コンテンツマーケティングによって広告費を節約できます

契約が切れると露出も無くなる広告とは違い、コンテンツは永続効果があります

インターネットが普及する前は、一般の人たちは情報を得るためには、マスメディアから一方的に流される情報から取得するしか方法はありませんでした。しかし、インターネットが普及して、情報は検索して見つける時代になると、自社商品の良さをひたすら押し付ける広告は、情報過多の現在ではユーザーから敬遠されるようになりました。これまでの広告は、特定のチャネルに配信することで、膨大なユーザーにリーチすることが出来ました。しかし、リーチできるユーザー数が多いほど、コストもかかり、さらに検索エンジンの発展でユーザーが情報を探すようになると、広告は信用されなくなり、広告のコンバージョンが下がって来ました。

また、広告は配信した時だけしか効果が無く、配信を停止すればすぐに効果は失われます。つまり、お金を支払っている時だけ、アクセスを稼ぐことが出来ますが、お金の支払いを止めるとアクセスは減ってしまいます。ネット広告では無くマスメディアの広告はその効果測定が困難で、継続している広告の配信を取りやめる決断をするのも難しいことがあります。私の知り合いの旅館経営者も「テレビのコマーシャルを続けているけど効果が分からないので、止めたらどうなるかも分からないので止められない」と言っていました。

広告は露出やクリックをお金で買うことなので、お金の支払いが無くなれば、当然効果は失われます。なので、効果を維持しようとするとお金を支払い続ける必要があります。さらに広告は掲載できる時間や文字数に制限があり、企業や商品の情報を十分に伝えることが出来ない媒体で、ユーザーに興味を持ってもらうだけしかできなかったのです。

広告

コンテンツマーケティングは永続効果があります

これに対して、コンテンツマーケティングは、質問に対する回答を求めている購買に近いユーザーに情報を提供することにより、ユーザーが疑問に思っていることの解決策を提供し、潜在顧客を顕在顧客へと導くものです。コンテンツはユーザーが検索で探している質問への答えで、ユーザーの疑問を解消する有効な回答が出来れば、その情報に触れたユーザーはその企業の情報に納得し、企業のファンになり、最終的には商品を購入してくれるようになります。WEBサイトに掲載するコンテンツは広告のような文字数の制限も無く、ユーザーが納得できる情報量や企業側が掲載したい量を制限無く掲載できます。広告は企業側から一方的に押し付けられるものですが、コンテンツは企業とユーザーのコミュニケーションによって、不足しているコンテンツも理解でき、不足している情報は随時追加でき、企業側さえコンテンツの充実の意志があれば、コンテンツはどんどん良質なものになり、ユーザーにとってもどんどん有益なものになります。有益なコンテンツが多くなってくると、いろんなキーワードでユーザーを集めることが出来、想定外のキーワードでもユーザーが訪れるようにり、いろんなユーザーがファンになってくれる可能性があります。なので、コンテンツマーケティングでユーザーを想定して絞り込んだコンテンツを公開しても、コンテンツが増えると、想定している顧客とは違うユーザーもコンテンツを読んでファンになってくれる場合があります。想定している顧客とは違うユーザーは企業としてメインにしているユーザーではないかも知れませんが、企業として想定していなくて、今まで取りこぼしていたユーザーかも知れません。ユーザーとコミュニケーションすることによって、新たなユーザーを発見する機会になるのです。ユーザーの幅が広がる場合は、そのユーザーをこれから新たなターゲットとして獲得に向かうのか、今後も対象とするユーザーとは考えないのか、慎重に判断してください。想定外のユーザーからのアクセスや問い合わせがあるのは、企業としては貴重な情報です。

このようにユーザーを惹きつける良質なWEBコンテンツは制作時にはコストがかかりますが、掲載することで新たなコストが発生することはありません。また、その情報が時事ネタのような旬の情報で無ければ、ほぼ永久的に掲載を続けることが出来ます。そして、掲載するWEBコンテンツの厚みが増すと、いろんなキーワードでユーザーを引き込むことが出来、企業として想定していなかったユーザーを発見することが出来る可能性があります。コンテンツが増える毎に、アクセスを増加させユーザーも広げて行きます。広告は露出やアクセスにコストがかかり続けていましたがコンテンツは制作コスト以外はかかりません。

これまで、広告で呼び込んでいたアクセスはお金と引き換えだったのが、コンテンツは、初期の制作コストを除けば、掲載には新たなコストはかかりません。コンテンツそのものの魅力によって、コストを掛けずにアクセスを作り出すことが出来、コンテンツを読んで、納得や感激、感動、学びがあると購買につながります。良質なWEBコンテンツであればあるぼど、購買につながるものとなります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください