単にページを増やすことだけではSEOには何の効果もありません

低品質なページを量産することは何のメリットもありません

以前はWEBサイトの規模が大きいとSEOに有利だと言われていて、SEOのためにページを増やすことに労力をかけていましたが、今はページを増やすこと自体にSEOの効果はありません。Googleはコンテンツの質を評価しており、indexされているページ数が多いか少ないかは検索順位には影響しません。これはSEOを目的に品質の低いページを量産してもSEOの効果は無いと言うことで、良質なWEBコンテンツを増やして行くことは、アクセスを増やすことには有効です。

低品質なページを大量に作っても、ユーザーにとっては何もメリットはありませんので、Googleも評価しませんが、良質なWEBコンテンツは1ページ毎に評価され、評価が高いページが増えることで、サイト全体の評価も高くなります。良質なWEBコンテンツはユーザーにとっても有益な体験を提供するものなので、そのようなページは検索で上位に表示するようになっています。

ユーザーにとって価値ある情報を公開することが何よりのSEOです

ユーザーにとって価値ある情報を公開することが何よりのSEOです。WEBページを作る時に考えることはGoogleのことでは無く、ユーザーのことを最優先にして情報を公開すれば、それは、適正に評価されます。

ユーザーにとって「何だこれは!」と思うようなWEBサイトが検索の上位を独占するような状況をGoogleは望んでいません。Googleはユーザーにとって最も良い検索結果を提供したいと考えています。なので、Googleのことを考えて小手先のテクニックに走るのではなく、ユーザーにとって最も良いと思うWEBコンテンツの公開に全力を尽くすようにして下さい。良質なWEBコンテンツそのものがSEOになるので、ユーザーにとって良い情報の公開に全精力を投入するつもりでWEBサイトの作成に当たって下さい。SEOのことはtitleとdescriptionにキーワードを入れるのと、パンくずリストを設置するのと、本文にもキーワードを入れるのと、関連したページを本文からリンクする程度を意識すれば十分です。

あとは、ユーザーにとって良質なWEBコンテンツを公開することに集中しましょう。自社の商品に関連してユーザーが知りたい情報や感じている課題や問題を解決できる情報を公開することです。意味の無いページを量産することでは無く、ユーザーが必要としている情報を時間を掛けても丁寧に作り込み、一ページ一ページ公開して行くことが重要です。

低品質なWEBページを大量に公開することは、WEB上にゴミを撒き散らすようなもので、そのような情報はGoogleもユーザーも嫌います。ユーザーは一度訪れたページが低品質なコンテンツばかりだと、もう二度と訪れたく無いと思います。そのようなWEBサイトが検索上位に来ないようなアルゴリズムを作ることがGoogleの目的でもあります。

ユーザーにとってのメリットを考えないコンテンツはゴミでしかありません

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」と言った考えで、とにかく中身の質やユーザーにとってのメリットを考えずにページを増やすだけでは、Googleから全く評価されません。Googleはユーザーにとってより良い情報を検索の上位に表示したいと考えていますので、WEB制作する側も、ユーザーにとってより良い情報を公開することに全精力を注いで下さい。ゴミを大量に作り出しても迷惑なだけです。多くのユーザーにとって価値のある情報を公開しましょう。

あまりに低品質なページを大量に公開するとGoogleのパンダアップデートにひっかかって順位を大きく落とされる可能性もあります。SEO目的で価値の無いページを大量に公開することはインターネットの環境を汚すだけなので、絶対に止めましょう。

ユーザーが知りたいと思う価値ある情報は社内にたくさんあるはずです。タイヤメーカーのミシュランが発行しているミシュランガイドも「美味しいお店をたくさん紹介して、ミシュランのタイヤを使ってドライブして欲しい」と考えて発行されたコンテンツです。ミシュランガイドは今ではとても権威のあるものとして、ユーザーから支持されています。ミシュランガイドは良質なコンテンツが膨大なページ数あります。ミシュランガイドのように一見関係の無いものを結びつけることで生まれる良質なWEBコンテンツもあります。

WEBコンテンツの公開はページ数を増やすことを目的とせず、ユーザーにとって価値あるページが出来るまで、公開を控えるくらい、厳選したものを公開しましょう。ユーザーにとって課題や問題を解決できる。感動や共感、学びのある情報を社内から見つけ出し、ユーザー目線で情報を公開しましょう。ユーザーにとって価値があり、ユーザーに喜ばれる情報は、Googleも評価して、SEOにも効果があるでしょう。厳選した良質なコンテンツが増えることは内部リンクの強化にもなり、SEOの効果があります。社内でコンテンツを見つけ出すときに気をつけないといけないのは、ターゲットキーワードと公開するコンテンツが合っているかどうかをしっかりと見極めないといけないと言う事です。どれだけ情報を公開しても、ユーザーが特定のキーワードで検索した時に求めている情報を掲載していないと、検索上位には表示されません。

この部分はコンテンツSEOもコンテンツマーケティングも同じで、ユーザーが検索するキーワードで解決したい問題の回答を提示したページを作成していないと、検索上位は望めず、より良い情報を掲載したページが上位に表示されます。ターゲットキーワードで上位に表示できない場合は、上位に表示されているページの内容を研究して見る必要があるでしょう。上位に表示されているページはGoogleがユーザーの質問に対する回答として、より良いページと判断しているページを上位に表示しているので、自社のページよりも上位に表示されているページ内容がより良いということです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください