コンテンツは2000文字を目安に制作しましょう

良質なWEBコンテンツとしてGoogleから評価されるにはある程度の文字数が必要です

コンテンツの制作は2000以上の文字数を目安に制作しましょう。Googleがコンテンツの質を評価する上でも、ある程度の文字数は必要です。文字数が少なければ、そのコンテンツはあまり踏み込んだ内容の記載は無いと判断され良質なWEBコンテンツとは認識されません。文字数が多ければ内容の記載はより詳しくされていて良質なWEBコンテンツであろうと判断されます。ただ、あまりにも内容の薄いコンテンツで文字数だけ多いものはダメですが、コンテンツの文字数はある程度必要です。以前はペラページと言われる1ページだけのサイトも多くありましたが、今はペラページはあまり評価されなくなっています。また、コンテンツがユーザーに深い納得や共感を得るものにするためにも、十分な文字数は必要です。文字数が少ないとユーザーにとっては、コンテンツを読んでも分からないことがたくさん出てきて、何から質問して良いのか分からなくなるので、コンテンツからユーザーとの接点が生まれて来ません。コンテンツの文字数が多いと、ユーザーの不明点も少なく、質問は絞られるので、質問しやすくなりユーザーとの接点が生まれます。さらにコンテンツの内容が詳しいと、そのコンテンツを読んでそのまま注文となる場合もあります。

文字

2000文字のコンテンツは搾り出さないと制作できません

コンテンツを公開する場合、500文字~1000文字程度であれば、社内にある情報の表面をすくい上げた程度で簡単に制作できますが、2000文字以上にしようとすると、かなり深い部分まで公開しないと2000文字に達しません。2000文字以上のコンテンツを公開しようとすると、かなり詳しい内容の公開が必要になり、WEB担当者が情報を相当搾り出さないと制作できませんので、その部署の担当者に対する取材も念入りに行う必要があります。500文字~1000文字程度のコンテンツだと、簡単に制作できてしまい、他社のコンテンツと比較して圧倒的に良質なWEBコンテンツにはなりませんので、他社のWEBサイトと差別化出来ずに埋もれてしまい、検索でも上位に表示されませんし、ユーザーも特別な発見や学びが無いので、共感や感動を得られません。共感が得られないコンテンツはファンも作り出さないし、長期的に購買に繋がるユーザーにはならないので、コンテンツの目的を果たさない情報になってしまいます。そうなるとコンテンツの制作に対して懐疑的な意見が多くなり、目的を達成出来ないコンテンツの制作は次第に社内からの支持が得られなくなり、コンテンツの制作自体が中止に追い込まれてしまいます。コンテンツを公開したけど、ほとんど効果が無いと言う場合は、コンテンツの文字数が500文字~1000文字程度の可能性があります。2000文字以上のコンテンツを制作しようとすると、制作途中のコンテンツを何度も何度も読み返すことになりますので、誤字も減り、Googleから低品質なコンテンツと評価されることも無くなります。文字数が増えれば必然的に、内容は詳しく深くなり、Googleの検索結果でも上位に表示され、多くのユーザーに読んでもらえる可能性が高くなります。文字数が2000文字以上になると、よりユーザーの質問や疑問に対して詳しく答える内容になります。よりユーザーに学びや感動を与え、共感してもらえるコンテンツにするためには、表面的に分かることだけでは無く、その背景の思想や設計のこだわりやユーザーを大切にする取り組みの具体的な事例にも詳しく言及することで、なぜそうなのかを伝えることが出来るので、社内でもあまり気付いていないようなことを深く探り出して公開出来れば、ユーザーはより深く学び共感してくれます。詳しく突っ込んだ内容のコンテンツであればある程、SNSでの共有やblogからの被リンクが期待できるので、手を抜かずに、充実したコンテンツの制作に心がけましょう。被リンクが増えると、Googleの検索結果でさらに上位に表示されるようになり、好循環が生まれて来ます。検索で多くのページが上位に表示され、質問も多く寄せられるようになると、その質問を元にコンテンツを制作できるようになるので、コンテンツはどんどん増えて行きます。

500文字以内のページばかりのコンテンツを制作しているとGoogleから低品質なサイトと判断され、ペナルティを受けターゲットキーワードで100位以下に検索順位を下げられる可能性さえあります。2000文字以上のコンテンツであれば、コピーコンテンツでさえ無ければ、良質なコンテンツとして評価される可能性は高くなります。2000文字以上のコンテンツを公開し続けるのは大変な作業ですが、費やした労力は必ず報われますので、継続して公開を続けましょう。良質なWEBコンテンツを公開するためには、500~1000文字程度のコンテンツでは明らかに情報不足です。コンテンツを公開してもユーザーに理解してもらえない情報は公開するだけ無駄です。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください