コンテンツマーケティングはコンテンツを利用した売れる仕組みです

マーケティングは売れる仕組みを作ることです

コンテンツマーケティングの前にマーケティングについて理解しましょう

どうすれば顧客のニーズを満たすことが出来るのかを考えて、そのサービスや商品を作り出し、顧客に価値を届けるプロセスです。

ドラッカーは「マーケティングの究極の目標はセリングを不要にすることである」と述べています。※セリングは売り手が、ユーザーを説得し、納得させて購入させる技術です。

マーケティングは商品があることが前提では無く、まず、ユーザーがどんなニーズを持っているのかを調査し、商品やサービスを作り出し、商品を知ってもらい販売を成立させることです。

マーケティングを実施するためのマーケティングプロセスは、まず、社内外の環境を分析します。SWOT分析などで、自社の強み、弱み、社外の機会と脅威を確認して、大きな方向付けをします。

売上高や利益額、利益率、シェアなどの数値でマーケティングの目標設定をします。

次に、マーケティングの対象を類似した購買行動を行う集団に細分化して、マーケティングで最適な集団をセグメントします。セグメンテーションの結果から、ターゲットとなる標的市場を定めます。どの市場をターゲットにするかは、環境分析の結果も判断に加えます。地理的基準では、気候や地域、人口などで特定の地域をターゲットとしたマーケティングを開発します。人口統計的基準は年齢、性別、家族構成、職業、所得などで細分化するものです。心理的基準は、価値観やライフスタイルを訴求するものです。行動変数基準は、頻繁に購入する層、商品に非常に詳しい層、ロイヤルティが高い層など、購買行動を捉えてセグメンテーションを行います。

ポジショニングは自社の商品を差別化できる優位な地位を確保するものです。

マーケティングミックスは、製品、価格、流通、プロモーションがターゲットやポジションと合っているかを検討します。

自社の商品を最適な集団と細分化した市場で差別化できる優位な地位を確保して、ターゲットに合う製品、価格、販売チャネル、プロモーションを行って売れる仕組みを作ることです。

つまり、マーケティングは自社の強みなどを生かして、商品を求めているユーザーがいる市場に商品を投入して、差別化できる優位な地位を確保して、ユーザーを説得し、納得させて購入させる技術が無くても商品が売れる仕組みを作ることです。

マーケティング

購買意思決定プロセス

商品を購入する時は、いきなり購入する訳ではなく、購入前に何らかのプロセスがあるのが普通です。購入を決定するプロセスは、問題認知、情報探索、代替品評価、購入決定、購入後の行動です。

問題認知、ユーザーが何かが必要だと問題を認識することです。

情報探索、ニーズを満たす商品を探すための情報を得る段階です。この段階はこれまで、コマーシャルや商品カタログなどしかありませんでしたが、インターネットに情報が溢れるようになると、ユーザーは自ら検索して、自分が必要な情報を探すようになりました。この情報探索の段階が、一般的なマーケティングとコンテンツマーケティングで大きく違う部分です

代替品評価、情報収集によって得た情報から、購入する商品の候補を比較して評価するものです。この段階も情報が格段に多くなった現在では、ユーザーが検索で情報を得るようになりました。

購入決定、代替品評価で最も高い評価を得た商品を購入します。

購入後の行動、ユーザーは購入前に商品に対して期待を抱きますが、期待以上であれば満足しますが、期待以下であった場合は不満を感じ、次の購買行動に影響を与えます。

マーケティングとコンテンツマーケティングの決定的な違いは情報探索です

コンテンツマーケティングは従来のマーケティングと良く似ていますが、プロモーションにコストがかからなくなっているので、セグメンテーションは厳格に定める必要が無くなりました。これまでのマーケティングではプロモーションに使うメディアや媒体をどう選定するかによって、リーチできるユーザーが決まりましたが、コンテンツマーケティングの場合は、公開するコンテンツによってGoogleが適切なユーザーに情報を提示してくれるので、セグメンテーションを厳格ににしなくても、コンテンツの内容によって、自然にセグメンテーションが出来ることになります。

ユーザーはコマーシャルを信用していません

そして、決定的な違いは情報探索の仕方です。これまでのマーケティングは企業側から一方的に送りつけられるコマーシャルから判断するしか方法がありませんでした。これがインターネットの普及により、膨大な情報がWEB上に掲載されるようになると、ユーザーは求める情報を自ら検索して探し出すようになり、企業側から一方的に送りつけられるコマーシャル(売込み)を拒否するようになりました。さらに、自社の商品をひたすら良いと言い続けるコマーシャルを信用もしなくなったのです。

そこで、ユーザーが求める情報はその商品が自分の生活の問題をどのように解決してくれるのか、どこの構造や素材が優れているから問題が解決できるや、プロとしての商品の見分け方や商品に対する愛情、その商品のプロだから知っている情報など、今までのコマーシャルでは出てこなかった情報を求めています。

情報探索の段階で、ユーザーにとって嬉しい情報や学びになる情報、納得や感動が得られるWEBコンテンツを公開することによって、ユーザーから共感されるのです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください