共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

共起語を含まないコンテンツは不自然です

ターゲットキーワードと共に共起語を記載しましょう

WEBコンテンツを作成してSEOの効果を狙う場合には、本文に共起語を記載しましをう。共起語はターゲットキーワードで文章を作ると、ターゲットキーワードと同時に記載されるキーワードです。例えば「ラーメン」でコンテンツを作成すると、「スープ」や「めん」、「醤油」や「味噌」などがコンテンツの中に自然に出てくる言葉です。このように特定のキーワードでコンテンツを作成すれば、一緒に出てくるキーワードが共起語です。コンテンツを作成する場合は、自然な文章を作成すれば良いですが、SEO対策を意識し過ぎてターゲットキーワードばかりで共起語が記載されていないと、ユーザーからもGoogleからも不自然なコンテンツになります。自分で自然な文章を意識してコンテンツを作成しても、共起語があまり含まれない文章になってしまうことはありますので、コンテンツを作成する場合は、上位のサイトがどんな共起語を使っているのか知ることは重要です。

共起語を調べるツールは、上位10位のサイトに使われているキーワードを抽出する、共起語抽出ツールがあります。このツールで表示されるキーワードをコンテンツの中に自然に含めるようにするとSEOの効果も高まります。

共起語を含んでいるコンテンツはターゲットキーワードをしっかりと掘り下げた良質なWEBコンテンツになります。共起語を含んだコンテンツはコンテンツマーケティングでも有効です。コンテンツをどれだけ作成しても検索で上位に表示されなければ、作成した意味がありません。検索で上位に表示されるためにも、コンテンツには共起語を含めた文章にしましょう。

アンカーテキストにも共起語を含める

SEOには良質なWEBコンテンツと被リンクが重要な要素ですが、内部リンクも重要な内部対策です。外部リンクは自分でコントロールできませんが、内部リンクは自分でコントロールできるので、上位に表示したいページに対してリンクを張ることは重要です。

内部リンクを張る場合は、検索エンジンの上位に表示したいページのtitleをアンカーテキストにしてリンクすることが多いと思いますが、共起語をアンカーテキストにしてリンクすることも重要です。共起語をアンカーテキストにすることで、内部リンクを強化することができます。

上位のサイトの共起語の使用状況を調べる

自分のサイトよりもターゲットキーワードで上位にいるサイトがどのように共起語を使っているかをキーワード出現率チェックツールを使って調べ、自分のサイトとの比較をします。そこで不足している共起語があれば、対象ページに追加するようにして、サイトの改善をします。このようにして、WEBサイトのコンテンツの充実を図りながら、共起語を含めるコンテンツにしてSEOの効果を高めるようにしましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください