発想法を使ってコンテンツを制作し続ける

コンテンツのネタに困ったら発想法を利用してみましょう

コンテンツを作り始めたけれど、すぐにネタに困って、更新が途絶えてしまう人も多いと思います。いつも同じ行動、同じ思考パターンではネタが尽きてしまいます。いつも同じ視点と固定観念で見ていると、WEBコンテンツは枯渇してしまうのです。同じ会社の中でも、視点を変えたり、ある分野に集中的に絞って見たりすることで、新たな発想が出てくる場合もあります。

そのようなコンテンツの更新に行き詰った人には、発想法を利用して、新たなコンテンツを生み出す事をお勧めします。発想法は、固定的に見ている状況を違った視点から見たり、より深く掘り下げて情報を出すものです。一つのキーワードから思い浮かぶ関連したキーワードを次から次から出して行き、コンテンツの元になるキーワードを見つけて行ったり、同じものでも角度を変えて見ることで、違った表現が出てきたり、違った表現になると、以前のコンテンツでは共感しなかった人が共感してくれたりと言う事もあります。何も描かずに唸っているよりは、楽観的な気持ちで、アイデアを出しながら、良質なアイデアを探して行くのが良い方法です。アイデアは量が多く出てくれば出てくるほど質の良いアイデアが含まれている可能性が高くなります。制限を加えず、質より量でアイデアを出すようにしましょう。また、さらに掘り下げて、細部にわたったコンテンツを公開すれば、新たな発見があったりします。

発想法にはいろんな種類があります。自分に合うものを使いましょう

発想法はいろんな人がいろんな目的で開発したもので、「発想法」で検索すれば、いろんな手法が出てきます。発想法には、問題の原因を見つけ出し、解決策を導き出すものや、現在行っている仕事のムダを無くすためのチェック項目を挙げたものもあります。

コンテンツを永続して作り続けるのに良い発想法は、KJ法、マンダラート、マインドマップなどです。このうちのいくつかを組み合わせて使うのも方法です。KJ法は数人が集まって、課題についてブレーンストーミングを行って、自由に意見を出し、カードに書き込んだものを関連するもの同士集めて、グループ化して表題を付けます。さらにグループの関連付けをすると言うのが大まかな流れです。

マンダラートやマインドマップは1人で作成できるもので、WEB担当者1人でも解決策が見つかりやすい方法です。マンダラートでは一つのキーワードから8つ関連した事柄が書き込まれます。8つの関連した事柄からさらに煮詰まるまで、8つずつキーワードを出して行きます。煮詰まるまでには、かなりのキーワードが出てきて、それぞれのキーワードでコンテンツを制作すれば、コンテンツが枯渇することはありません。マインドマップは一つのキーワードから枝を伸ばして、そこにキーワードを書き込んで行くものです。どの方法も自分自身に制限を加えずに自由に発想することで、新たなものを生み出す方法です。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください