コンテンツマーケティングはコマーシャルに近い情報です

購買に近いコンテンツの公開

近年話題になりはじめたコンテンツマーケティングは、「WEBコンテンツって何?」のカテゴリーで述べた広義のコンテンツから、よりユーザーの購買動機に結び付きやすいコンテンツを一貫して掲載して、ユーザーにとって最適な商品を購入する手助けをする情報を掲載して、最終的に購入に結び付ける手法です。

ユーザーは自分にとって必要な情報は、検索して探し出そうとします。「WEBコンテンツって何?」で述べた広義のコンテンツはユーザーの購買に直結する情報では無く、偶然に見つけられて読み進めるうちに、その企業のユーザーや商品に対する真摯な態度を伝えることで、ファンになったりする情報です。コンテンツを読んですぐに商品を購入するユーザーはほとんどいません。ですから、コンテンツは非常に長いスパンでファンなったユーザーが商品を購入してくれるまで待つ必要がありますが、一度購入していただくと、固定客となって、リピートの可能性も非常に高くなります。

これに対して、コンテンツマーケティングは特定のユーザーを想定して、そのユーザーが探していると思われる商品に近い情報をコンテンツとして公開して、商品に対する疑問や、感じている問題を解決できる情報を公開して、WEBサイトに対する信頼を獲得して、比較的短いスパンで購入につなげるものです。また、一度ファンになったユーザーをリピート顧客とすることも想定しているものです。

コマーシャル

ユーザーを絞り込んで情報発信するコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

コンテンツは不特定多数に情報を公開しますが、コンテンツマーケティングはそれよりもユーザーを絞り込んで、特定の情報を探している人に対してピンポイントで伝える情報です。コマーシャルはさらにユーザーを絞り込んで、購入を検討している人に商品を売り込むもので、広告のリンクしているページは注文ページでそこにコンテンツはありません。コンテンツマーケティングは広義のコンテンツの中でもコマーシャルに近い情報でユーザーの商品に関する疑問に答え、コンテンツを公開している企業の商品が自分に最適だと理解してもらい、ファンになって購買につなげるものです。

インターネットが普及する前は、商品に関する情報はコマーシャルしか無く、ユーザーはコマーシャルを信じて商品を購入するしかありませんでした。インターネットが普及すると、以前に比べると今の社会は、情報が溢れておりユーザーは情報過多になっています。そんな中で一方的に売り込みをするコマーシャルにユーザーは辟易としていて、一方的に押し付けられるコマーシャルは拒否する傾向にあります。一方で、欲しい情報は検索してもなかなか見つからない状態になっています。それは、多くの企業のWEBサイトも基本的にはコマーシャルでしか無く、ユーザーが求める良質なWEBコンテンツが無いからです。企業のWEBサイトがコマーシャルしか掲載されていないと、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。このような状況の中で、コンテンツの掲載を始めると、その情報に共感したり感動したりしたユーザーは、その情報をソーシャルメディアで共有されたりblogからリンクがもらえたりします。被リンクとコンテンツの内容を含めてGoogleから評価されると、検索順位は向上します。コンテンツによって検索上位を獲得し、コンテンツを継続して掲載を続けると、遅れてコンテンツを公開する企業はなかなか追い越すことが出来なくなります。競合他社が先行してコンテンツを掲載するようになると、長期的にアクセス、コンバージョン共に低下して行きまので、そうなる前に他社に先駆けてコンテンツの公開を始めましょう。

コンテンツマーケティングでは、特定のユーザーを想定してそのユーザーの商品に対する疑問について徹底して掘り下げた良質なWEBコンテンツをピンポイントで提供し続ける必要があり、企業内でも相当な情報収集が必要です。また、ユーザーがどんな疑問を持ち、どんな情報を求めているのかも十分検討する必要があります。特定のユーザーを想定するのは、商品企画の段階で、ユーザーが明確に想定されていないと絞込み出来ません。ターゲットユーザーを明確に定義できていれば、コンテンツマーケティングで発信する情報もユーザーとのマッチングも上手く行くでしょう。

ユーザーにとって最良の商品を購入するための手助けになる情報を公開するには、自社の商品を使用するシーンを明確に想定していないと公開できません。商品開発の段階で、ターゲットユーザーの生活様式や使用シーンを想定しているはずで、どんな使用シーンなら、他の商品よりもユーザーの不満を解消できるのか、それは、何が違うからなのか、この情報で商品に対する深い知識を伝えることで、ユーザーがそのWEBサイトに対する信頼を感じて、「このショップなら間違い無い」と思わせる情報を公開できれば、有益なコンテンツで、コンバージョンに繋がります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください