情報を探している潜在顧客を新規顧客に変えるコンテンツマーケティング

購入を具体的に検討していないユーザーを新規顧客に変えるコンテンツマーケティング

潜在顧客は、顧客になる可能性があるターゲット層ですが、実際の購買時期が具体的になっていない状態のターゲット層をこう呼んでいます。商品の購入意欲がそこまで高くは無いと言うことです。

例えば、将来に備えて自身が関係する特定分野の情報をなんとなく収集しているとか、すでに問題や課題を認識してはいるものの急がなければならないわけでもないのでヒントになる情報だけ取得したいとか、商品選定を始める前の段階にあるターゲット層です。

この状態のターゲットと人間的に信頼関係を築けたとしても、製品やサービスの内容の詳細な説明は効果が限定的で、労力を掛けても顧客になり得る可能性は低いと言えます。

潜在顧客は情報を求めているユーザーです。このユーザーは商品の購入を具体的に検討している訳ではありません。この潜在顧客が求める情報に触れることによって、商品に対して興味を持ってもらったり、企業のファンになったりして、長いスパンで購買につなげるのがコンテンツマーケティングです。

潜在顧客

潜在顧客の質問は超ロングテールキーワードです

潜在顧客は明確に商品を求めていませんが、生活の中で感じた疑問や不満を解消するために検索窓に質問します。質問はユーザーそれぞれ多様で検索ボリュームはとても小さいものです。検索ボリュームが少ないロングテールキーワードで検索する人は、質問の回答を渇望している人で、その回答を掲載しているWEBサイトに出会うとユーザーはとても嬉しく、望む回答を得られると、そのWEBサイトのファンになってくれる可能性が高いものです。

商品の購入を具体的に検討していないユーザーが認識している課題や問題に対して明確な解答が掲載できれば、将来購入に繋がります。具体的にユーザーが課題や問題と感じていることが何なのかが分かれば、ユーザーに良質なWEBコンテンツを提供できますが、ユーザーが求めている情報はいろんなツールを使って想像するしかありません。コンテンツを作り続ける方法でユーザーが求めている情報からコンテンツを作り出す方法を紹介しています。

商品の購入を明確には決めていない潜在顧客が、自分自身で感じている課題や問題について、検索した時に、ユーザーが感じている問題を解決できるコンテンツを掲載できれば、ユーザーは具体的に購入を検討するようになるかも知れません。

コンテンツマーケティングに繋がるコンテンツはユーザーが課題や問題を感じている事柄なので、商品と関連した情報です。商品と離れた情報で地域とのかかわり経営者の経験はコンテンツではありますが、コンテンツマーケティングには繋がりにくい情報です。このような情報はかなり長い時間をかけてファンなってもらう情報で、即効性はありません。ただ、ユーザーは出来る限り多く獲得したいので、商品の購入の検討には繋がらないような情報でも、企業のファンになってもらえる情報は優先順位は低いですが、出来る限り掲載するようにしましょう。

プロだからこそ分かる情報がファンを作ります

ユーザーが感じている課題や問題について明快な回答を掲載すると、ユーザーはそのWEBサイトを運営しているショップに対してプロとしての専門性に信頼感を持ちます。例えば、健康の問題があって、その病名や処方をインターネットで調べる時には、素人の経験談よりも、医師の情報を信頼します。インターネット上には溢れる程の情報がありますが、ユーザーが信頼するのはプロの情報です。その道のプロとしての確かな情報が詳しく公開されていると信頼感が増します。さらにユーザーの疑問や課題について、回答の根拠についても詳しく掲載するとさらにプロとしての専門性を強く印象付けることが出来ます。

ユーザーの疑問や課題について、単純に回答を掲載するだけでは無く、なぜそうなのか、それ以外の方法だとなぜダメなのかなど、プロじゃないと分からない情報を掲載することでユーザーから強い信頼を得ることが出来、そのWEBコンテンツに納得したり共感したユーザーが新規顧客になってくれるのです。

問題や課題を解消する情報を求めていたユーザーが、その疑問に対する明快な回答に触れることで、ショップに対して信頼を寄せるようになり、信頼が購入へと後押ししてくれるようになります。疑問に対して明快な回答をしてくれるショップに対して親近感を持つようになり、このショップで購入すれば間違いないと思うようになり、購入を具体的に考えていなかったユーザーの購入が早まることもあります。プロじゃないと分からない情報を具体的に明確に公開することで、ユーザーから絶大な信頼を寄せられるようになると、その情報が他のユーザーにも共感をもたらすようになり、さらに公開したWEBコンテンツが別のユーザーから信頼を寄せられるようにとファンをどんどん作り出すようになり、積み上がったコンテンツが多くのユーザーを獲得するようになって行きます。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください