無地Tシャツの衿が傾いているものは特におすすめしません

良いTシャツの例             悪いTシャツの例

eri4beri4

店頭やHPでよく見かける悪い無地Tシャの例。  生地の品質にはこだわっているのかもしれませんが、作ることにはこだわっていない。 丁度、最高級食材を使って、ド素人がつくる料理のように私は感じます。 私は、設計品質、材料品質、製造品質のバランスがとれてはじめて良い商品と言えると思うのです。

大切なことは設計通りに作られているのかどうか

伸び止めテープや二本針で補強してあるとか、書かれていますが・・・・・・・・。 品質には、設計品質と製造品質があります。 設計段階で衿の大きさと衿ぐりの大きさのバランスや、どのようにして強度を出すかなどを決めます(設計品質) 設計者(デザイナーやパタンナー)の設計通りの商品を製造段階で実現するのが製造品質です。 設計はだいたい一流のデザイナーやパタンナーを使うし、Tシャツやトレーナーのパターンはだいたい決まっているので、設計品質の差はそんなに大きくはありません。しかし製造品質に差があるのでかなり悪いものも出まわっています。 製造品質が悪いと言うことは、設計と違うものが出来あがると言うことです。それでは、どれだけ一流のデザイナーやパタンナーを使っても設計者の意図とは全然違う商品が売られていると言うことなのです。 自宅を建てるときでも、設計を重視するのは当たり前ですが、だからと言って大工さんはいいかげんな人でも良いと言う人はいないでしょう。 設計通りに出来ていない家には住めません。

悪い衿の具体例です(左右対称になっていない衿の無地Tシャツはおすすめできません)

a-eri
どうですか?パッと見てどこがダメなのかわかりますか?
こんな商品は店頭でも良くみかけます。

この衿は自社でわざと変に作成してみたものです。

a-eri1衿の中心ってこの線のあたりじゃないですか?

この線の右側と左側では衿の形状が全然違います。良く見れば変だと思いません?このような左右対称になっていない無地Tシャツはおすすめしません。

Tシャツを見分ける方法

もう一つの具体例

dame1

この衿はどうでしょうか?

これはいろんなところがおかしいのですが・・・・・。

 

 

dame2

ピンクで隠した部分がなければ衿はきれいな円になっています。

 

 

 

 

dame3衿の中心は、この赤い線のあたりだと思います。だとすると、ネームの位置がズレていますし、左右の衿のカーブがかなり違うのがお分かりになりますか?

 

 

 

dame4こうすれば、分かりやすいですか?店頭で、調べる時には、通常、前、後ろに別れるようにアイロンがけしてあるのを、肩の線を合わせて、左右に分かれるようにテーブルなどに置いて見ると、左右対称になっていない商品を見つけることができます。

 

 

家の場合は設計事務所と木などの材料と大工さんの腕ですよね。
縫製の場合はパタンナー(設計)と生地(材料)と縫製(作る技術)です。最近では設計段階から悪いものは滅多に見かけなくなりました。生地の良し悪しは手でさわった感じなどてだいたいおわかりかと思います。縫製の良し悪しを判断できればそんなに悪いものを買わされることはなくなりますね。

Tシャツやトレーナーを作る工程としては肩合わせ→衿付け→袖付け→脇合わせ、あと袖口と裾を縫えば出来あがりです。工程としての難易度の高い工程は衿付けとあとは袖口伏せや裾引きでしょうか。
商品の顔は衿なのでその工場で一番技術のある人が衿を付けます(通常は)。衿は商品の一番重要な部分なので、最も綺麗に縫製出来る人を配置するのです。衿付けに優秀な人材を配置していないとすれば、工場の管理者が無能なので、もっと悪いですが・・・。その衿がこんな状態だと他の部分を作っている人の技術はどうなんだろうと他人事ながら心配になります。実際ブランドネームも変なところに付いていますね。衿がきれいな形になっていないトレーナーやTシャツは絶対に良い商品ではありませのでおすすめ出来ません。衿が左右対称に縫えない工場は他の工程の技術も推して知るべしです。

ほとんどのショップさんがグラフィックに重点をおいていて、Tシャツそのものにはあまり意識が向いていないショップさんも見受けられます。

また、無地Tシャツを販売されているショップさんなどでも、商品に対するこだわりはあると思います。

素材の質感であったり、シルエットだったり。それが着心地につながったりするのだと思いますが、何度も書いている、設計品質と材料品質と製造品質が高い次元で融合しないと、素材の良さを最大限に引き出した商品にはならないと言うことを理解していただきたいと思います。プリントなどがあるグラフィックTシャツの場合は、周囲の人たちの目は最初にグラフィックに行きますので衿の傾きなどはあまり目立ちませんが、無地Tシャツの場合は最初に衿元に目が行きます。無地Tシャツの場合は特に衿が左右対称ではないものはおすすめしません。

高級食材を使った素人料理人のお店へお金を払ってまで食べに行きますか?

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

Tシャツの衿(襟)の生地による洗濯後の伸びの違い

フライス編みのTシャツの衿(襟)の場合

目が詰まっていて、柔らかい風合いの衿なら大丈夫

eri11erikiji1

Tシャツの衿の生地自体に高い部分と低い部分があります。この間隔が詰まっているものを、まず選びましょう。編み目が詰まっているものが良い衿です。

その衿を手で触ってみて、柔らかい衿でしたら十分伸びるし、洗濯しても長期間型崩れしないTシャツの衿です。

触ってみて硬い感じの衿の場合も型崩れはしにくいですが、着脱の際に頭が通りにくいなどの問題があるかもしれません。

目が多少開いていても柔らかい衿ならまだ良いと思います

eri22erikiji2

最初の画像よりも編み目が少し開いているのが分かりますか?Tシャツの衿の生地自体の高い部分と低い部分がの間隔が詰まっているものがベストですが、この間隔が多少開いていても、生地自体が柔らかいものでしたら、伸縮性はあるので、ベターな選択になると思います。

目が開いて、しかも硬い風合いのものは避ける方が無難です

eri33erikiji3

この画像は編み目がかなり開いてしまっています。Tシャツの衿の生地自体の高い部分と低い部分が開いてしまっていて、手で触った感じが硬い衿は衿自体が伸び切ってしまっている可能性があります。

また、目が詰まっていない衿は編み目自体が緩いため動き易く、変形も起こり易いと考えられます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

Tシャツの衿は洗濯すると伸びてしまう?

トレーナーやTシャツなどの丸首の商品は洗濯すると衿の部分が伸びてしまってだらしなくなってしまうものが多くあります、たいていの人は生地が悪いからだと思っていますが、じつは縫製の問題もたくさんあるのです。
ただし、衿自体に編みこんである細いゴム(ポリウレタン)が劣化して切れたりして伸びるのは避けられません
このページではこんな縫製工場だからわかる、品質や良いTシャツの見分け方などお知らせします。

衿とはどんな物?

Tシャツやトレーナーの衿は、「フライス」を使う場合と「テレコ」を使う場合があります。

フライスはフライス編みと言って、編み方で伸縮性を確保しています。

テレコは生地の中にポリウレタンを少し編み込んであり、このポリウレタンにより伸縮性を確保しています。

衿の生地自体の劣化によって衿が伸びることも多くあります。

例えばポリウレタンの劣化であったり、編み目の移動などです。

縫製の問題でTシャの衿が伸びるのは

eri5トレーナーやTシャツは身頃側の衿ぐりより衿のほうが小さく作られています。 これを縫製するときにどうするかによって、洗濯後に差が出るのです。

 

 

悪い縫い方

身頃の衿ぐりより衿の方が小さいのだから小さい方の衿を伸ばして縫う。 この方法だと縫製技術があまり高くない人が縫っても衿を付けることができます。 でも縫い上がった状態では縫い目が波打っています。 これをアイロンでうまくごまかして出荷するのです(アイロンがけはかなり大変)。 このような商品は最初から伸ばして縫っているので、どんなに高級な生地を使っても洗濯すると衿が伸びてしまうのです。

okuri5

良い縫い方

身頃の衿ぐりより衿の方が小さいので小さい衿を伸ばさず、衿に合わせて身頃側を少しギャザーを入れるような感じでいせ込むように縫う。 この方法は縫う人の高い技術を必要とします。縫い上がった状態では衿がすっきりと付いており身頃側に少しシワがあるように見えます。 この商品は軽く形を整える程度のアイロンがけで出荷します。 このように縫製された商品は生地の品質が悪くてもかなり衿の形を維持します。 また良い生地を使った商品ではほとんど衿が伸びないのです。

okuri4

いせ込みながら縫う技術がないと良い商品にはならないのです。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

縫い目で分かる服の品質の見分け方

服を買うときには、脇や袖のミシンの縫い目にも気をつけましょう。縫い目で見分ける服の品質をお伝えします。
値段が高いから良いTシャツで安いから悪いTシャツだとは言えません。
安くてもしっかりした作りになっているTシャツもありますので、Tシャツを見る目を養いましょう。
お見せする写真は、わかりやすいように糸の色を一本一本変えています。

このミシンの縫い目はオーバーロックミシンで、縫い目の締り具合のことを糸調子と言います。

Tシャツの良い縫い目

nui2omote普通はこのような縫い目になっています。(脇や袖の部分)
二本針オーバーロックというミシンで縫います

同じ縫い目を裏から見た状態です。
縫い目の中ほどと下側に赤と緑の糸が点々と見えています。針糸が締まった状態です。

表側になる部分から見た状態です。
普通ですね。縫い合わせた部分が開きません。

 

悪い縫い目

nui2omotedame表側から見た状態です。ちょっとわかりづらいですが、緑の糸が浮き上がっているのがわかりますか?

良い縫い目に比べると、赤と緑の糸がループになっていますね。針糸が緩んでいる状態です。

赤と緑の点々は針糸なので、点々が大きく見えるのは、糸が緩いからなのです。表側から見ると糸が見えるほど緩い状態で、縫い合わせた部分が締まっていません。

 

悪い縫い目

nui1omote先ほどご説明した二本針オーバーロックではなく、一本針オーバーロックの縫い目です。先に説明した縫い目のものより針糸が一本少ないものです。この縫い目で脇を縫ってあるTシャツは、品質よりもコストを優先した商品です。僅か糸1本分のコストさえも抑えたい程コストが厳しい商品と考えるのが適当です。

 

 

最悪な縫い目

nui1omotedame上の一本針と同じ縫い目ですが、縫い目が上のものよりも粗いものです。中国製のTシャツなどでたまに見かけます。
このような縫い目の商品は絶対に避けたほうが良いですよ。

 

 

Tシャツの脇などを一本針で縫うのは、そもそも糸のコストさえも抑えたいからで、その上、縫い目が粗いと言う事は、少しでも早く縫いたいからなのです。ミシンの最高回転数がミシンによって決まっていますので、少しでも早く縫って、一日にたくさん作りたいとなると、縫い目を粗くすると、生地を送って行くスピードが上がりますので、早く縫えるわけです。
ここまでしてコストを下げたいTシャツが良い商品のわけがありません。是非ご注意ください。

また、二本針で縫ってあっても、針糸が締まっていない服は、縫製工場の品質管理が出来ていないと言う事です。糸調子の調整は、工場の品質管理の基本です。糸調子は作業を始める前の朝一番に確認しますし、糸を替えた時にも確認するものです。この基本が出来ていない工場で作る商品は絶対に良い品質の服ではありません。糸調子を見ることは、服を作っている縫製工場の品質管理の基本を見分けるポイントになります。

ブランド信奉もあると思いますが、同一ブランドでも同一工場で縫製しているわけではありません。ブランドとして、協力工場など特定の工場を使っている場合もありますが、商社を通して色んな縫製工場を使っているブランドもあります。商社を通して縫製工場に発注すると、どんな工場で生産するか分かりません。取引に当たっては、工場の現場も見に行きますが、見に行った工場の生産ラインでは無く、その工場からさらに下請けの縫製工場に流される場合もあります。その下請けの縫製工場が内職をたくさん使って服を作っているかも知れませんので、品質は全く予想出来なくなります。ブランドとしてしっかり品質管理がされていれば、倉庫に入荷した段階で、抜き取り検査を行って、糸調子不良があれば返品して修理されますが、ブランドとしての品質管理がしっかりと出来ていないと、糸調子不良の商品があっても抜き取り検査で見つからず、そのまま店頭に出てしまいいます。ブランドによって品質管理の基準も違うでしょうし、縫製工場から入荷した商品の抜き取り基準も違うので、品質管理基準の低いブランドは不良品が店頭に並ぶ可能性が高いことになります。ブランドを盲目的に信用することなく、自分自身の目で良い服を見分けるようにしてください。

服は、他の工業製品のように機械や金型によって品質を作り込む商品ではありません。品質は人の手によって作り込まれます、ですので、縫製工場で作業する人の技術に依存するところがとても多いのです。「衿が傾いている無地Tシャツはおすすめできません」や「衿で見分ける服の品質の見分け方」でも公開しているように、服はプレスして上から型抜きするような商品では無く、右から左、又は左から右へと縫います。そして、ミシンは下が送り歯で生地を送り、上は押さえで、生地を手前に押そうとするので、普通に縫うとねじれてしまいます。ですから、左右対称に作るのはとても技術が必要です。服の品質を見分けるには、縫い目と一緒に衿が左右対称になっているかどうかを確認しましょう。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

Tシャツ生地の透け具合

白の背景に豹柄を重ねているので、生地にとっては厳しい条件です。

一般には地肌の上に下着を着用しますので、背景は肌色になりますので、仮に豹柄の下着を着用しても、これほど豹柄の生地が強調された感じにはなりません。

30/1天竺

30は糸の太さ、数字が小さい程太い糸で、1は1本で作った生地と言うことです。サンマルタンテンジクと読みます。

suke30-1tenjiku

Tシャツにはよく使われている生地です。この程度の生地だと柄まで透けて見えてしまいます。

40/2天竺

40は糸の太さ、数字が小さい程太い糸で、2は2本の糸を撚り合わせて作った生地と言うことです。ヨンマルソーテンジクと読みます。

suke40-2tenjiku

30/1天竺と実際に手に取ると40/2天竺の方が確実に厚みがあります。

40コーマスムース

40番手のコーマ糸を使った生地です。

 

suke40comasmuse

40/2天竺よりもさらに厚みがあり、目も詰まっているのでかなり優秀!

吸汗速乾機能素材

sukehygralu

吸汗即乾の生地です。

16/2天竺(ヘビー天竺)

16番のかなり太い糸を2本撚り合わせて作った生地です。

suke16-2tenjiku

ヘビーウエイトの生地です。ただし生地のカラーはキナリです。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

2本針の補強縫いは本当に補強になっているのか?

Tシャツやトレーナーの2本針補強

Tシャツやトレーナーの衿ぐりや袖ぐりなどに2本針のステッチがしてある商品をよく見かけます。

デザイン的にはゴツゴツっとした感じになり、男っぽいイメージで好きな方も多いでしょう。
デザイン的に好きで、2本針の補強がしてある商品を選ばれることには、全く反対いたしません。

ただ、問題なのは、縫製を知らないショップさんが、2本針で縫ってある商品は強い(強度が高い)と思っていらっしゃる方が結構多いことです。
ホームページなどでもそのことを書いているページを見かけます。

2本針で1工程多く縫ってあるわけですから、強度が増すと思うのは普通の感覚なのですが、2本針でステッチしてある内側の縫い目は2本針オーバーロックではなく1本針オーバーロックで縫ってありますので、2本針オーバーロックに比べるとかなり弱いのです。

そして、2本針の補強ステッチは単なる飾りでしかありません。

2本針オーバーロック1本針オーバーロック

2本針オーバーロック      1本針オーバーロック

2本針オーバーロック+1本針本縫いステッチ

1本針ステッチ表1本針ステッチ裏

表側                     裏側

1本針オーバーロック+2本針補強

2本針表2本針裏

表側                     裏側

縫製直後の状態です。洗濯をして行くとどのように変化するか、レポートいたします。

20回洗濯後

2本針オーバーロック+1本針本縫いステッチ

1本針表洗濯20回

1本針裏洗濯20回

特に縫い目のほつれはみられません。生地自体はくたびれてきますが、縫い目の強度は保っています。

1本針オーバーロック+2本針補強

2本針裏洗濯20回

2本針裏洗濯20回

わずかですが、2本針の縫い目がほつれています。この縫い目の特徴は、最後の1針がほつれると、連鎖的に次々と簡単に縫い目がほどけてしまうことです。

今の状態であれば、強度は維持していますが、人間というのは不思議なもので、このように糸が出てくると、引っ張ってみたくなるものです。

これの引っ張りどころが悪いと、補強の縫い目は全部無くなってしまい、1本針オーバーロックの縫い目だけ残ってしまうと、縫い目の強度は一気に落ちてしまいます。

二本針補強がほつれた状態

二本針は一旦ほつれ出すと連鎖します

二本針補強がほつれた状態(表側)

2本針表ほつれた状態

一旦ほつれ出すと、パラパラと一気に気持ちよくほどけてしまいます。

こうなると、ベースの縫い目が一本針オーバーロックなので、弱い縫い目になってしまいます。

二本針補強の縫い終わりをしっかり、ほつれ止めしてある商品もあります。

ほつれ止めしてあれば、こういう問題はありませんので、Tシャツなどを買う際は確認しましょう。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

服を縫う針を間違うと生地の糸を切ってしまいます

先端が尖った針だと、生地の地糸を切断してしまうのです

以外にお思いになると思いますが、普通の針よりほんの僅かだけ先端が丸い針を使って縫っています。

針の糸を通す穴から、針の先端までの距離も普通の針より長いものを使います

針の頭が僅かに丸く、糸を通す穴から先端までの距離も長い針を使うのは、Tシャツの生地のように編んである生地の場合、先端が尖った針で高速で縫製すると、生地を構成している細い糸を切断してしまうからです。

先端を丸くして、縫い糸を通す穴から先端までの距離を長めにすることによって、生地の糸と針が触れたときに、針が少しぶれて、生地の糸を突き切ってしまうことを避けるようにしているのです。

針の種類

トレーナーやTシャツは真ん中の針を使って縫います。
一般的な針は向かって左側です。

使用している針の太さは8番(細い)~14番(太い)までです。

一番使用頻度が高いのは10番~11番です。

普通の針

KN針

 

普通の針は先端が鋭利なので、地糸を切断しやすいので、先端が少し丸い針を使用して、生地に針が刺さる時に、地糸が移動できる針にします。

針の先端にキズがあると生地の地糸を切ってしまいます

針は折れなければいつまでも使えそうな気がしますが、実際には使用していると針にキズが付いて、そのキズによって生地を編んでいる糸を切ってしまうことがあります。

KN針

針地糸切れ

 

針にキズや長時間の使用で先端が潰れると、高速で回転するミシンだと簡単に地糸を切ってしまいます。

針穴生地の地糸を切ってしまうと、その部分から生地がほつれて、洗濯を繰り返すと服がバラバラになってしまいます。服を買うときは、縫い目の針が落ちた部分の地糸が切れていないか確認しましょう。

 

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

Tシャツの製品にではなくTシャツの裁断物にプリントします

一般的なTシャツプリントショップさんとの決定的な違いは、プリントショップさんは仕入れたTシャツやトレーナーにプリントするのに対して、裁断後のTシャツの生地の段階でプリントしてからTシャツの形に縫製すると言うことです。 生地の段階でプリントすると言う事はどこにも縫い目がないので、Tシャツのどこにでもプリントできるのです。 プリントショップさんでは絶対にできない、ヘビが体に巻き付いたようなプリントも可能です。他では作れないプリントTシャツも作れます。
また、プリントの版を作らない方法なので、大人サイズと子供サイズのTシャツでプリントの大きさを変えることもできます。

printsampie1普通のショップさんでは、完成品のTシャツにプリントしますが、左の写真のようにTシャツの裁断パーツにプリントしますので、どの箇所にもプリントが可能です。

 

 

 

完成品のTシャツにプリントする場合は、袖や衿元など縫い目の近くにはプリントできません。

裁断物の段階でプリントするとTシャツのどの部分でもプリントが可能になります。

printsample2このような全面プリントTシャツでも大丈夫!

当社では、裁断→プリント→縫製、の順番でプリント作業及びTシャツ作成作業をしますので、デザインの自由度が非常に高いので、すごくこだわったデザインもプリントTシャツができるのです。

 

 

 

このプリントTシャツは後ろ身頃全体と袖にも続けてプリントしています。

printsample3裁断物の段階で、脇線までプリントしてから縫い合わせるのでプリントの端はTシャツの縫い目の内側に入ります。
このようなプリントTシャツは縫製もしているところでないと絶対に作ることができません。

 

 

 

全面プリントTシャツ月は肩合わせをして袖付けの後にプリントしています。脇、袖下を縫った後だと袖付けの縫い目が前後重なるのでプリント出来ません。

プリント以外の余分な部分はカットします

プリント部分のみカットできますので、プリントしたい部分だけプリントできます。カラーコピー機を使う転写プリントのように透明なノリのような部分がTシャツに貼り付くようなことはありません。

print3この画像のようにプリントしたい部分以外はプリントデーターにカットデーターも入力して後で不要な部分を取り去ります。
プリントするデーターが細かい場合は身頃と同色の縁を付けてカットすることもあります。

 

 

この写真を見ていただければおわかりいただけると思いますが、取り去っている部分、つまりプリントする下地は隠ぺい力のある白色なので、Tシャツの生地が何色でも同じ発色でプリントできるのです。

cutsample1カットした部分を拡大した画像です。
このように余分な部分はコンピュータのデータでカットしますので、プリントしたい部分だけきれいにTシャツにプリントできます。

 

 

 

 

カットすることによって表現可能な線幅の限界は、3mmくらいです。それ以上細くなると、カットして表現することは出来ません。カットせずにプリントする場合でしたら、かなり細くても表現することが可能です。
また、細い線や細かいデザインなどをプリントする場合、デザインの周りに生地色と同じ色のふちをつけてプリントすることになります。

プリントしてもTシャツの下地が透けません

一般的な転写のように透明なシートにプリントするのとは違い、ホワイトのシートにプリントしますので白色も出せます。また、Tシャツの下地が透けて見えないのでプリントの発色がきれいです。

printsample1上がプリント&カット、下がカラーコピーやカラーレーザープリンターの転写プリントです。
Tシャツの生地が白の場合はそんなに大差が無いように見えますが、通常の転写プリントは透明なフィルムにプリントしていますので、よく見るとTシャツの生地目なども透けてみえます。

 

 

printsampleイエローのTシャツ生地にプリントしてみました。
上のプリント&カットでは白ベースの時と変わらない発色になっていますが、下の転写プリントは下地のイエローが影響して暗い色のプリントになります。

 

データの上では文字の縁はホワイトなのですが、転写プリントは透明になっていますので白縁ではなく、Tシャツの生地の色が出てしまいます。

printsample5ブラックのTシャツ生地にプリントしてみました。
上のプリント&カットはどんな色がベースでも変わらず綺麗な発色になります。また、aなどの内側も綺麗にカットされてプリントされています。

 

 

下の通常の転写プリントでは、ほとんど何がプリントされているのかわからない状態になっています。また、転写プリントは余分な部分をハサミでカットするのですが、機械でカットするような正確なカットができないため余分な部分を多く残してしまいます。
この余分な部分がノリのようにTシャツの生地に貼り付いているのがおわかりいただけるでしょうか?
カラーレーザープリンターは白い紙の上での発色はきれいですが、生地にプリントすると、Tシャツの生地の色に影響されてきれいなプリントができません。

プリント業者を選ぶときは

プリント業者を選ぶときには、プリントの洗濯堅牢度を聞いて見て下さい。意外と無頓着な業者さんもいらっしゃいます。どこへ持っていったら試験してもらえるのか聞いてこられた業者さんもありました。 「洗濯堅牢度はどれくらいですか?」と聞いてすぐに答えられない業者さんは、Tシャツのプリントの品質を真剣に考えていないと判断すれば良いのではないかと思います。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

シルクスクリーンプリント

枚数が多く色数が少ないプリント向き

シルクスクリーンは色毎に版代がかかります。色数が少なくグラデーションやボカシが無いプリント(イラストなど)には適しています。1版代10000円程度かかるので色数が多い場合は大変割高になります。枚数が多い時は、転写プリントよりも安くなりなす。また、風合いも柔らかい仕上がりになります。

品質の違いは?

シルクスクリーンのプリントもいろいろでネットで調べてもお値段もいろいろです。 例えば黒の生地に白のように隠ぺい力の弱い色のプリントをする場合、一度の塗りでは色が沈んでしまってあまりきれいにできません。 私達は色によっては2度、3度の塗り重ねを行ってきれいなプリントに仕上げています。

シルクスクリーン1回塗り

silkprint1

下地になる生地が濃色で白などの淡色をプリントする場合、一回だけの塗りだと、左の写真のような仕上がりになります。
安いお値段で作成してくれる業者の中には、この状態のプリントで納品してくるところもあります。
これまでに外注でお願いしたプリント工場の中には「こんなもんですよ」と平気で言った業者もありました。

シルクスクリーン2回塗り

silkprint2

二回塗ると下地の色が完全に隠れて、きれいなプリントになります。
実際に見比べていただけると、違いは一目瞭然なのですが、業界のことがわからない一般のお客様は上の状態でプリントが上がってきても、さほど疑問にも思わず着用されることもあるのでしょう。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

昇華転写プリント

理想的なプリント方法です

通常の転写プリントのように印刷したシートそのものを生地に貼り付けるのではなく、インクの色素を生地に浸透させるプリント方法で、発色も良くその上風合い(肌触り)もゴワゴワした感じがまったく無く、理想的なプリント方法です。

残念なことは

ポリエステルの生地にしかプリントできません。

また、ベースの生地のカラーがホワイトじゃないと、きれいな発色にはなりません。

shokatensha

このように、白の生地を総柄にすることもできますので、生地も自分だけのデザインにすることができます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方