コンテンツマーケティングは商品や企業への理解を深めるものです

コンテンツマーケティングは長期的に商品を理解してもらうものです

継続してコンテンツを公開し続け理解を深めること

コンテンツマーケティングは、これまでの購買目的のユーザーの集客に重点を置いたマーケティングではなく、継続的に訪問してくれて、長期的に購入に繋がるユーザーを中心にすえたマーケティング戦略です。

まずはヨーザーにとって嬉しい情報、学びのある情報など、魅力的なコンテンツを公開し続け、継続的にコンテンツへの訪問してもらうこと。そして、ユーザーにコンテンツを読みつづけてもらうことで自然と商品・サービス・企業の姿勢への理解を促し、長期的にコンバージョンにつなげる。これがコンテンツマーケティングの一般的な方法です。

重要な事は、あくまでコンテンツは商品を売るコマーシャルではなく、長期的に自然と商品や企業の姿勢への理解を促すものだと言う事です。

理解

漠然とした疑問や問題を感じている顧客に対する情報

コンテンツマーケティングの対象になるユーザーは、商品を購入する程までニーズは高まっていませんが、現在使用している商品に対して、漠然とした不満や問題を感じているユーザーです。このユーザーが感じている問題の解決策を何気なく検索した時に表示される情報がコンテンツです。

この疑問や問題を解決できる情報に対して、プロとしての高い専門性を公開できると、ユーザーはそのコンテンツに対してとても興味を持ちます。興味を持ち始めると、もっと詳しく知りたいと思うようになり、コンテンツがあったサイトを再び訪れるようになります。

訪れる度に新しいコンテンツに触れて、商品に対する理解が深まると、この専門家が勧める商品なら間違いないと、そのショップのファンになって、商品が必要になった時にはそのショップから商品を購入してくれるようになります。

継続してコンテンツの公開を続けるのは大変なことです

コンテンツマーケティングを行う場合に一番大変なのは、継続的に訪れる顧客に対して、常に新しいコンテンツの公開を続けて行くことです。以前、メルマガの発行を行っていた人には分かると思いますが、最初の10本ぐらいまでは何とかなるのですが、次第にネタ切れになってしまって、メルマガの発行自体が苦痛になってしまうと言う経験をされた方も多いのではないかと思います。

コンテンツは商品そのものについての情報だけでは無く、企業としての姿勢や品質に対する取り組みなど、企業活動のほぼ全てがコンテンツとなりうる情報です。

商品についてのコンテンツでも、現場のプロに聞けば、どんどん深い情報を出してくれるかも知れません。一つの商品の一つの問題点についてのコンテンツを深く深く掘り下げて行けば、3件ぐらいのコンテンツを公開できると思います。続けて同じ商品の他の部分の問題点で3件、と続けて行き、一つの商品が終わったら、次の商品の一つの問題へと移って行き、ある程度時間が経過したら、最初の問題についてのコンテテンツの見直しをしたりして行けば、相当な情報を公開出来ます。

実際にコンテンツマーケティングを継続して行うのは、かなり大変でかなりの覚悟も必要です。しかし、ユーザーはこれまでのただ、商品が良いと言い続けるコマーシャルに辟易としており、コンテンツを求めていますが、実際にはまだまだWEBコンテンツはそんなに多く公開されていません

コンテンツマーケティングには時間が必要です

コンテンツマーケティングの効果が表れるには、かなりの時間が必要です。また、効果測定も難しいと思いますので、コンテンツマーケティングの担当者はモチベーションを維持するのも難しいと思いますが、コンテンツを公開することによってGoogleから評価されて検索順位が上がって行くことなどを自分への評価だと思って頑張るようにして下さい。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください