良質なWEBコンテンツはSEOの効果があります

良質なWEBコンテンツと被リンクの効果で検索順位が上がります

Googleはコンテンツの質を評価しています。これまでGoogleは、被リンクをそのサイトへの人気投票と判断して、主な評価項目にしていましたが、ブラックハットSEO業者が行う大量のIP分散リンクや、検索結果にほとんど同じコマーシャルページが表示さて、どれを選べば良いのか分からない問題などが発生したことから、コンテンツの質を重視するようになりました。Googleはこれまでスパマーとのいたちごっこを繰り返して来ました。しかし、Googleがコンテンツを適正に評価出来るようになれば、スパム行為はほとんど役に立たなくなりますし、スパムの手段も無くなるのではないかと思います。

Googleがアルゴリズム更新RankBrain(ランクブレイン)で人口知能を導入して以来、ページに含まれるキーワードの出現率よりもコンテンツの質そのものを評価出来るようになり、良質なコンテンツの掲載がSEOにとても効果があるようになりました。

良質なWEBコンテンツ自体がGoogleから評価され検索順位が上がり、そのコンテンツを読んだユーザーに学びや問題解決、共感や感動があれば、SNSで共有したり、ホームページからリンクを張られたりして、その被リンクをGoogleが評価してさらに順位が上がると言う循環になってどんどん順位が上がります。つまり良質なWEBコンテンツを作り続けることがSEOになると言うことで、被リンクを購入するような危険なことはしなくても良くなります。WEB担当者はひたすらユーザーにとって嬉しい情報の公開に努めていれば良いと言うことです。それは、これまでのコマーシャル中心のマーケティングから大きな転換をすることになり、ユーザーが望むことを真剣に考えないといけなくなったのです。これまで、企業はユーザーにコンテンツを提供すると言う考えはあまり無く、企業のWEBサイトにもあまりコンテンツはありません。ひたすらコマーシャルで商品を良いと言って押し付けてきた企業にとって、コンテンツを公開するというのは、大転換であり、早く順応できるかどうかがその企業の今後のWEB戦略を大きく左右することになります。

SEO

良質なコンテンツを公開していれば、SEOはあまり考えなくても良い

Googleはコンテンツが充実していれば、SEOを施した良質なコンテンツの無いページと同等の評価をすると発表していますので、コンテンツの充実にさえ注力していれば、SEOのことはあまり気にしなくても良いようです。あまりSEOを重視し過ぎて過剰SEOになって順位を落とすくらいなら、何もしない方が良いかもしれません。

ただ、良質なコンテンツを掲載できて、その上でSEOの内部対策も適正に行うことができればさらに効果が上がりますので、適正なSEOも重要です。コンテンツSEOは良質なコンテンツを掲載することで検索順位を上位に表示することが目的です。

良質なWEBコンテンツの公開の他にやっておくSEOはtitleタグにキーワードを含めることと、descriptionにもキーワードを含めることと、パンくずリストを設置することと、サイト内で適切なリンクを設置することと、本文にもキーワードを自然に含める程度を意識すれば良いでしょう。内部リンクはユーザーの動線を確保することを重視しましょう。また、本文のキーワードが過剰になると、キーワード詰め込みスパムとなって順位が落ちることがありますので、あくまでも自然な文章を心がけるようにしましょう。

Googleがコンテンツを重視するようになると、WEBマスターはこれまでのようにSEOに振り回されることが無くなり、良質なWEBコンテンツだけを意識してWEBページを制作すれば良くなりますので、健全に運営されているページが正当に評価されるようになると言う事です。コンテンツは善意の経営を行っている企業じゃないと公開できません。悪意に満ちた企業が実際に行っていることを正直に公開すれば炎上したり、批判が集中すると思います。そうなれば、ユーザー本位で正直な経営を行っている企業が検索の上位に表示されるようになりますので、とても健全な競争が行われるようになると言う事です。これまでは、ユーザー目線ではなく、Googleから評価されるページを作ることにばかり労力を使って来て、ユーザーにとって良い情報は後回しになっていましたが、これからはGoogleのことはあまり考えずに、ユーザーにとって良質なWEBコンテンツの公開にのみ意識を集中すれば良いと言うことです。そして、テクニックでは無く、真にユーザーのことを考えているWEBサイトが上位に表示されるようになることは理想的なことです。

これまでユーザーのことを考えていたページはリスティング広告のランディングページだけです。ランディングページは商品の良さを売り込むだけのコマーシャルページでした。ユーザーはただ商品が良いと言うだけのコマーシャルには辟易としていて、受け付けなくなって来ています。どのWEBサイトを見てもどの商品もただ良いとだけ記載されていて、高品質とか高い技術で作られているとかほとんど決まり文句のように書かれていて、高品質と言う言葉だけでは、何が良いのかさっぱり分からず、信用出来なくなって来たのです。高品質と言う一言で商品が良いとユーザーに納得してもらうことは到底出来ません。高品質はその会社としてどんな定義で、どこの技術が優れているのかを詳細に説明しないとユーザーは納得出来ません。

コンテンツSEOの評価は検索順位や訪問数で、コンテンツマーケティングの評価は売上高やコンバージョンです

コンテンツSEOと混同して語られることの多いコンテンツマーケティングですが、コンテンツSEOは良質なコンテンツを掲載して検索順位を上位ににすることで、評価は検索順位やページへの訪問数などの集客になります。一方、コンテンツマーケティングは良質なコンテンツによって、ユーザーから企業や商品に対する理解や信頼を勝ち取り売り込みをしなくても売れる仕組みを作ることです。そもそもマーケティングとはセリング(短期的な売り込み)を無くしても商品が売れる仕組みを作ることです。コンテンツマーケティングの評価は売上高やコンバージョンになります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください