マーケティングとWEBマーケティングとコンテンツマーケティング

広告費の負担から開放されるコンテンツマーケティング

マーケティングとは

マーケティングとは「商品が売れる仕組みを作る」や「ユーザーが真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、ユーザーがその価値を効果的に得られるようにする」ことです。市場調査を行いユーザーの地理的、人口統計的、心理的、行動変数などで細分化し求めている商品やサービスを把握します。市場調査には、面接法、電話法、郵送法など色んな方法がかりますが、どの方法にしてもそれなりのコストが発生します。把握した情報を元にターゲットを想定して、想定したユーザーに最適な商品やサービスを検討し企画します。想定しているユーザーが求めているベネフィット(商品から得られるメリット)を提供できる商品をテストマーケティングなどを行い、問題があれば修正を行い、修正が完了したら生産し市場に投入します。開発する商品は差別化されていて他社に対して優位性のあるものか、特定のユーザーやマーケットに集中していないといけません。さらに商品の認知度を高めるために広告宣伝活動を行います。広告宣伝活動には費用がかかるので、闇雲に不特定多数に配信することは出来ません。想定したユーザーにピンポイントで情報を届けられる媒体を選んで告知します。広告活動による効果測定を行い、想定していたよりも効果が低い場合は、商品の訴求の仕方や広告媒体の検討を行い実施するなどして管理サイクルを回して行きます。しかし、広告の効果測定はインターネット以前はかなり難しく、明確な数値で評価ができませんでした。

WEBマーケティングとは

市場調査はGoogle・AdWordsのキーワードプランナーでターゲットキーワードと月間検索数を調べ、どのキーワードでユーザーのアクセスを集めるか決めます。SEO(検索エンジン最適化)やリスティング広告で集客を行いますが、SEOでは外部からのリンクがSEOに効果があると言われ、SEO業者がIP分散リンクなどを盛んに売り込んで来ました。しかし、不自然な被リンクはGoogleからペナルティを受けるようになりました。WEBマスターはホームページの中身よりも被リンクの獲得のみに注力するようになり、ホームページの中身はどれも同じような内容しか掲載されていない状態になってしまいました。リスティング広告は効果測定がしやすく、コンバージョンが高く、よりクリック単価の安い広告を選ぶようにして行きます。また、リスティング広告のランディングページを最適化してコンバージョンをできるだけ高くするようにします。しかし、アクセスを確保するためには、常にリスティング広告を出稿しないといけないので、企業は広告費の重みに疲弊し、ユーザーは溢れる情報の中で、ただ商品を良いと押し付ける広告を拒否するようになって来ました。

WEBマーケティングはそれまでのマーケティングよりも広告の効果測定がしやすく、広告の効果を明確に計ることができる利点があり、WEBマーケティング前のただタレ流すような広告では無くなりました。

コンテンツ

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングはGoogle・AdWordsのキーワードプランナーで検索されているキーワードの答えになるコンテンツを制作し、購入に近い有効なコンテンツを制作することに注力するものです。これまで市場調査や広告に膨大な費用がかかりましたが、コンテンツマーケティングではWEBサイトを制作する費用以外は発生しません。これまで、リスティング広告の負担は企業の利益を圧迫し、WEBサイトの運営は疲弊していました。WEBコンテンツを公開するようになると、これまでの広告のように一方的に商品を押し付けるようなメッセージでは無くなり、ユーザーに受け入れてもらえるコンテンツを前面に出すことで、ユーザーとのマッチングも良く、良質なコンテンツに出会ったユーザーはその企業のファンにもなってくれるものです。

ただ、社内でコンテンツを作り続けることは容易では無く、Googleで検索されているキーワードのみでコンテンツを作ろうとすると、コンテンツが枯渇する可能性があります。コンテンツマーケティングを始めた頃は、Googleで検索されているキーワードの答えをコンテンツとして掲載すれば良いですが、ある程度コンテンツを公開すると、コンテンツに出来ると思われるキーワードが無くなってしまう可能性があります。キーワードが無くなったら、キーワードに捉われずにコンテンツを公開するようにしましょう。キーワードを意識していないコンテンツでも、制作側では予想もしていないキーワードでアクセスがあることもあります。想定していないキーワードがもしかしたら、自社の商品と関連しているかも知れません。想定外のアクセスから新たなターゲットとなるキーワードやユーザーを見つけることができるかも知れません。コンテンツマーケティングの初期段階では、確実にアクセスのあるキーワードの答えを公開する方が効果があるので、受注にも繋がりやすいでしょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください