自分だけのオリジナルコンテンツでSEO効果を高める

Googleがコンテンツを評価するに当たって、コンテンツの質の高さとコピーでは無いオリジナルのコンテンツであることを求めています。オリジナルのコンテンツと言われると難しい感じがしますが、そもそも長い間生きている人間には、他の人とは全く違う経験があり、他のWEBサイトには無い自分独自のコンテンツは必ずあるはずです。

WEBコンテンツは競合他社がどんなコンテンツを公開しているかなどは全く気にする必要はありません。競合他社と似た情報を公開する必要は無く、むしろ競合他社とは全く違う情報を公開することがオリジナリティです。企業としても、経営者としても存在自体は全くのオリジナルのはずで、他社や他人と同じことはあり得ません。同じ商品を取り扱っていたとしても、どこかにオリジナリティがあるから存在価値があり、企業として生き残っているはずなのです。他社には無いオリジナルのコンテンツは必ずあるはずです。企業や経営者としてのありのままを表現すれば、自然とオリジナルなコンテンツになるはずです。なので、他社がどんな情報を公開しているかなどは全く捉われずに自分自身のオリジナルを徹底して公開することに専念して下さい。自分らしいコンテンツを公開すれば、他社と類似したコンテンツにはなり得ず、高いオリジナリティを有したものになります。自社で行っていることや経営者としての経験をストレートに掲載すれば良いのです。オリジナルなコンテンツを公開すればするほどSEOには効果があります。

競合他社を真似る必要はありません

競合他社のWEBサイトを真似て、類似したサイトを制作する必要はありません。競合他社が人気サイトになっていては類似した情報ではかなりの量と質を公開しないと順位を逆転することは難しいです。なので他社には無い独自の情報を掘り下げて行くしか無いのです。他社とは差別化した情報で、そのキーワードで検索された時に上位に表示されれば良いのです。競合他社がすでにコンテンツを掲載している市場に参入して激しい競争をするよりも、誰も掲載していない競争の無いキーワードで上位を目指した方が楽です。ただ、そんなキーワードは検索ボリュームが少ない可能性はありますが、それはロングテールキーワードで、そのようなロングテールキーワードを集めてアクセス数を稼げば良いことです。一つのコンテンツではわずかなアクセスしか稼げないと思いますが、コンテンツの量を増やすことでアクセス数を増やすことが出来ます。そして、コンテンツが時事ネタでなければ、ほぼ永久的に、そしてほぼコスト0で掲載を継続出来、少ないアクセスであっても稼ぎ続けてくれます。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください