良質なWEBコンテンツは人材確保にも利用できます

コンテンツを公開することで、求職者の「こんなはずでは・・・」を防ぐことが出来ます

WEBコンテンツの公開によって企業の姿勢を詳細にユーザーに伝えることは、新規の求人にも良い作用があります。求人情報などを読んで、その企業に興味を持てば、WEBサイトにアクセスして、実際の仕事の内容や経営者の考えなど、知ることが出来る情報は出来る限り得ようとします。しかし、ほとんどの場合、仕事の内容や社内のコミュニケーション、さらにはユーザーに対する姿勢や経営者の考えなどについての詳しい情報がありません。

求人情報に掲載されている情報もコマーシャルと同様で、良い会社だと言う事だけを強調するものです。求職者が求めている情報は、その企業が本当はどんな会社なのかを知りたいのです。

就職しようとする企業の情報が不足したまま就職すると、入社してから、「こんな会社に就職するんじゃなかった!」と後悔することが多くなります。面接も時間が限られているので、企業の情報を詳しく知ることは出来ません。

商品も情報を詳細に公開されていないと、購入してから「こんなはずじゃなかった!」と言う経験をすることが多くなりますが、就職に関しても同様です。低価格の商品であれば、購入で失敗しても、諦めが付きますが、就職で失敗するととても大きなストレスになります。一度就職した企業を退職するのにもかなりのエネルギーを要します。一度失業すると、次に望む業種に就職できるかどうかも分かりません。就職活動は求職者にとっては、生活を大きく左右するもので、自分に合わない企業に就職してしまうことは大きな不幸です。

求職者を顧客と考えれば、企業が詳細に情報を公開することはコンテンツマーケティングです

企業側から観て、求職者が顧客だと考えれば、企業として行っていることの詳細について公開することもコンテンツマーケティングです。求職者が経営者の経営姿勢やユーザーを大切にする姿勢や取り組み、社内のコミュニケーションなどを公開することによって、その姿勢に共感して入社して来れば、入社後に「こんなはずでは」はあまり起こらなくなります。詳細なコンテンツを公開することにより、求職者の疑問や課題を解決することができるようになるためです。求職者が応募する時点で、その企業のことをかなり理解出来ていると、入社してからの想定外をとても少なく抑える事が出来、離職者を減らすことが出来るのです。

企業としても、採用した新人が次から次へと辞めて行くと、常に求人広告を出し続ける必要がありますし、常に誰かが新人教育に時間を取られることになり、とても効率が悪いことになります。求職者に対して、企業の情報を詳細に公開しないと、求職者の情報不足による理解不足による離職により、求人や新人教育のために多くのコストを支払う必要があります。

求人誌はコマーシャルですから、求職者に伝えることが出来る情報はとても限られています。その上WEBサイトにコンテンツが掲載されていないと、全く情報を知らないままに就職する企業を決めることになってしまいます。これは、商品選定のプロセスよりも簡略されてしまっていて、商品のように現物を比較検討すると言う事も出来ないのです。

これは、就職活動で「失敗した!」と感じる求職者は、商品を購入して「失敗した!」と感じる比率よりも高いことになると言う事で、商品選定より重要で、人生設計を左右する就職活動が決定的に情報不足な中で、盲目的に企業を選んでいることはとても不幸なことです。

コンテンツによって企業の内容を理解し共感する人材確保が出来ます

良質なWEBコンテンツを掲載することで、企業の内容を熟知した求職者を集めることが出来れば人材確保に苦労することは無くなります。

人材確保に関するWEBコンテンツは検索エンジンからの流入は考える必要はなく、訪問するユーザーは求人誌などを見てからのアクセスだと思います。なので、WEBコンテンツによるSEOは考える必要は無く、企業としてのあり方や、ユーザーや社員に対する姿勢を出来る限り詳細に公開することに徹すれば良いと思います。

WEBコンテンツを出来る限り詳細に公開することで、入社前に得ていた情報と、入社後に感じることの乖離が出来る限り少ないように出来れば、確保した人材の定着率も高くなり、安定した企業運営が行えると思います。

企業の姿勢に対するコンテンツが事実と違っていると、退職した社員がblogなどで、書かれているコンテンツが事実と違うと掲載するかも知れません。

このように人材確保のWEBコンテンツも事実を正直に記載しないと、退職した社員から批判的な内容を書かれる可能性があります。また、社員を大切にしていない企業は、コンテンツを掲載出来ないので、WEBコンテンツを掲載することで人材確保が出来ません。コンテンツが求職者の企業選別の判断材料になれば、ユーザーや社員を大切にしている企業は人材確保出来、ユーザーや社員を大切にしていない企業はコンテンツを掲載することが出来ず、人材確保が出来なくなり、企業経営が出来なくなります。

WEBコンテンツの公開が売り上げや人材確保に影響するようになると、真面目に正直に経営している企業が生き残り、ブラック企業は生き残れなくなる理想的な社会を作ることができます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

人材確保に企業側に都合の良い情報ばかりだとトラブルの元です

人材確保しなければいけないのは、離職率が高いか新規採用が難しいかのどちらかです

求人情報誌には、掲載出来る情報が限られているので、キャッチコピーのような短い文章で、簡単な仕事だとか、社内の明るい雰囲気や急成長で業務拡大なとを伝えることが精一杯です。しかし、どんな企業にも弱みはあり、ネガティブなことは必ずあるはずです。

企業にとって都合の良い情報だけを伝えて、その情報だけで人材確保すると、就職した人は実際に仕事を始めると、事前の情報とは違うと感じます。

人材確保しなければいけなくなる問題は二つあって、一つは離職率が高いこと、もう一つは新規の人材がなかなか集まらないの二点です。

入社前に情報の非対称性が大きいと離職につながります

離職率が高いのは、希望を持って入社したけれど、思っていた仕事の内容では無かった。あるいは、思っていた企業体質では無く、自分には合わなかった。経営者の考えに共感出来ないなどです。これは、事前に求職者に対して十分な情報を提供していれば防げる問題です。企業側と求職者に情報の非対称性が生じているからで、この情報の非対称性を埋める努力を企業側が行っていれば離職率は低く抑えることが出来るはずです。企業側は知っているけれど、求職者は知らない状態を少しでも減らすことです。この情報の非対称性を減らすことが出来れば、入社してから「こんなはずでは無かった!」と言うような事態を最小限に抑えることが出来ます。

情報の非対称性を少なくするためには、情報を持っている企業側が出来る限り情報を開示することです。仕事のできるだけ詳細な内容と、その仕事の厳しさと喜び。社内のコミュニケーションがどのように行われているのかや、経営者と社員のコミュニケーションの具体的なエピソードや、お客様からいただく嬉しい言葉。経営者の仕事に対する考え方など、求職者が入社してから、知っては遅い情報は必ずWEBコンテンツとして公開することです。求職者は、入社前にイメージしていた企業の状況よりも、実際が悪いと離職を考えます。離職を決断することは簡単なことでは無いので、すぐに離職に至る訳ではありませんが、入社前にイメージしているよりも、実際が悪ければ離職は選択肢として浮上して来ます。

WEBコンテンツとして、求職者が疑問に思うことを出来る限り詳細に公開することによって、「思っていたのと違う」と言うような問題を防ぐことが出来るのです。

3Kの仕事でも、それを上回る達成感や充実感を伝えることが出来れば人材が集まる可能性があります

もう一つの問題の新規の人材がなかなか集まらないのは、業界や業種に対するイメージが悪い。例えば3Kと言われるような業種で、仕事が大変そうなイメージを求職者が持ってしまっていることです。

大変そうなイメージを持たれている業種であっても、実際に働いている人たちは、仕事を成し遂げた時の喜びや達成感など、働いたことの無い人には分からない良さがあるはずです。求人誌を読んで、業種で最初から選択肢から外される場合は仕方がありませんが、少なくとも選択肢に入っている場合は、詳しい情報を求めてWEBサイトを訪れる求職者に、その仕事で得られる達成感や充実感など、具体的な事例を含めて公開することで、悪いイメージを払拭することが出来る可能性があります。

もちろん、仕事の辛い部分も正直に公開して、その辛いことを上回る充実感や達成感があることを求職者に伝えることです。

実際に現場で働いている人の生の声を伝えることがとても重要です。作り話では無く、実際に辛いことも嬉しいことも経験している人の声がとても重要です。表面上は3Kと言うことばかりが伝えられがちですが、現場の人たちの声はなかなか表面に出てきません。

この現場の声には、仕事の魅力がたくさんあるはずです。どんな仕事にも働き甲斐があるはずで、その働き甲斐を求職者に出来るだけ詳細に伝えることがWEBコンテンツです。求職者側からすれば、起きている時間の半分を過ごす仕事が充実していないと、人生を無駄に過ごしているような気分になります。なので、職業を選ぶことは求職者の立場からすすればとても重要なことなのです。

自分が働く仕事が、どんな仕事で、どんなに充実した時間を過ごすことが出来るのかを求職者に明確に伝えることが出来れば、仕事に魅力を感じてくれる人も出てきます。現場の仕事に携わる人の詳しい情報はほとんど公開されていません。この詳しい情報をWEBコンテンツとして公開すれば、同業他社よりも一歩も二歩も先に進むことが出来ます。

同じ地域の同業種と条件が同じであれば、現場で働いている人の辛さや達成感や充実感、一緒に働く人たちとのコミュニケーションなどを公開出来れば、これまで他社を応募していた人たちを自社に引き込むことが出来ます。そうなれば、新規の人材が集まらないと言う問題は解決するはずです。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方