発色のプリント&カット、風合いのインクジェット

どちらのプリント方法も一長一短 注、比較のためにサンプルを作りました。

Tシャツの生地に直接インクを吹くインクジェットプリンター

printjet

生地に直接インクを吹くので、加工後でもプリント部分が硬くなったりすることもなく、非常に柔らかい風合いを維持しています。

加工にかかるコストも安く上がるので、少ない枚数のご注文の場合はとても良い方法です。

ただ、発色の面で、少し色が沈んだ感じになっているのが残念です。

白いシートにプリントしてから余分なところをカットして、熱転写する、プリント&カット

printcut

見てのとおり明るい発色で、とても鮮明なプリントが可能です。

ただし、余分なものをTシャツの生地に貼ることになるので、ゴワゴワした感じになるのは避けられません。

また、手間やコストもインクジェットとは比較にならないくらい高くつきます。

濃色へのプリントも可能です

インクジェットプリンターでも抜染という方法で、元の色を抜いてプリントすることができるので、濃色にもプリントが可能です。

黒のTシャツ生地にインクジェットプリント&抜染

printjet1

黒のTシャツ生地にプリントしてから抜染して、加熱すると生地の色が抜けて、画像が浮き上がります。かなり良い技術なのですが、抜染しても生地の色は生成りにしかならないので、あと一歩の仕上がり。

白いシートにプリントしてから余分なところをカットして、熱転写する、プリント&カット

printcut1

この場合も白いシートにプリントするので、鮮明なプリントが可能です。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

大きいデザインの刺繍をTシャツにすると洗濯すると縮みます

大きいデザインの刺繍を施されたTシャツは高級感もあって良いですが・・・・。

刺繍は生地の裏に芯地を張って縮まないようにして刺繍します。店頭で見た時には美しい仕上りの刺繍でも、洗濯すると芯地の腰が無くなり刺繍が縮んでTシャツがシワだらけになってしまいますので、購入する時にはそのへんも理解の上購入して下さい。

emb5

emb6

黄色い部分はアップリケ刺繍です。

emb2

プリントの上に刺繍することもできます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

大切なTシャツやトレーナーの保存には着物ハンガーが最適!

Tシャツの衿の伸びもハンガー次第

一般的な洋服のハンガーは洗濯の後、干す時に衿にTシャツ全体の重さがかかって、衿を引っ張りますので、やめましょう。

img1031719694

このタイプはTシャツ、トレーナーを干す時には避けましょう。針金でできているタイプは特に衿の一点に集中的にTシャツの全体の負担がかかり最悪です。

きものハンガーがTシャツの場合はベストです

Tシャツの場合は意外なアイテムがマッチします

kimonohangerきものハンガー

洗濯後の水分を含んだTシャツを干しても、衿に負担がかかりません。全体の重さを袖で受け止めるので、衿には負担がかかりません。洗濯後は日陰に干しましょう。

このようにお買い上げいただいた商品を末永くご愛用いただくための情報もコンテンツになります。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

服の品質の見分け方

服全般の品質の見分け方はTシャツと同じです

服の品質を見分けるには衿が傾むいているかどうかを見るのが一番です 。縫製するときに下が送り歯、上が押さえなので、下の生地を送り、上の生地を押すように縫うので、その時にミシンが押すのをそのままにしていると片方の衿先が下に巻き込んで、もう片方の衿先が上に跳ね上がります。何もせずに縫うとだいたいこんな傾向になるものなのですが・・・・・・。この動画のようにならないように縫うのが工場の技術です。衿が傾くのは、ミシンの構造上なってしまう現象をそのまま作ってしまうからです。技術が高ければ、そのようなミシンの構造上なってしまうことに逆らって、左右対称の衿に仕上げることができるのです。時には、押さえの抵抗を減らすためにテフロンを貼り付けたり、送り歯の手前にサンドペーパーを貼って、下の生地が送られ過ぎないようにしたりもします。

縫製される衣料品はプレス加工のように上から型抜きするように加工するのとは違い、かならず、右から左、あるいは左から右へと縫製されます。裁断も同様に生地を重ねて、右から左、あるいは左から右へと裁断されます。多くの生地を重ねることで、上と下の裁断ズレも起こります。また、先に述べたように縫製でも、ミシンの構造上、下の生地が送られ、上の生地が押されるので、必ずズレが生じます。このようなズレが大きい程、縫製の技術が低いと考えることができます。服の品質を見分ける際には、その服が左右対称になっているかを確認して、左右のズレが大きい商品の購入は避けるようにしましょう。

左右のズレがあると言う事は、設計とは違う商品になっていると言う事です。設計がどれだけ良くても、設計に忠実に作られていない商品は良い商品とは言えません。

材料品質も設計品質も良かったとしても、製造品質が悪ければ商品は台無しになります。最高級の食材と最高のレシピがあっても料理人が素人であれば、食材の良さを引き出すような料理にはなりません。材料品質が良く、設計も良くても、施工する大工が下手だと家が傾くかも知れません。材料や設計がどけだけ良くても、作り手が悪いと全てを台無しにしてしまうのです。

アクリルの板に溝を彫って、それに沿って縫製することもあります。そういう方法だと表衿と裏衿の合わせ縫いは傾きません。それでも、ステッチが下手だと傾くことがありますが傾きは僅かに抑えることが出来ます。

縫い目で分かる服の品質の見分け方

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方