本屋からコンテンツのアイデアを得る

本屋はコンテンツだらけです

本屋で販売されている本は全てがコンテンツです。本屋で販売されている本を全て読むことは出来ませんが、本屋に並んでいる本のタイトルを見るだけでもコンテンツのヒントはあります。

本のカテゴリには、小説・エッセイ、文芸・評論、ドキュメンタリー、ビジネス・経済、歴史・伝記、自分史・社史、写真集・童話・絵本・画集、漫画、詩・俳句・短歌、教育・実用・工芸・園芸、ハウツー、趣味・娯楽、グルメ、生活・日常、芸能・スポーツ、紀行・地理、医療・健康・闘病、自然・科学・技術・学術、哲学・宗教・占い、芸術・音楽・エンタメ、タウン情報、ビジネス情報、飲食店情報、アミューズメント施設情報、観光・ホテル情報、文化・芸術、お得情報、イベント情報、不動産情報、求人情報、地域PRなどがあります。このカテゴリに1件ずつのコンテンツを作っても30件にはなります。さらに個別の本のタイトルから浮かぶコンテンツまで含めると、コンテンツの種は無限にあります。企業の分野によっては全く関係ないカテゴリもあるとは思いますが、無関係なカテゴリを除外しても、どの会社でも10件ぐらいのカテゴリは該当すると思います。

本のタイトルはコンテンツのヒントです

本屋

本屋に実際に並んでいる本のタイトルを見ると、WEBコンテンツのヒントがたくさん浮かんできます。本のタイトルの書き方によって本の売れ行きが違って来ますから、本はユーザーの興味を引くようなキャッチコピーで作られているので、本のタイトルを参考にしてコンテンツを作ると、ユーザーを惹きつけるコンテンツが作りやすくなります。本のタイトルから自社のコンテンツに繋げるように発想を膨らますようにしてください。本のタイトルに触発されて浮かんでくるコンテンツも多くあると思います。コンテンツに繋がる情報はいろんなところにありますが、本屋にある本のタイトルは、とても有効なアイデアを提供してくれます。

評論は、日々起こる時事ネタについて主張を掲載することです。経営者やWEBマスターとして、明確な主張をすることは、ファンを作ることにもなりますが、違う主張を持つ人もいますので、アンチを作る可能性もありますが誰もファンがいない会社より、ファンがいることはとても大切なことです。

ドキュメンタリーは、自社の新商品開発秘話のようなコンテンツです。ユーザーの不便や不満を解消するために開発する商品で、障害に直面して苦悩しながら、商品を作り上げるプロセスを公開するのは、とても良質なWEBコンテンツでユーザーんらの共感も得られます。

自分史・社史は、会社の歴史や経営者としての経験から学んだことなどを公開するものです。経営者と言う職業は、サラリーマンとは全く違った不安定で、苦難に満ちた道を歩むことです。その道程を公開することは多くの人から共感を得られる情報です。また、会社も創業から長い年月を経て現在がありますが、ここまで至る過程で、幾度も不景気に直面していると思います。また、取引先とのトラブルや取引先の倒産など、不測の事態にも何度も直面しているはずです。その不測の事態をどうやって乗り越えて来たのかを伝える情報も有益なコンテンツです。

ハウツーは、何かのやり方を教えるものです。自社の商品の意外な使い方や長持ちする使い方。プロが教える日曜大工の方法や、プロが教える家庭菜園など、自社の技術を元にやり方を教える情報です。

紀行・地理は、その地域の歴史や風土などの情報です。不動産の物件の周辺の情報や、旅館の地域の歴史や風土を詳しく伝える情報は、旅館を訪れる予定の人にはとても興味のある情報です。

業種によって、本のカテゴリから連想するコンテンツは違いますが、カテゴリからだけでもコンテンツに繋がるヒントはあります。これが個別の本のタイトルまで見るとさらに具体的なコンテンツのヒントになって、多くのコンテンツを生み出すことが可能になります。本を発刊するには、それなりにお金がかかります。本を発刊すると言う事は、その本を読みたい人がいると出版社は考えたからで、その本のタイトルにはニーズがあります。ニーズがある本のタイトルを元にコンテンツを作れば、必ずそのコンテンツを読みたい人がいます。本のタイトルと同じテーマでコンテンツを作ったら、自分ならどんなことを書くか想像して見て下さい。本のタイトルはとても具体的にユーザーが解決したいと思っている問題のヒントを簡潔に記載されています。本のタイトルからいろんなことが思い浮かぶと思います。そこで浮かんだことを社内の情報と結合させてコンテンツとして公開すれば魅力的な情報になります。

本は販売しているので、ユーザーはそのコンテンツに対してお金を払います。本に書かれているような情報とは著者が違うので違う情報になるのは当たり前ですが、同じタイトルを違った目線で見たコンテンツとして公開すると、ユーザーにとっては無料で情報を得られるので、とても嬉しい情報になります。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください