページが無い場合はパソコン向けページをインデックスすると言われていますので、モバイル向けのページを持っていないサイトの場合はあまり大きな影響は受けないと思いますが、モバイル向けのページがパソコン向けのページに比べて大幅に省略したページになっている場合は対応が必要です。実施は2017年の後半以降とのことなので、モバイル向けのページが省略されたページの企業は早急にページの準備を始めて下さい。

この際レシポンシブデザインを採用しましょう

どれだけ作り込んだパソコン向けコンテンツのページがあっても、モバイル向けコンテンツのページは、とりあえず作っただけで中身がほとんど無いと言う場合はモバイル向けページがGoogleのデータベースにインデックスされて評価されるので、順位が大幅に落ちることが考えられます。パソコン向けコンテンツとモバイル向けコンテンツで違うページを運営するのは手間でもありますし、これまでの習慣でパソコン向けのページの更新が優先されてしまいます。モバイルファーストインデックスを機会にレスポンシブデザインに変更すると良いでしょう。レスポンシブデザインはパソンコ向けコンテンツのページをそのままモバイル向けコンテンツのページに変換してくれるので、メンテナンスはパソコン向けのページだけで良くなるので、手間ははるかに少なくなります。また、パソコン向けのページと同じ情報がモバイル向けのページに表示されるので、Googleがモバイルファーストインデックスを採用しても全く問題ありません。

パソコンから始まったインターネットは、携帯電話を経てスマートフォンが主流になり、2015年5月のGoogleの発表では、アメリカや日本を含む10ケ国では、モバイルデバイスからのGoogle検索が、コンピュータからの検索より多く行われている状態になりました。今後さらにモバイルデバイスのアクセス比率が高くなると思います。

現在のスマートフォンはパソコンを小型化して持ち歩いているようなものです。ディスプレイのサイズが小さいだけで、出来ることはパソコンとほとんど変わりません。スマートフォンの機能やスペックは今後さらに向上すると思われますし、月額料金も低価格の格安スマホの会社も出てきているので、スマートフォンの利用者はどんどん増えると考えられます。Googleがスマートフォン向けのページを優先してインデックスすると言うのは利用者の増加からも当然のことです。Googleもメインのユーザーはパソコンのユーザーではなく、スマートフォンのユーザーだと判断したと言う事で、スマートフォン利用者に対して適切な検索結果を表示することがユーザーのニーズに合っていると判断したのでしょう。実際、パソコンは使わないけど、スマホは使うと言う高齢者もいます。さらに高校生でパソコンを持っていない人の割合が45%との調査結果もあります。この傾向は特に日本で顕著です。スマートフォン対応のホームページを持っていないことはECサイトとしては致命的です。スマートフォンを利用した検索がパソコン向けの検索数を越えたと言う事は、スマートフォン向けのページのデザインやユーザビリティにも十分な注意を払わないといけない状況になっているのです。

Googleがスマートフォン向けのページをインデックスして検索結果の順位に反映すると言うのは、当然の流れで、今後さらにスマートフォンをターゲットにした変更がされて行くでしょう。これからはWEBサイトの中心はスマートフォン向けページと考えることです。スマートフォン向けのページが良質なWEBコンテンツを持っていれば検索順位でも有利に働くので、レスポンシブデザインでパソコン向けページと同様の情報を掲載しましょう。パソコン向けのページでどれだけ良質なWEBコンテンツを掲載してもスマートフォンで表示されなければ意味がありません。

どれだけ良質なWEBコンテンツを量産したパソコン向けページを持っていても、スマートフォン向けのページが大幅に省略したページの場合は、その省略されたページを基準に検索順位が評価されるので、省略されてスマートフォン向けのページは持っていない方が良いと言う事です。

モバイルフレンドリーテストでモバイルフレンドリーなページになっているかどうか調べることができます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

サイトの表示スピードは検索順位に影響しません

WEBサイトの表示スピードは検索順位に関係ありません。著しく遅い場合を除いて、表示スピードが検索順位に影響を与えることはありません。ただ、著しく遅く無いかは調べておいた方が良いでしょう。Mobile Website Speed Testing ToolPageSpeed Insightsで表示スピードや改善のアドバイスを見ることが出来ます。ただし、何点ならダメなのかの判断基準は示されていません。個人的には50点を下回れば対策しないといけないかなといった感覚です。

ページの読み込みに10秒もかかるサイトはユーザーがページが表示するまで待ってくれません。この場合も、どれだけ良質なWEBコンテンツを作成してもユーザーが見てくれないWEBサイトとなってしまいます。見てもらえないページに労力を使うのはとても無駄なことになりますので、表示速度の改善を考えましょう。WEBサイトの表示が遅い場合は、WEBサイトの表示スピードを改善する方法が検索すればたくさん掲載されているので、検索して参考にして下さい。簡単に出来ることは画像サイズを表示サイズに加工することや.htaccessでキャッシュを有効にすることです。

表示スピードが遅いとユーザーは離脱します

現在は通信環境が改善されているので、一般的なWEBサイトなら表示が著しく遅いと言うことはありません。以前、自分自身の経験で、自社サーバーをADSLに接続していたのを、レンタルサーバーに変更した途端にアクセス数もページビュー数も大幅に増えた経験があります。やはり表示スピードが遅いと、ユーザーは待ちきれなくなって離脱してしまうのです。どんなに良質なWEBコンテンツを掲載しても表示スピードが遅いと、そのコンテンツを読んでもらえなくなります。他のWEBサイトに比べて異常に表示スピードが遅いと待ち切れなくなって離脱してしまうのは自然なことでしょう。サーバーの通信環境が悪い場合やサーバーの容量ギリギリまで使っているようなサーバーだと表示スピードが遅くなります。特に低価格のサーバーは容量ギリギリまで詰め込む傾向がありますので、表示スピードが遅かったりダウンすることも多くあります。サーバーの要因で遅くなっていて、改善が期待できない場合はサーバーの移転も検討しましょう。サーバーの契約料金が多少高くなっても、表示スピードが著しく遅くてユーザーが離脱することは避けたいので、少しでも早いサーバーにしましょう。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方