なぜコンテンツが重要なのか

情報が溢れる現在では、一方的に商品を押し付けるコマーシャルを拒否するようになりました

Googleの視点からのコンテンツ

2016年3月にGoogleが「検索ランキングを決める、最も重要な2つの要因として、コンテンツと、サイトについたリンクだ」と発表しました。Googleはこれまで、WEBサイトに張られたリンクを人気投票とみなして評価していました。このアルゴリズムを逆手にとって、IP分散したサイトから大量にリンクを張るブラックハットSEOが一時的に効果を発揮しました。その後パンダアップデートやペンギンアップデートで、低品質なサイトやブラックハットSEOの被リンクにペナルティが課せられブラックハットSEOをしていたWEBサイトは大打撃を受けました。

アップデートによって低品質なサイトは少なくなっているはずですが、実際に検索すると、どれも同じようなページばかりで、一方的に商品の良さを売り込むコマーシャルを掲載しているWEBサイトばかりが表示されて、ユーザーに有益な情報が出てこないと言う問題も起こって来ました。検索してもコマーシャルばかりが出てきて、ユーザーが求めている情報が見つからなければ、次第にユーザーは検索を利用しなくなります。

ユーザーがGoogleを利用しなくなると、Googleを利用したユーザーがAdWords広告をクリックすると言うビジネスモデルが成立しなくなってしまいます。そのような問題に直面しないためにも、Googleはコンテンツ重視を発表したのです。また、Googleは一貫して「ユーザーニーズを満たす検索結果ページを提供する」と言う課題に取り組んで来ています。この考え方からも、コンテンツ重視は当然行き着くことなのです。Googleは今後さらに検索精度の向上を目指して改良を加えて行くと思われますので、コンテンツを適正に評価して検索アルゴリズムに反映されると思います。Googleの検索アルゴリズムの改良が進んでコンテンツの評価を適正にできるようになってからコンテンツの制作を開始しても手遅れになるのです。

Googleがコンテンツ重視を発表したのが、2016年の3月なので、まだコンテンツ制作の必要性を実感していないWEBマスターも多いと思いますが、競合他社が良質なWEBコンテンツの公開を始めて、検索上位に表示されるようになってから、後を追っても質、量共に上回るコンテンツを掲載しないと、順位を逆転できません。コンテンツの制作にはかなりの労力が必要なのです。競合他社がコンテンツの公開を始める前に制作を開始しましょう。

重要

ユーザーの視点からのコンテンツ

インターネットが普及する前までは、情報は企業側から一方的に流されるコマーシャルから得るものでした。そして、情報が少ない時代には、そのコマーシャルを信じるしか方法は無かったのです。それが、インターネットの普及と検索エンジンの進歩によって、情報は自ら検索して探し出すようになったのです。インターネット上に情報が溢れるようになり、必要な情報を自ら探し出すようになると、ただ、商品が良いとだけ訴え続けるコマーシャルは信用されず、ユーザーは拒否するようになって来たのです。

しかし、実際に検索すると、同じようなサイトが表示されて、どこのショップが自分の求めている商品を扱っているのか分からなくなり、結局値段の安いサイトから購入することになっていました。ユーザーが検索窓にした質問に対して明快な回答が検索結果に表示されないと、ユーザーは次第にGoogleを使わなくなります。

ユーザーは検索窓に入力した質問に明快な答えを返してくれるWEBサイトを見つけると、とても嬉しく、そのWEBサイトのファンになります

ユーザーは自分自身を成長させたいとか、自分自身の生活の不便を解消したり豊かにしたいと考えています。そして、その情報は今ではネットから検索して見つけ出すようになって来ました。しかし、まだネット上には十分なコンテンツが無くまだユーザーが望む情報には十分に辿り着けない状態なのです。ネット上には溢れる程の情報があるのに、ユーザーが本当に求める情報に辿り着けないと言うおかしな状況になっています。

ユーザーが求めている質問に確実に答えを出してくれるWEBサイトはユーザーにとってとても貴重で、かけがえのないWEBサイトになるのです。

このようなユーザーの質問に答えるWEBサイトが増えて、質問は検索窓にすれば、回答が得られるようになれば、ユーザーはGoogleをさらに利用するようになるでしょう。

企業は、商品を売りたいと言う一心で、ひたすら商品が良いと言い続けるコマーシャルばかり掲載しています。今まではそれで良かったのですが、ユーザーが商品よりも質問を検索窓に入れるようになると、質問の回答を掲載していないWEBサイトはユーザーが訪問しなくなるのです。ユーザー目線で、ユーザーの質問に回答する情報を掲載することで、ユーザーがそのWEBサイトを信頼し、WEBマスターを専門家として認め、ファンになって商品を購入してくれるのです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

「悪い商品を掴まされた!」と言う経験をしないための情報提供がコンテンツです

ユーザーが求める商品を迷わず買える情報がコンテンツです

最近Googleの検索結果にも影響するようになってSEOでも重要視されている「コンテンツ」ですが、コンテンツと言う言葉が何を意味しているのか、とても分かりづらいですよね。wikipediaでもコンテンツは「中身」のことと書かれていて、WEBサイトの場合、何を指しているのか分からないです。

ECサイトの目的が物を売ることであれば、その中身はほとんどがコマーシャルです。コマーシャルはコマーシャル・メッセージと言い、「商業用の宣伝」です。コマーシャルばかりが放送される番組は、テレビショッピングだけです。こんな番組はよほど他の番組が面白く無いか、他にすることが無いかで、通常ならばほとんどの人が見たくも無いと思います。自分が販売している商品が良いと言うのは売り手であれば当たり前のことで、自分が販売している商品が良いと言うのが、コマーシャルなのです。そのことだけを繰り返し聞かされるのは、見る側にとっては苦痛にも感じて来ます。

ECサイトでも同じことが言えて、売り手側にとって都合の良い情報ばかり書かれたコマーシャルはどのサイトを見てもほとんど同じような情報ばかり書かれていて、一見してどのサイトが自分の求めている商品を販売しているのか判断できず、少し読んでブラウザの戻るボタンを押し、また違ったサイトを訪れて少し読んで戻るを繰り返すうちに、次第に中身を読んでもらえなくなります。

情報提供

良質なWEBコンテンツはどうやって作るのか、どんな視点で見つけ出せば良いのか。

コンテンツは社内にあるのですが、見つけ出す視点はユーザーの視点が必要です。

ユーザーが「悪い商品を掴まされた!」とか「失敗した!」と思う時は、どんな商品を買ってしまった時なのかを考えて見ましょう。ユーザーは常に期待通りか、期待以上の商品を求めています。しかし、実際には期待外れの商品にめぐり合ってしまうこともあります。そのような期待外れの商品を買わないようにする、商品の見極め方を伝授することはとても有益なコンテンツになります。また、商品の意外な使い方や、商品を使い倒す情報。使用後の手入れの方法。お客様からのクレームへの対応や再発防止策、新商品の開発プロセスや、トラブルシューティングなど、企業内で行っている活動全てがコンテンツになります。企業が商品やサービス、顧客対応などについて真摯に取り組んでいることは全て良質なWEBコンテンツです。それぞれの情報については順を追ってご紹介します。

ユーザーの失敗や後悔を回避できる情報がコンテンツです

ユーザーは検索結果から見つけ出したページを訪れ、少し読んでブラウザの戻るボタンを押し、また違ったサイトを訪れて少し読んで戻るを繰り返しコマーシャルの中から商品を購入します。そして「悪い商品を掴まされた!」とか、「思っていた品質じャない!」や「契約上のトラブル」と言った経験をするのです。そのような事態が頻発して、ユーザーからECサイトが信用されなくなってEC自体が衰退するようなことがあっては、Googleにとっても死活問題です。まぁ、これほど事態が悪化することは有り得ないとは思いますが・・・・・。

このようにユーザーが「悪い商品を掴まされた!」と言う経験をしないための情報提供が一つのコンテンツになります。「良い商品と悪い商品を見分けるポイント」を明確に伝えることで、ユーザーの後悔を防ぐ問題解決になります。このポイントを明確に伝えることができるサイトのオーナーはその商品に精通していると言う事を示す証拠にもなりユーザーからの信用を獲得することも出来ます。また、同じ商材であってもサイトによって、見分けるポイントが違っていれば、ユーザーにとってより重要と思うポイントを判断基準にしているサイトから商品を購入すれば良いのです。判断基準を明確に伝えることで、ユーザーとの信頼関係も出来上がり、そのユーザーはリピートユーザーとなってくれます。このようにユーザーが求める品質の商品を間違いなく手に入れることができる情報を提供することは、ユーザーが疑問に思うことを解決することになるので、良質なWEBコンテンツと言うことが出来ます。

また、商品を永くご愛用いただくための保管方法や手入れの仕方なども、商品を熟知していないと出せない情報なので、商品に精通していることを示す、大事なコンテンツとなります。提供した情報を読んで商品を購入するお客様は、その商品に対する思い入れも大きいはずで、商品を大切に使いたいと思っているので、そのようなニーズにも応えることができるコンテンツを提供できるサイトもユーザーにとっては貴重なサイトとなるはずです。

商品の良し悪しを見分ける基準がコンテンツです

商品のどの部分をどんな基準で見れば、商品の良し悪しが分かるのか、品質を決定付けるポイントはどこなのか、このポイントは商品を扱っているショップによって違うかも知れません。違っていれば違っているで良いのです。それぞれのユーザーにとってより重要と思うポイントを重視しているショップの商品を買い求めれば良いのですから。また、基準もショップによって厳しい基準のところもあれば、比較的緩い基準のところもあると思います。ユーザーは必ずしも高品質、高価格を求めているわけではありません。商品によっては低品質、低価格でも良いと考えている商品もあります。ほどほどの価格で最低限の品質さえ確保できていれば良いと考えている商品を求めているユーザーは、それに合った見分け方の基準を明示しているショップの商品を買えば良いのです。このようにして、ユーザーとショップのマッチングも上手く図ることが出来て、一度買ってくれたユーザーは自分の商品の価値基準と合っているショップのリピートユーザーになります。ユーザーが欲している商品はどんな商品なのか、その商品を確実に手にする商品の見分け方や選定方法を提供できれば、ユーザーにとってはとても貴重な情報になります。

このように、ユーザーが望む品質の商品をコマーシャルで押し付けるのでは無く、ユーザーの目線で、そのユーザーにとって良い商品を間違いなく手に入れることが出来る情報は、ユーザーの商品に対する疑問を解決することができる良質なWEBコンテンツとなります

その他にも、企業としてユーザーにより良い商品を提供するために様々な努力をしていると思います。品質改善の取り組みや、コスト削減、納期短縮。環境保護への取り組みなど、たずさわっている人にとっては毎日のことで当たり前と思いがちですが、一般の人にとってはびっくりするような情報な場合もあります。日々行っていることを当たり前と思わずに些細なことでも情報として公開するのが良いでしょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

カタログ上のスペックでは分からないことはコンテンツにしましょう

カタログに掲載されているのはコマーシャルでコンテンツは明らかに不足です

カタログに掲載されているスペックで商品のだいたいの性能を理解できる商品もあれば、スペックだけでは全く分からない商品があります。

パソコンなどは、商品のスペックでだいたいの性能は見当が付きますので、WEBページにはスペックを掲載すればユーザーもある程度の判断はできます。家電品もスペックでだいたいの性能は理解できます。また、パソコンや家電品は商品のブランドに対する信用度も高いので、自分が信じるブランドの商品を買えば外れはそんなにありません。逆に繊維製品は品質表示は綿○%、ポリエステル○%と言う表示と、洗濯表示しかありません。また、Tシャツなどは30/1天竺、40/2天竺などの表示があってもどんな厚みの生地なのか、一般の人には全く分かりません。また、繊維製品は高級ブランドや知名度が高いブランドもあれば、全く知らないブランドもたくさんあり、無名のブランドの商品の品質については、情報が商品写真だけだと、購入しても良いのかどうかとても迷います。デザインがどれだけ良くても、実際に商品が届いて、その質感や縫製がとても悪いものだったりすれば、そのショップからは二度と商品を買わなくなってしまうでしょう。このような、購入してから後悔するのを防ぐための情報はどれだけ公開してもユーザーからクレームが来ることは無いでしょう。

カタログ

Tシャツの生地がどの程度透けるかはユーザーが知りたいコンテンツです

WEBサイトで販売されているTシャツは手にとって見ることができないので、30/1天竺などと言われてもどの程度薄いのか厚いのか、見当も付きません。ユーザーにとってはどれだけ値段が安くても、ペラペラの薄い生地で下着が透けて見えるようなTシャツはイヤだと思っていますがWEBサイトには生地がどの程度薄いのか、あるいは厚いのか判断できる情報はほとんどありません。

Tシャツの生地がどの程度透けるのかは、購入後に分かっても遅いので、購入前にコンテンツとして情報を伝えるようにしましょう。商品を購入してしまってから、「こんなTシャツ着れない」となるのを避けることは、ユーザーの問題を事前に解決できる良質なWEBコンテンツです。

Tシャツや繊維製品以外にもカタログのスペックでは品質の判断が出来ない商品はたくさんあると思います。ユーザーに、より商品を理解してもらって、購入後に「失敗した!」と言う経験をしないような情報を掲載するのはとても重要です。

また、オリジナルTシャツを受注するサイトでプリントの種類についての説明で「シルクスクリーンプリント」や「転写プリント」「インクジェットプリントプリント」「昇華転写プリント」などの選択肢がありますが、それぞれどんなプリントでどんな出来栄えになるのかもあまり説明がありません。プリントの色乗りの感じなどを伝える重要な情報になるはずの画像が小さく、どんな仕上がりになるのか分かりません。また、プリント面のゴワゴワ感や発色の違いなどについても詳細な説明が無いと、商品が届いてから「がっかり」することも有り得ます。プリントの選択肢について、ユーザーが判断できる情報はとても重要です。

また、商品自体の説明が十分にされていても、オプションについての説明が十分でないこともあります。オプションの選択になるとユーザーも面倒になって、つい「無し」を選択してしまいがちですが、重要なオプションをしっかりと選択してもらえるように、重要なものは重要とはっきりと伝えるようにしましょう。オプションも含めて商品なので、オプションについても、ユーザーが確実に判断できる情報を掲載しましょう。

WEBショップの場合、リアルの店舗のように実際の商品を触って、操作感を体験することも、商品の質感を感じることもできません。実際に商品を手に取ることができるリアルショップであれば、商品カタログ程度の情報でも大丈夫ですが、商品に触れることが出来ないWEBショップでは、商品について、もっともっと具体的な説明が必要です。普段から商品を取り扱っている人には当たり前のことでも、商品に触れたことの無い人にとっては情報が無ければ分からないので、運営者としては当たり前の情報も公開する必要があります。

商品について、全く知識の無いユーザーが、商品に実際に触れること無く、自社の商品のカタログに掲載されているスペックや商品説明だけでユーザーの疑問や悩みを解消できるのか、自問してみて下さい。多くの場合情報は不足しています。特にブランドの認知が低い場合は情報不足は致命的になります。自分では情報過多だと思うくらいの情報を掲載してもユーザーの疑問を完全に解消することは出来ないと思います。ユーザーの不安や悩みを完全に払拭できるコンテンツを掲載するようにしましょう。「こんなことまで掲載するの?」と思うくらいの情報を掲載して、はじめて商品知識の無いユーザーに納得してもらえるコンテンツになると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

良質なWEBコンテンツとはユーザーに喜んでもらえる情報です

良質なWEBコンテンツとはユーザーに学びや納得、感動がある情報です

商品の売り込みページはユーザーに喜んでもらえる情報ではありません

良質なWEBコンテンツを別の言葉に置き換えると「ユーザーに喜んでもらえる情報」と言うことができます。ですから、訪問販売の押し売りが代表的ですが、訪問販売の営業マンが家に来るとかなり警戒モードになります。しつこく商品の良さを話し続けられると、次第に断りにくくなってしまったりして、とても困ることがあり、自分自身の大切な時間を浪費させられてとても迷惑でもあります。商品の売り込みはユーザーが喜ぶ情報では無いので、コンテンツとは言えません。商品の売り込みページは企業側の都合の良いことだけしか書かれていないからです。一般的なECサイトはこの売り込みが詰まっているので、そこに書かれている情報はユーザーにとって有益では無く、決して喜んでもらえる情報では無いのですECサイトは押し売りではないので、買いたく無ければページから離脱すれば良いだけなので、押し売りのような負担は感じませんが、ホームページに書かれている情報は押し売りと同じです。商品の売り込みには、ユーザーの課題や問題を解決するような情報は書かれていません。この売り込みばかりがGoogleの検索結果に表示されれば、ユーザーは次第に検索しなくなるでしょう。このようなことになるのを避けるためにGoogleはコンテンツを重視するようになったのです。

ユーザーに喜んでもらえる情報とは、読んで楽しい情報、ためになる情報、問題や不満を解決出来る情報、生活や人生を豊かにする情報、新しい発見がある情報、健康に役立つ情報などです。ユーザーにとっては喉につかえた骨が抜けるような嬉しさがある情報です。

ユーザーが問題や課題に感じたことを検索窓に質問し、解決方法を探します。長い間疑問に感じていたけれど、解決策が見つからなかった問題を、検索した結果、解決策が詳しく掲載されているWEBサイトを発見すると、ユーザーにとってはとても嬉しい情報です。

ユーザーに喜んでもらえるWEBコンテンツを探すことは楽しいことです

ユーザーに喜んでもらえる情報が社内に無いかと考えたり、探したりするのは楽しいことです。そのコンテンツを読んだ時のユーザーの喜びや笑顔を想像すれば、決して苦痛にはならないはずです。会社の中には、ユーザーに喜んでもらえる情報はたくさんあります。しかし、それは普段仕事をしている人にとっては、毎日繰り返していることなので、あまりにも当たり前で、気が付かないことも多いのです。

嬉しい

普段会社の中でやっている一つ一つの作業や、管理している基準などを、「これは一般の人にとっては普通のことか?誰でも知っていることか?」と自問自答してみて下さい。そうすれば、普通で無いことや、一般には知られていないことが意外と多いことに気づくでしょう。このような一般には知られていないことの中に、ユーザーに喜んでもらえる情報があります。プロがやっている仕事は普通では無いことがほとんどです。プロフェッショナルな仕事であればあるほど、ユーザーにとっては予想外な情報を持っているものです。プロフェッショナルな仕事をしていれば、当然ユーザー目線で、ユーザーに喜んでもらえる商品を販売しようと思っているはずです。そのような視点で販売している商品の背景には必ずコンテンツがあるのです。ユーザーに喜んでもらえる商品を提供するためにこだわっていることは、ユーザーの商品に対する不満や問題を解決する情報かも知れません。また、品質管理で日々取り組んでいることは、ユーザーにとって新しい発見がある情報かも知れません。経営理念が生み出された背景には、人生を豊かにする情報があるかも知れません。

会社のなかでは、当たり前と思っていることや、当たり前にやっている行動の深い意味などを公開して、ユーザーに喜んでもらえる良質なWEBコンテンツになれば、双方にとって有益なことです。企業で働いている人たちにとっても新たな発見があるかも知れません。新たな発見によって会社に対する忠誠心が増すかも知れません。また、コンテンツを読んだユーザーから反応があれば、サイト運営に携わる人のモチベーションアップにも繋がります。日々行っている仕事をしっかりと一つ一つ見てみましょう。

企業の中にはコンテンツが溢れています。オイルショック、バブル崩壊、リーマンショックなど数々の不況を乗り越えてきた企業には必ずファンがいます。ファンがいなければとっくにその企業は市場から退場しているはずです。ここまで生き残っててきた企業のファンたちは、その企業の物語や商品に対する強いこだわりや信念を知っています。そのファンになってくれているユーザーが知っていることがコンテンツです。日々、企業で働いている人には分からないかも知れませんが、ファンなっている人たちは十分に理解しているはずです。

自社の固定客になってくれているユーザーになぜこのお店を利用してくれるのかを聞いてみるのも良いかも知れません。自分たちが気付いていないコンテンツを理解させてくれるかも知れません。

企業のファンになってくれているお得意様は、企業のどんなことに魅力を感じたり共感したりしているのか、調べて見るのも良いかも知れません。また、ファンになってくれているユーザーのライフスタイルを知ることで、発信するコンテンツのターゲットが分かってくるかも知れません。ファンなった人たちがどんなことで喜んでいただけたのか、喜んでいただけている本質が分かればコンテンツの発信は確実にファンを増やすことに繋がります。ユーザーに喜んでいただける情報をどんどん発信しましょう。

ユーザーにとって嬉しい情報を掲載する時に、とても簡潔な文章を公開してしまう場合がありますが、ユーザーが質問していることは、単に答えだけを求めているのではなく、その答えが導き出される背景まで公開して、ユーザーが他の人に説明できるくらい詳しい情報を公開しましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

ECサイトは決定的にコンテンツ不足です

商品カタログは決定的にコンテンツ不足です

インターネットで商品やサービスを販売するECサイトは、商品を実際に触ることが出来ないにもかかわらず、決定的にコンテンツが不足しています。

リアルの店舗であれば、実際に商品を触ることも出来ますし、分からない事は店員さんに聞けば良いので、商品の購入を決定するのに不安はありません。

ところが、インターネットで商品を販売すると言う事は、実際に商品を手に取って触ることも出来ないし、店員さんが近くにいるわけでもないので、商品について詳しく知りたいことや、分からないことがあっても、すぐに聞くことはできません。ユーザーは知りたい情報が無ければ、その情報があるECサイトを探し出して、別のECサイトへ移動して、知りたい情報があるECサイトから商品を購入します。

商品カタログを黙って置いて行く営業マン

商品カタログと同等程度の情報では、決定的に情報が不足しているのです。例えば、営業マンが見込み客の会社を訪問したら、商品カタログを広げてそこからセールストークをします。商品カタログだけ置いて帰って行く営業マンはいません。もし、実際にそんなことをしたら、その営業マンに対して大きな不信感を持つことになるでしょう。営業マンがセールストークをするのは、商品カタログの情報だけでは、ユーザーを納得させる商品に関する情報が足りないと感じているから補足説明をするのです。その説明には重要なキャッチコピーやコンテンツが含まれている場合があります。

ECサイトは商品カタログを置いて帰って行く営業マンと同じ程度のことをしているショップが多いのです。これは、良く考えればとても非常識なことをしていることになりますが、実際にショップを運営している人たちは、その非常識に気付いていません。商品カタログを置いて黙って帰る営業マンを実際に見たら絶対におかしいと言うはずなのに、自分のECサイトで同様のことをしていることを全く気にしていません。商品の開発の背景や商品について、特にユーザーの不便を解消できる部分の説明をしていないECサイトは、商品カタログを黙って置いて帰る営業マンと同じなのです。

全く会えない人を信頼してもらうには、かなりのコンテンツが必要です

ショップの店員さんや営業マンは実際にお客様と会話することで、自分自身の人間性についても信用してもらうように努めます。人間性が信用されなければ、商品も売れません。ECサイトはショップを信用してもらえるコンテンツも必要なのですが、運営している本人は自分自身は信頼に値する人間だと思っているので、信頼されるための情報をあえて出そうとはしません。また、自分を信頼できる人間だと表明することが恥だと思っているのかも知れません。しかし、ECサイトではその会社の経営者と直接会って話しをしたり、WEBマスターと会話することも出来ないのです。なので、会うことが出来ない人に信頼してもらう情報が必要なのですが、信頼を勝ち取るような情報もありません。全く会わない人から商品を買うのは勇気のいることです。全く会えない人に信頼してもらう情報は、簡単なプロフィール程度ではとても無理です。企業の経営者なら、全く顔を合わせずに取引を始めることがどれだけ普通ではないことか理解できると思います。そんな普通では無いことをしようとするわけですから、信頼を得るための情報はかなり力を入れて作りこまないといけません。

例えばカタログショッピングはECサイトと同様にコンテンツ不足ですが、カタログショッピングは運営している会社のブランド力と商品をカタログに掲載するには、バイヤーの目を通るので、商品は厳選されているとユーザーは感じることが出来ます。なので、運営会社にも商品にも信用があります。ECサイトはそのようなブランド力もバイヤーの厳選された商品である保証は無く、低いハードルで誰でもECサイトを開設することが出来てしまいます。リアル店舗であれば、ご近所のお店の店主とも知り合いで、人柄も分かっているので、信用して商品を購入できます。しかし、ECサイトはターゲットが全国や全世界です。そのショップは実際に存在しているのかどうかもユーザーには分からないので、最初から信用されていません。実際に存在しないショップにお金だけ払って商品が送られてこないなどと言う問題も起こっています。そんなユーザーの不安を覆すだけの情報を掲載しないとECサイトの発展はあり得ません。

ショップを信用してもらう情報も商品の情報も不足していて、商品が売れる訳がありません。自分自身が会ったこともないECサイトの経営者や、触ることも出来ない商品を疑ってかかっている人になって、自分のECサイトを見て下さい。ユーザーの疑いを払拭してファンになって商品を購入できる程の情報があるのか、客観的に見て下さい。疑いを払拭して、信用を勝ち取る情報は相当な情報量が必要なはずです。良質なWEBコンテンツと言うのは、そのような情報から始まります

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

経営者の経験はコンテンツです

経営者の葛藤や人格が滲み出るような情報は良質なコンテンツです

経営者の経験はコンテンツです

経営者が経営の中で経験することは、一般のサラリーマンではとても経験できない貴重な体験です。資金調達で銀行との交渉で苦労したことや、新規の販路開拓、商品開発、社員をまとめ上げる苦労など、それは色々だと思います。人生は一度しか無く、生産的で有意義な人生を送りたいと誰もが思っています。失敗や挫折は人間を豊かにする材料になりますが、多くの人たちは、出来れば避けたいことです。失敗や挫折を出来るだけ経験しないようにする情報や、失敗や挫折に直面している人に、その打開策を伝え勇気を与える情報はとても良質なコンテンツです。そもそも、ユーザーはWEBサイトを運営している会社の経営者と直接話しをすることは出来ません。会社を訪問するお客様とは直接話しが出来るので、その会話の中から自然に出てくる苦労話や経験から得た人生観などは、お客様をファンさせるものです。しかし、WEBサイトでは、経営者の経験などは自然に出てくるわけではありません。経営者の経験は書かないと伝わらないのです。

そもそも、経営者としての経験をホームページ上で公開しようとすると、善意をベースにした経営をしていないと、充実したコンテンツを作り出すことはできません。悪意がベースの経営者は他人に公開できる情報はあまり無く、他人を騙して利益を得ようとしていることを正直に公開してしまうと、炎上してしまうかも知れません。悪意に満ちた経営者はコンテンツを作ることが出来ず、善意の経営者はコンテンツをどんどん作り、検索でも上位に表示され、事業が発展し、悪意に満ちた経営者は駆逐されるようになれば、理想的です。インターネットでは情報を公開すればするほど、閲覧者が増え、善意の経営者のコンテンツにユーザーが集まり、悪意の経営者は選別されます。インターネットが無い時代は情報は公開するものでは無かったので、悪意の経営者も経営を続けることができました。インターネットで経営者としてのコンテンツを公開するのが当たり前になって、善意の経営者だけが生き残る時代が早く訪れて欲しいと思います。Googleが打ち出したコンテンツ重視は、善意の経営者を後押しする、とても良い方向だと思います。

経営者としてのコンテンツを公開すればするほど、新規の取引先は経営者の人間性を信頼して、安心して取引を始めることが出来ます。このように経営者の経験をコンテンツとして公開することは、その企業の奥底の姿勢を表明することであり、これは、コマーシャルで埋め尽くされたページからは絶対に伝えることは出来ません。また、良く見かける、経営者の趣味や座右の銘を書いた程度では、ユーザーの共感や信頼などは絶対に得ることはできません。

リアルの世界で、企業の取引が成立する場面でも。「最後は社長の人柄を信用して」と言うような場面もあるように、リアルの会話の中から滲み出る社長の人柄のようなものは、ネットでは書かないと全く伝わらないのです。直接会って話しをすれば滲み出るような経営者の人柄は、何もせずに滲み出ることはありません。経営者自身は善意で、お客様に喜んでもらえるような商品を売りたいとどれだけ思っていても、コンテンツとなって表に出さないと、誰も分かりません。書かないとダメなのです。

経営

経営者として歩んだ人生そのものもコンテンツです

経営者と言う職業はサラリーマンのような安定したものとは全く違い、経営者として生きる道を選択した時点で、普通では無い人生を歩む決断をしたことになります。経営者としての失敗や挫折、さらには成功体験も貴重なコンテンツです。また、一つ一つの決断に至るプロセスなども経営者百人百様だと思います。経営者の人となりを表明する情報は特にB to B(B2B)の契約を獲得したい企業にとってはとても重要な情報になります。閲覧者にとって、参考になったり励ましになったりする情報は書籍にして販売しても良いような情報も多く、そのような情報を閲覧できると言うのはWEBサイトの質を高めることになります。

上記のような情報は、一WEB担当者ではとうてい出せる情報ではありません。WEB担当者が経営者から聞いた情報を掲載したとしても、内容は必ず薄まってしまって、中身の濃い生々しい情報にはなりません。EB制作会社に依頼してライターに書いてもらうのも方法ですが、個人的にはWEB制作会社はWEBデザインやテンプレート、システムを依頼するところだと思っています。制作会社やプロのライターが書くフィルターがかかった美しい文章よりも、現場で実体験している生の声をそのまま掲載した方が、ユーザーの心を揺さぶると思います。経営者自身から滲み出るような情報こそが、良質なWEBコンテンツとなるものです。商品のスペック紹介のコマーシャルページは担当者で十分ですが、経営者ではないと書けない情報は、経営者自身が是非キーボードを叩いて欲しいと思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コミュニケーションは受け手側に決定権があると言われますが・・・・・。

コンテンツの良否は受け手側が判断するものです

コミュニケーションは発信者ではなく、受け手側に決定権があります。どんなコンテンツを発信しても、受け手側によって、良質かどうかの判断がされます。自分が良いと思って発信した情報でも、受け手側によって、良いと判断されたり、あまり良いとは思わないと判断されたり、まちまちです。Googleにもどんなコンテンツが評価されるか分かりません。

受け手側の人は多様で、一つの文章で全ての人が満足する良質なWEBコンテンツを提供することは、ほぼ困難です。自分が発信するコンテンツに期待はずれの評価をされることもあるかも知れません。受信者を想定してコンテンツを制作することを薦めるサイトもありますが、受信者を想定したとしても、情報を発信するのは、自分自身なので、想定した読者が求めるような文章が書けるとは限りません。情報の発信には発信者の癖があり、それは発信者それぞれの個性でもあります。コンテンツに発信者の個性が含まれないと味気ないコンテンツになってしまいます。

しかし、自分をさらけ出したり、自分の信じていることを発信することは、常に批判と隣り合わせです。批判を恐れていては、いつまでたっても良質なコンテンツを発信することはできません。また、より多くの人に好まれたいと思って当たり障りの無い文章を作ると、かえって変な文章になってしまったりして、強い主張が含まれなくなり、本来であればファンになってくれるはずの人も逃してしまうかも知れません。ユーザーは当たり障りのない文章よりも強烈な信念の主張のあるコンテンツに惹かれるのです。

コミュニケーション

人は、誰の目も気にせず、自分らしい状態が一番魅力的なのです。

例えば、お笑い芸人でもファンを増やそうとして、多くの人に媚びるような芸をすると、その人本来持っている魅力が消えてしまい。かえってファンを失います。彼らもコンテンツを提供している訳で、より多くのファンを求めて誰からも嫌われるリスクの無い中途半端な芸をするより、強烈な個性を表出して、少数であってもコアなファンを掴みたいと思っているはずです。サラリーマンにたまに見られるケースとして、上司などから強烈なプレッシャーを与えられて、自分の意思で判断できず、商談していても何を言っているのか分からないような人もいます。社会に順応しようとした結果。自分の自然な感情や欲求を押し殺したり、価値観を抑圧して我慢している状態になってしまうと、とても不自然で、人間としての魅力を感じなくなります。

これと同じように、発信したコンテンツが出来るだけ多くの人から肯定的な評価を得ようとして、八方美人になり、がんじがらめになってしまうと、不自然で、受け手側のほとんどの人たちが満足を得られない情報になってしまいます。コンテンツを発信する場合は特定のユーザーを想定することは重要ですが、より多くの人をファンにしようとして、不自然なコンテンツになることは避けるべきです。全ての人に好まれる文章にしようとすると、全ての人が何も感じない、全く感動や心を動かされることのないものになってしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんの天真爛漫で、エネルギーに溢れて、感情のまま、何の屈託も無い表情には周囲の人間も自然に笑顔になるものです。自分勝手と言う状態は、自分勝手に振舞って周囲の人たちを操作しようとしている状態で、そのような自分勝手と言う意味ではなく、何の制限も抑圧も無く、肩の力を抜いて他人を操作しようとしていない自然でありのままの人は多くの人から好かれます。誰の目も気にせず、萎縮していない伸び伸びとした自分らしい状態が一番魅力的なのです。

中小企業の場合インターネット利用者のごく一部が熱烈なファンになってくれれば事業は成立します。多くのファンを求めて不自然な情報を出すよりも、自然な情報発信に対して共感してくれるコアなファンを求めてコンテンツを発信しましょう。

自分自身を主張すればするほど、批判に晒される危険も増して来ますが、批判を恐れていては、いつまでたっても良質なWEBコンテンツを発信することは出来ません。自分自身をさらけ出して、批判されると、自分の全人格を否定されたような気分になるものです。自分の全人格を否定されることは、この世に存在する価値は無いと言われているようなものなので、人間としては一番避けたいことでとても怖いことです。しかし、そこは自分自身がこれまでにやってきたことを信じて、他人からの承認では無く、自己承認を強く持ち。アンチが出現しても良いと思うくらい、割り切って自分の信じることを遠慮なくどんどん表現して欲しいものです。表現すればするほど反応の返って来ます。その反応からさらにコンテンツを作って行けば充実した分厚いコンテンツを有するサイトへと成長して行きます。

声を上げて批判する人よりも、黙って承認してくれている人の方が遥かに多いのですから。自信をもってコンテンツを発信しましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

お客様とのやりとりやクレーム対応もコンテンツになります。

お客様とのやりとりは企業のユーザーに対する姿勢を表す良質なコンテンツです

店頭やWEB上でのお客様とのやりとりも、十分に良質なコンテンツになります。お客様に非常に喜んでいただいたやりとりや、クレーム処理などもとても重要なコンテンツです。

通常の販売活動の中で、お客様に感動していただいたことや、逆にお客様から感動させられるメッセージを頂いたと言う経験などはとても貴重なことで、良質なWEBコンテンツになります

また、クレームが発生した時の対応は、その対応が良ければお客様に感動すら与えることが出来るとても貴重な機会です。クレームが発生した時の対応は、その企業のお客様に対する姿勢を的確に表すものです。クレームが発生した時には、自社の被害を最小限に防ぐことよりも、お客様の不満を解消することを最優先するべきです。クレームに対して定型文を返信するような対応だと、ユーザーから信頼してもらえないどころか、かえって反感を持たれてしまう可能性さえあります。クレームがあった時の最初の対応を誤ると、お客様から不信感を持たれてしまい、その後どんな対応をしても納得していただけないこともあります。

不満に思った人のクレーム率はアメリカで4%以下、日本の場合は1%以下だと言われています。ましてや会社のホームページを探してクレームをする人は0.1%以下です。WEB上では一人のクレームの後ろに1,000人のサイレントクレーマーがいることになります。なので、表面化したクレームで得られた情報は企業を改善する大きなチャンスです。

クレーム

クレームは宝の山です。対応いかんによってファンを作ることもできます

クレームは会社にとって宝の山で、売上の伸びを抑えている要因をお客様が明確に示してくれていることになります。そのクレームの再発防止策が確立できれば、企業にとっては大きな財産になります。一つ一つのクレームに十分な対応をすることで、同じ不満を抱く多くのユーザーの問題解決につながるのです。このクレームの再発を防ぐことが出来れば、商品を購入して不満を持つユーザーが減り、リピーターが増え、売上を大きく伸ばすことが出来ると言うことです。

クレームが発生した時に、まずお客様への処置としてどんなことをしたのか。その処置でお客様は納得いただけたのか。あるいは、その処置でかえってお客様を怒らせてしまったとかであっても正直に公開しましょう。特にお客様を怒らせてしまった経験はとても大きな学びとなって、社内で共有できれば、会社としても貴重な財産になります。二度としてはいけないこととして社内の戒めとして残すと良いでしょう。さらに、再発防止策は徹底した原因究明が必要です。QCストーリーに従って、「現状の把握」「現状の解析」「対策の立案」「対策の実施」「効果の確認」「歯止め」の手順で確実な再発防止策を実施しましょう。特に「現状の解析」の段階がとても重要で、ここで、徹底した解析を行うことが出来れば、対策は自然と出てきます。逆に言うと、「解析」をいい加減に行うと、対策は的外れになって、再発防止策を実施しても、同じクレームが無くなることはありません。QCストーリーに従った再発防止策が生まれるまでの手順は記録して残しておきましょう。

この再発防止策を検討している時の社内の人たちのやり取りや、「解析」の時に色んな角度から情報を分析したり、「なぜ?」「なぜ?」と原因を深く掘り下げることなどを、できるだけ克明に閲覧者に伝えるようにすることで、企業の真摯な態度がお客様に伝わる良質なコンテンツになるのです。ユーザーを大切にしていることが伝わればファンになってくれるユーザーも増えることになります。逆に言うと、多くの会社がコンテンツを公開するようになると、ユーザーとのコミュニケーションの質が公開されるようになるので、いい加減な対応は出来なくなります。質の高いコミュニケーションをしている企業がコンテンツを公開するし、いい加減なコミュニケーションをしている企業は情報を公開できなくなります。ユーザーを大切にしていないことがバレてしまうからです。ユーザーのクレームに対して真摯な態度で再発防止策に取り組む姿をユーザーに伝えることで、ユーザーの共感や感動を生み、安心して購買していただけるようになります。

ユーザーのクレームに対する企業の対応は、ユーザーに感動を与える良質なWEBコンテンツになります。クレーム対応は企業のお客様に対する姿勢を明確に表す情報です。問題無く商品の受け渡しが出来ている時は何もユーザーに不満を与えることが無かった企業が、クレームがあったとたんに急変して抑圧的な態度になる場合もあります。そのような態度をしてしまうと、とたんにSNSで拡散されて大きな批判が集まってしまいます。ユーザーのクレームに対して正面から向き合い、自社の不備に対して精一杯の対応をすることをユーザーに分かってもらえるようにコンテンツを公開しましょう。企業の真摯な態度は必ずユーザーの共感を得られるはずです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

自分に合った商品を選ぶ手助けをするのもコンテンツです

ユーザーが迷う商品選定を望み通りの商品を選べる情報もコンテンツです

ユーザーが迷ってしまうと注文にはつながりません

自社の商品をただ羅列しただけでは、ユーザーはどの商品が自分にとって最適なのか分かりません。せっかく興味を持ってサイト内の商品を見てくれているのに、結局迷ってしまって、何も購入しないことになることは多いのです。

ユーザーを迷わせている状態では、良質なコンテンツだとは言えません。ユーザーが迷わないようにする情報はユーザーにとって価値ある情報です。

自社の商品をユーザーが解決したい問題別に紹介すると、ユーザーが商品選定で必要以上に迷うことが無くなります。

迷う

ユーザーの不安を解消するコンテンツも重要です

ECサイトでは、実際に商品を手に取ることは出来ません。試着も出来ません。なので、実際に商品が届いてから、「合わなかった」と言う事態になるのをユーザーはとても不安に感じています。

この不安を解消できる情報は良質なWEBコンテンツです。ユーザーが感じる不安をいかに解消するか。これは、制作者がユーザーの側に立ったコンテンツ発信が出来るかどうかにかかっています。

Googleの理念と同様に制作側もユーザーファーストを徹底することです。「自分が商品やサービスを利用する立場だったら、このホームページを見て商品やサービスを購入するだろうか?」と自問して見て下さい。

全く商品知識の無いユーザーになってみて、商品の情報が十分に掲載されていて、何も疑問に感じる部分が無い状態にまでなっているかを確認して下さい。自分自身が扱っている商品の場合、予備知識があるので、不十分な情報しか掲載されていなくても自分で情報を補完してしまうので、不十分で閲覧者が十分に理解できないまま公開されてしまうことがよくあります。

自分自身が全く商品について知らない人になることが難しい場合は、商品に付いて全く知らない人にホームページを見てもらって感想を聞くのも良いでしょう。その場合、ただ感想を聞くと漠然とした回答しか得られない可能性があるので、感想を聞きたい項目をリストアップして、プリントアウトして、ユーザーに回答してもらうと良いでしょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

新商品の開発、あるいは採用のプロセスも良質なWEBコンテンツです

ユーザーの不満を解決できる商品開発ストーリーは良質なWEBコンテンツです

新商品を開発するとか、新しい取り扱い商品を選定する場合の社内で検討される内容や採用を決めた決定的な部分は、ユーザーの不満を解消するためにユーザー視点で商品の採用や開発をしたもので、良質なWEBコンテンツになります

新商品採用の決め手

新商品を採用する場合。下代が安いので、利益が上がると言う理由で採用することもあるでしょう。また、取引条件が良い新規取引先からの提案があって、その企業との取引へ変更する場合もあるでしょう。企業は利潤追求が目的である以上、そのような採用理由ももちろん正しい選択だと言えます。しかし、多くの場合、ユーザーの立場に立った商品選定をしていることも当然あるはずで、ユーザーのどのような不満を解消するために採用したのか、それは品揃えなのか、あるいはある部分の違いによって商品が使いやすくなるなどの品質の向上や機能向上など、これまでの商品でユーザーがどんな不満を感じていて、どうやって解決できるのかなど、商品選定を決定付ける違いについてユーザーに伝えることは、既存の類似商品について不満を持っている場合には問題解決になりますので、コンテンツです。多くの場合、画期的な商品が登場して来ることはあまりありませんので、商品の改良された部分はごく一部だと思いますが、それでもこれまでの不満を解決できることは凄いことなので、その部分については十分に突っ込んだ説明が必要です。問題解決について十分に納得できる情報が掲載出来れば、そのコンテンツはコンバージョンにつながります。コンバージョンにつながるコンテンツが理解できれば、他の商品でも同様のユーザー視点の情報を公開して行けば、良質なWEBコンテンツが蓄積されるようになります。通常コンテンツが直ぐにコンバージョンに繋がることは滅多にありません。商品についてのコンテンツは商品の売り込みでは無く、ユーザーの不満や疑問を解決するものでなくてはいけません。これまでの商品を使用していて「なんでこうなるの?」とユーザーが疑問に思う商品の欠点の原因などをきちんと説明し、その疑問や問題の解決策を明示することでユーザーが「なるほど!」と思うコンテンツとなります。

新商品開発

新商品開発秘話はコンテンツです

さらに、新商品を開発する場合は、既存の商品にどのような問題があり、のどのような部分を改善しようとしたのか、ユーザーのどのような不満を解消しようとしたのか、ユーザーが商品のどんな部分に不満があるのかをアンケートなどのデータで捉えている場合はそのデータも公表しましょう。その不満が生まれる原因は何だと考え、その不満を解消するために選んだ手段。それを実現するために、素材の選定。実際に試した素材によっての結果の違いや、設計段階でどこをどう変えたのか。形状の変更であったり、内部構造の変更など、なぜそうしなければいけなかったのかなど、設計でこだわった部分。そこは企業秘密の部分もあるとは思いますが、出来る限り公開しましょう。試作で発生した問題。その問題は何に起因していたのか、その問題をいかにしてクリアーしたのか。量産に入った時の品質維持。設計や試作段階で壁にぶつかって挫折しそうになったことや、様々な成功体験や多くの困難を乗り越えた体験。さらにはテストマーケティングで発生した問題。実際に出来上がった商品を持って営業した時のプレゼンテーションの反応。販売を開始してからのお客様の反応など、新商品の開発には一つの物語があると思いますので、それを時系列に、そして、その時々で沸き起こる感情などもユーザーに伝えることで、商品に対する共感なども得られるコンテンツになります。以前の商品と新商品の性能比較やユーザーの不満がどれだけ解消できたのかなどのデータが取得できればそのデータも有効です。商品開発でも画期的な商品が生まれることは希なことなので、ユーザーの不満を解消できる部分は僅かかも知れませんが、少しでも不満を解消できる商品を開発することは凄いことなので、その部分を十分に深く掘り下げて情報を発信しましょう。また、商品開発がこれまでと全く違った視点で開発できると、画期的な商品になる場合もあります。その場合は、その画期的なアイデアがどうして生み出されたのかも含めてコンテンツにしましょう。そもそも、新商品開発はユーザー視点じゃないと、ユーザーに受け入れてもらえる商品を作ることはできません。ユーザー視点で開発した商品をユーザー視点でコンテンツにしてユーザーに伝えることは当然のことです。ユーザー視点で開発した商品の数々の困難を乗り越えるストーリーはユーザーに感動を与えることが出来るとても良質なWEBコンテンツです。

新商品開発秘話はNHKの「プロジェクトX」でも番組として放送されていてかなりの人気番組でしたので、十分なコンテンツです。商品開発でぶち当たる障害も開発者であれば当たり前と思っていて、障害と感じていない場合もあります。開発者にとっては日々のことなので当たり前と感じていても、一般人からすれば物凄いことをしていることが多いので、開発段階で経験することは出来る限り克明に公開すると、読み応えのある良質なWEBコンテンツになります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める