飾らずありのままを表現する

不特定多数に読まれますが、自然体で

背伸びして飾ってもすぐにバレます

インターネット上にコンテンツを公開すると言う事は、不特定多数の目に触れることになりますが、そのために背伸びして飾った自分を表現しても、長く更新を続けていると、必ずボロが出てしまって、自分の本性が露になってしまいます。

自分らしい言葉で、自分の一番得意な分野のコンテンツを公開することが重要です。自分らしくない自分を演じているのは無理があり、コンテンツの公開を続けるのが負担になります。また、自分が得意では無いコンテンツを書くことも、必ず壁にぶち当たって行き詰ることになります。

良質なWEBコンテンツの公開を継続して行くためにも、自分らしくない自分を演じてコンテンツの公開をするようなことは避けましょう。自分らしくない自分を演じ続けることはとても苦しく継続するのが辛くなってしまいます。コンテンツは公開を継続して行くのが前提です。変に背伸びをしてコンテンツの公開を続けると自分自身が不自然に感じるようになります。

インターネットで不特定多数の目に触れると言うのは、別の見方をすると武道館のライヴのステージに立っているようなものかも知れません。そう思うと演じてしまうのも分からないではないですが、武道館のライヴは長くても数時間ですが、コンテンツの継続は何年も続くことです。とても演じ続けることは出来ません。

肩の力を抜いてありのままを表現する

普段通りのありのままの言葉で自然体を表現しましょう。良い事も悪い事も飾らず隠さず表現するつもりで、自然な状態を伝えるように心がけましょう。どれだけ背伸びして飾った表現をしても実際に商品やサービスを購入されたお客様には実態がバレてしまうのですから、飾った表現をするのは無駄なことです。

コンテンツを継続して公開を続けることは大変なエネルギーを要する作業です。コンテンツを作り出すだけでも多くのエネルギーを要するのに、さらに自分自身が背伸びして表現すると、とてもコンテンツの公開を永続することは出来ません。

コンテンツは長い時間をかけてユーザーをファンにして行くものなので、最初から肩に力が入っていては、とても継続することは出来ません。肩に力の入った文章を後で読み返して見ると恥ずかしいと思うような文章になっているかも知れません。後で後悔するようなコンテンツにならないようにできるだけ自然体で、ありのままを公開するようにしましょう。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください