WEBコンテンツは基本的にロングテールです

一つ一つのコンテンツが稼ぎ出すアクセスはとても少ないです

WEBコンテンツはユーザーが課題に思っていたり、問題を感じていることなので、複合キーワードになります。当然商品そのもののキーワードでは無いので、検索数も少ないキーワードです。一つ一つのWEBコンテンツが稼ぎ出すアクセス数は極めて小さいと考えて下さい。

良質なWEBコンテンツを大量に公開するようになると、Googleはコンテンツを評価してサイト全体の検索順位が上がりますので、WEBコンテンツ一つ一つが稼ぎ出すアクセスと、サイト全体の評価が上がって増えるアクセスが合わさって大きなアクセスを稼ぎ出すようになります。WEBコンテンツを大量に公開すると、ロングテールの法則のようにWEBコンテンツ総数が確保するアクセス数が、メインキーワードのアクセス数を超えるようになります。

コンテンツマーケティングでビッグキーワードはあり得ません

良質なWEBコンテンツを一件公開してもほとんどアクセスは増えません。この結果でWEBコンテンツの公開を止めてしまわないように注意しましょう。WEBコンテンツが増えて来ると、少しアクセスや反応が増えてきたと感じる程度だと思います。良質なWEBコンテンツ一件の効果は僅かなので、継続して制作を続ける意志が必要です。

コンテンツマーケティングは一件のWEBコンテンツで完結するものでは無く、大量の良質なWEBコンテンツがあって初めて成立するものなのです。なので、コンテンツマーケティングを完結させるためには、かなりのエネルギーが必要で、拙速に結果を判断してはいけません。かなりの長期間に渡って効果が出るのを待たないといけません。早く結果を求めたいのであればリスティング広告に投資した方が良いです。

コンテンツマーケティングの対象になるキーワードにビッグキーワードはあり得ないので、コンテンツマーケティングの一キーワードでWEBサイトの運営が出来るようなアクセスを得ることは出来ませんので、WEBコンテンツ一つ一つでWEBコツコツとアクセスを集めるようにしないと大きなアクセスにはなりません。コンテンツマーケティングが成立するにはかなりの量のWEBコンテンツを積み上げないと十分なアクセスにはなりません。

コンテンツマーケティングの最初のうちはGoogle・adwordsのキーワードプランナーなどから、コンテンツマーケティングになりそうなキーワードでWEBコンテンツの制作を始めますが、キーワードプランナーに検索数が表示されるようなキーワードであれば、そこそこのアクセスは期待できると思いますが、キーワードプランナーで出てくるキーワードでWEBコンテンツの制作をしてしまってからが大変です。アクセス数が読めなくてもそのキーワードでWEBコンテンツを制作するのは、成果が分からずに投資するようなものですから、最初のうちは良いですが、ほとんどアクセスの増加を感じないままにWEBコンテンツの制作を続けて行くのは精神的にもとても大変です。

コストのかからないコンテンツが大量に積みあがるとコンテンツマーケティングの効果が表れます

月間のアクセス数がごく僅かでも、一度作ったWEBコンテンツは残り続けるので、僅かであってもアクセスは稼ぎ続けます。このようなごく僅かなアクセスのWEBコンテンツを大量に作って、WEBコンテンツのアクセスの総数がメインキーワードを超えるくらいのアクセスを稼ぎ出すようになれば、コンテンツマーケティングとしての成果も感じることが出来るようになります。

WEBコンテンツは広告とは違い支払いを止めたら効果が無くなるものではありません。ドメインの更新とレンタルサーバーの費用を払い続けている限り公開は継続できます。つまりWEBサイトを掲載している限り、新規の支出無しでWEBコンテンツの掲載を続けて行くことが出来るのです。WEBコンテンツを増やしても制作にかかるコスト以外には新たなコストは発生しません。コストが発生しないので、ロンクテールキーワードのWEBコンテンツでも全く問題ありません。

WEBコンテンツの制作に投入したコストを回収するのには時間がかかることになりますが、WEBコンテンツが大量に積み上がると、トータルでのアクセスが増え、WEBコンテンツを読んだユーザーが問題や課題が解決して、長い期間をかけてファンになってくれて、受注に繋がるようになります。

コンテンツマーケティングが成果を発揮するにはかなりの長期間を要することを理解して取り組みましょう。短期間で効果が出なくても、WEBコンテンツを作り続ける決意とエネルギーが必要です。社内からも、成果が出ないことに労力を費やしていることに対して批判が出ることも考えられるので、事前に周囲に対しても即効性が無いことを周知しておくようにしてから始めるようにしましょう。

効果が少しずつ出だせば、その後は効果がWEBコンテンツの量に応じて増加して行くので、モチベーションも上がって行くので、管理サイクルが回り始めると思います。そこまでになれば、もう大丈夫です。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください