WEBサイトの命運を左右するコンテンツマーケティングのポイント

ユーザーの課題は多様なので、一商品に対して一つのWEBコンテンツでは足りません

WEBコンテンツのポイントはユーザーの質問に明快な回答ができるかどうかにかかっています。ユーザーの質問はユーザーが置かれている状態によって多種多様です。同じ商品カテゴリーでもユーザーが感じている問題は違います。ですから、一つの商品に一つのWEBコンテンツでは不十分だと言う事です。

ユーザーが検索窓に質問していることから、自社の商品と関連するキーワードを抽出することや、商品に関連するコンテンツのキーワードを発想することで良質なWEBコンテンツを制作します

良質なWEBコンテンツを掲載しなければ、Googleから評価されなくなり、検索順位が落ちて、アクセス数が激減することが考えられます。自社のWEBサイトが商品カタログのような商品の良さをただひたすら訴えるコマーシャルばかりだと検索順位が落ちて行きます。

命運

競合他社が先にWEBコンテンツを公開する前にコンテンツを公開してしまいましょう

これまで、掲載されていたパンフレットの延長線上のWEBサイトでは、コンテンツが無いので、WEBコンテンツを掲載したWEBサイトに順位を追い越されて行きます。競合他社がWEBコンテンツをどんどん公開するようになると、現在のWEBサイトのまま放置していると、ほとんど検索経由のアクセスは無くなってしまいます。また、WEBコンテンツの制作にはかなりの時間と労力を要するので、一度競合他社に追い越されてしまうと、WEBコンテンツの質と量を追い越すことは非常に難しくなります。なので、WEBコンテンツの制作は出来る限り早く取り掛からないといけません。

コンテンツマーケティングの対象になるキーワードは全てロングテールキーワードで検索ボリュームは決して多くはありません。WEBコンテンツを一件公開して、効果が無いと考えてWEBコンテンツの公開を止めてしまわないことが重要です。WEBコンテンツがコンテンツマーケティングとして機能するようになるには、かなりの量のWEBコンテンツを公開しないと効果を感じることは出来ません。「人気商品ではない商品の総売上が、上位の人気商品の売上を上回る」というロングテールの法則と同様にWEBコンテンツも一件のコンテンツが獲得するアクセスは少ないですが、多くのアクセスを集めていないWEBコンテンツ総数のアクセスがメインキーワードのアクセスを上回るようになります。

商品に関係するコンテンツマーケティングの情報は一つの商品について複数掲載することは必須です。商品に関連するWEBコンテンツを掲載して、コンテンツが枯渇して来たら、商品から離れた情報もWEBコンテンツとして掲載します。濃厚なWEBコンテンツを分厚く蓄積している状態になれば、ロングテールの法則と同様の効果が期待出来ます。

さらに良質なWEBコンテンツを大量に蓄積するとサイト全体の評価も高まりますので、トップページの検索順位も上昇しますので、コンテンツマーケティングのロングテールの法則によるアクセスと合わせて大きなアクセスアップになります。

ステークホルダーの幸福のための取り組みを公開する

商品から離れたWEBコンテンツを公開するようになると、ユーザーに対してどれだけ真摯に向き合っているかやステークホルダーの幸福のためにどれだけ真剣に取り組んでいるかを表明する必要があります。そうなってくると、自分の会社だけ良ければ良いと言うような考え方の企業はコンテンツを公開出来なくなります。ユーザーを騙しても儲けようと考えているような企業は正直に考えていることを公開してしまうと、ユーザーから批判されたり、最悪の場合は炎上するような事態も考えられます。本当にユーザーや社会のことを考えて経営をしている企業じゃないと良質なWEBコンテンツを公開することが出来ません。

悪意に満ちた、自分だけ良ければ良いと言う考え方の企業は商品から離れたWEBコンテンツを公開することが出来ないので、必然的に検索に表示されなくなります。ユーザーを騙しても自分の利益を考えている企業はコマーシャルだけを掲載している時代には見分けが付きませんでしたが、WEBコンテンツが検索順位に影響するようになり、ユーザーもWEBコンテンツを読んで共感できるWEBサイトから商品を購入するようになると、自分の利益だけを考えている企業は生き残れなくなります。

正直にユーザーや社会に対して貢献することを考えている企業が生き残るような判断基準をWEBサイトで公開できるようになるのは、ECの発展にはとても重要なことで、今後、WEBコンテンツの評価を重視する流れが加速されることは歓迎できることです。

実店舗では見分けることが出来なかった企業のユーザーや社会に対する貢献意識をWEBサイトでは見分けることが出来るようになることは理想的な流れです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください