コンテンツSEOはまだ強い競合がいない

コンテンツSEOはプロの書いたコンテンツが少ないので、強い競合がいません

強い競合がいない今のうちにコンテンツを公開してファンを掴むことが重要です

これまでのSEOが外部からのリンクの獲得がメインだったのが、サイト内のコンテンツの充実によって、SEOの効果を得ようとするのがコンテンツSEOです。

コンテンツSEOで検索上位を狙うと、ターゲットキーワードでの競合は素人さんが書いたコンテンツが多いことに気付くでしょう。

コンテンツのほとんどはユーザーレビューのようなユーザーの体験を記載したものが代表的です。素人さんのレビューは他の素人さんが参考にするにはとても良い情報です。

しかし、プロの高い専門性のある知識から公開されるコンテンツは異次元の良さがあります。

健康に関する情報でも、素人の経験談よりも、プロである医師の情報の方が信頼性は高くなります。また、料理のレシピもクックパッドのような素人のレシピよりもプロが公開しているレシピの方が絶対に良いと感じます。

今までは、コンテンツを公開する意識が無かったので、プロが公開しているコンテンツはあまりありませんでした。しかし、閲覧者が求めているのは、プロの信頼性が高い情報です。

ネット上に公開されている情報には、信頼性の乏しい情報やウソやデマもたくさんあります。WELQのようなデタラメな情報もありました。ユーザーにとっては投稿した人が誰かによって判断するしかありません。

今はまだ、コンテンツがそんなに多く公開されていません。コンテンツの重要性を理解している企業はほんの一握りです。強い競合がいない今のうちにコンテンツを公開して、検索上位を実現して、ファンを作ることはとても重要です。

競合

WEBサイトに良質なコンテンツが必要と理解しているのはネットリテラシーの高いごく一部の人たちだけです

コンテンツに関連するキーワードで検索している人にとっては良質なWEBコンテンツの公開は急務と考えていると思います。競合他社に遅れをとらないように、コンテンツの掲載を急いでいると思います。

しかし、実際にコンテンツの掲載を急いでいる企業はネットリテラシーの高いごく一部の企業だけです。

ただ、インターネットビジネスの場合は、ターゲットキーワードで上位20位ぐらいの企業が競合だと考えると、その上位20社は全てネットリテラシーが高いと考えた方が良いかも知れません。

しかし、まだ良質なコンテンツを分厚く公開している企業は少なく、強い競合は多く存在していません。強力な競合が出現する前に、自社のコンテンツを出来るだけ多く公開するように努力しましょう。

Googleは良質なコンテンツを確実に上位に表示するようになって来ています。今後さらにコンテンツの重要性が増してくるでしょう。

ユーザーにとって嬉しい情報や価値ある情報は必ずあります。良質なコンテンツを見つけ出して少しでも多く公開して、SEOに繋げましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください