コンテンツマーケティングは商品を売るから良質な情報を提供するへの変化です

コンテンツマーケティングはこれまでのコマーシャルのようにひたすら商品を良いと言い続けて、商品を売り込もうとするものから、良質な情報をユーザーに伝えて、ユーザーが何気なく質問した問題に対して、明快な答えを掲載することで、商品や企業に対して興味を持ってもらい、長期間かけてファンになってもらうものです。

インターネット以前のマーケティングでユーザーに認知してもらう方法はコマーシャルしか無く、それが企業に浸透しました。コマーシャルは放送出来る時間や掲載できるスペースの制限ずあり、キャッチコピーなどでユーザーを惹き付ける方法が主流でした。

これがインターネットの普及により、どんな企業でもコマーシャルのような制限無しに情報を掲載できるようになりましたが、コマーシャルの流れのまま、キャッチコピーや商品の良さだけをユーザーに伝える情報ばかり掲載されていました。

ところがGoogleが2016年3月にコンテンツの質を被リンクと同等に評価すると発表したことから、コンテンツについての注目が一気に高まりました。コンテンツはコマーシャルのように公開することにコストがかかりません。なので、企業側は濃厚なコンテンツをどんどん公開できるようになりました。

しかし、ユーザーの置かれている状況によって良質なWEBコンテンツは違っていて、一つのコンテンツで全てのユーザーを満足させるコンテンツにはならないのです。Googleも良質なコンテンツの定義を明確にはしていません。

「良いコンテンツとは何か」の答えが本当にわかる人がいたら、その人こそが検索アルゴリズムを決定すべきと言うことでしょうか。

Googleが良質なWEBコンテンツの定義を明確に定めていないとしても、Googleはコンテンツ重視を発表しているので、セリングよりもコンテンツを価値あるものと考えていることは間違いありません。

情報

専門家としての高度な知識をユーザーに伝える

コンテンツによって売れる仕組みを作ることがコンテンツマーケティングなので、ユーザーにとって価値ある情報を提供して、その情報によって商品が売れるようになればコンテンツマーケティングは成功したことになります。コンテンツによって商品が売れるようにするためには、コンテンツを通して、商品に対する専門家としての高度な知識をユーザーに伝えることが最も近道です。

専門家として、持っている商品の歴史や製造過程や品質の見分け方や、ユーザーのニーズによって選ぶ最適な商品など、持っている知識を最大限にユーザーに公開することで、「この専門家が勧める商品なら間違いない」とユーザーに感じさせることが出来ます。

商品を取り扱いしていれば、当然その商品についての知識があるはずで、一般のユーザーは知り得ない情報があるはずです。長い企業の歴史の中で蓄積した商品に対する専門的な知識をユーザーの信頼を勝ち取る情報としてどんどん公開しましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください