ユーザーのニーズによって求めるコンテンツは違います

ユーザーの嗜好や使用シーンによって求めるコンテンツは違って来ます

同じ商品でも、ユーザーのニーズによって求めるWEBコンテンツは違って来ます

例えば、オリジナルTシャツを作る場合。イベントのスタッフが着るTシャツと、部活やサークルで着用するTシャツと、デザイン学校の卒業作品として作るTシャツでは、ユーザーが求めるデザインの自由度と商品の品質には大きな開きがあります。ユーザーが求めている商品の品質とは違うもの(特に低いもの)を手にしてしまった時の落胆や後悔は大変大きなものです。そのような落胆や後悔を事前に防ぐような情報はコンテンツです。ユーザーが購入する商品の品質や機能、劣化に関して、納得して購入できるような判断を手助けする情報を提供することは、商品を購入してから後悔するのを防ぐ情報なので、コンテンツなのです。

イベントのスタッフTシャツは多くの人が着るので、スタッフのほとんどが不満を持たないような無難なデザインになります。普通は背中にイベントの名前とSTAFFなどと入れて、左胸にイベントのロゴ程度でしょうか。この場合、プリントの色数も少ないですし、枚数も多いので、シルクスクリーンプリントになると思います。

この場合のユーザーのニーズは、Tシャツの品質はそこそこで、価格はイベントの予算もあるので、出来るだけ安く、多くの人たちが明らかに低品質だと思わない商品を求めています。イベントスタッフが着るTシャツはイベントの期間だけしか着ないので、目的に比べて過剰な品質は求めていないので、過剰品質で価格が高くなることは求めていません。イベントのTシャツはイベント当日に問題なく着れれば、それで十分で、イベントが終われば、ほとんど部屋着としてしか着ないので、洗濯を繰り返すことで起きる劣化については寛容です。

このユーザーに対して公開するコンテンツは、「低価格でも満足いただける品質を提供します。なぜならば・・・・・・」といった内容になります。

同じようにグループで作るTシャツでも、もっと繋がりの深いグループ、例えば、部活やサークルなどのグループで制作するTシャツはイベントスタッフのTシャツよりも思い入れがあり、もっと高い品質を要求されます。着用する期間のその部活やサークルに在籍している期間になりますので、洗濯での劣化も低い商品が求められます。デザインの自由度はそんなに高いものは求められませんが、商品の耐久性には、高い耐性が求められます。価格はもちろく安ければ良いですが、耐久性の低い商品は絶対ダメなので、ユーザーが求めるコンテンツは、実際に洗濯して劣化の度合いが低いことが分かる情報です。いくつかの商品を洗濯して、その中の最も劣化の少ない商品を選べば、購入後に後悔することがありません。なのでユーザーに対して公開するコンテンツは、洗濯の劣化を比較できる情報です。

求める

デザイン学校の卒業作品では高い品質が要求されます

一方、デザイン学校の卒業作品としてTシャツを作る場合は、イベントのスタッフTシャツとは比べ物にならない位高い品質とデザインの自由度が要求されます。デザイナーはオリジナルTシャツを作る業者の都合は考えていなくて、自分がデザインしたいものをデザインします。最大A3大までしかプリント出来ないとか、前身頃から袖を通って背中に達するようなデザインはプリント出来ないとか、そんな業者の言い分は通りません。Tシャツ全体をキャンバスだと考えていて、自由にデザインします。そして、自分のデザインしたものを出来る限り忠実に形にしてくれる業者を探します。そして、卒業作品として作ったものは、ずっと大切に残しておきたいので、Tシャツの品質もできるだけ良いものを求めています。

このユーザーに対して公開するコンテンツは、「当社は、縫製工場なので、一般的なプリント業者のように出来上がったTシャツにプリントするのでは無く、Tシャツの裁断物の段階でプリントします。なので、前身頃から袖を通って背中に達するようなデザインでもプリント可能です。Tシャツ本体も自社工場で生産していますので・・・・・・・」といった内容です。

このように、同じ商品でもユーザーの使用目的によって知りたいコンテンツは違って来ます。自分の会社がターゲットとするユーザーに対して最も効果的で良質なWEBコンテンツをピンポイントで公開するようにしましょう。自分の会社がどんなユーザーをターゲットにしているのか、出来る限り明確に定義して、そのユーザーがどんなコンテンツを求めているのかを考え、ユーザーの質問に的確に答えることができるコンテンツを公開しましょう。ユーザーの商品選択のニーズに対してピッタリの情報を提供して、ユーザーが望む通りの商品を購入できる助けになる情報があるとユーザーにとってとても嬉しい情報で、その情報を公開しているWEBサイトから購入する商品については、安心して購入できるので、そのユーザーはファンになってくれて、リピート発注も期待できるようになります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください