WEB制作会社は、起源がシステム系かデザイン系かマーケティング系に分かれます

コンテンツを社内で制作できない場合は、WEB制作会社に依頼することがありますが、WEB制作会社のホームページがtitleに書かれているキーワードで検索上位に表示されていることと、コンテンツが豊富に掲載されていることを発注の基準にすることをご紹介しました。

さらにいくつかのWEB制作会社に絞り込んだ段階で、面談する時に、WEB制作会社の経営者の経歴や実績を確認して下さい。WEB制作会社には、システムエンジニアからWEB制作会社を立ち上げるケースと、デザイナーがWEB制作会社を立ち上げるケースと、実際にECサイトを運営した経験からWEB制作会社を立ち上げるケースがあります。

WEB制作会社には得意分野があります

システム系のWEB制作会社はプログラミングが得意です。システムエンジニアはユーザーの要望を聞いて、必要なシステムの仕様を決定し、おおまかな設計をするものです。ユーザーの要望に合うようなホームページの動作を確保することに対してはとても優秀です。

デザイン系のWEB制作会社は美しいデザインや商品に合ったデザインのWEBサイトを作ってくれます。色彩などについても専門的に制作してくれます。ユーザーが美しいと感じ、心地よいページやユーザーをデザインで誘導するページを作ってくれます。

マーケティング系のWEB制作会社は売れる仕組みを作ることに力を注いで制作します。アクセス数を増やすためのSEOやコンバージョンを上げるためのテキストや導線を作ることなどを考えてページ制作をしてくれます。

社内にWEB担当者がいて、納品後にコンテンツを追加したり、SEOが出来る場合は、どこに発注しても大丈夫ですが、社内で追加制作が出来ない場合はWEB制作会社はしっかりと選定しないといけません。WEBサイトが納品された時点で完成品なので、納品された時点のWEBサイトを見たユーザーとの商談成立になるようになっていなければいけません。デザインが美しくてもtitleタグに会社名しか記載されていないページやテキストがほとんど無いページでは、企業が望むキーワードで検索上位には表示されませんので、商談の場さえも持つことが出来ないことになります。SEOが出来ていて、検索でターゲットキーワードで上位に表示されてターゲットユーザーをWEBサイトに誘導出来たとすると、次は、訪れたユーザーに営業マンと同等のセールストークが出来るかどうかです。営業マンが当然するセールストークはホームページに記載されていないといけません。WEBサイトが営業マンと同じように商談成立まで持って行けるだけの情報は最低限掲載されていないといけません。

これだけの情報にさらに、ユーザーの感じている課題や問題に対する解答を掲載しないといけません。ユーザーは検索窓に質問を入力するようになり、課題や問題を解決できるWEBコンテンツを求めています。

得意分野はWEB制作会社の経営者が好きな分野でもあります

WEB制作会社がシステム系やデザイン系、マーケティング系などに分かれるのは、経営者がそれぞれシステムやデザイン、マーケティングが得意で好きだからです。だから、Googleがコンテンツを重視すると言っても、システム系やデザイン系の人たちはWEBコンテンツにはほとんど興味は無く、ひたすら自分の好きな分野を突き進んで行きます。ユーザーから要望があれば最低限の情報を収集して対応するだけです。人は誰でも興味の無い部分には、世の中がそちらに動いていても興味を示すことはありません。経営者が興味の無い部分を、ヘッドハンティングしてくるなどして補えば良いですが、どうしても興味の無い部分は優先順位が低くなります。

例えばデザイン系のWEB制作会社はブラウザの設定によって文字のサイズが変わるとレイアウトが大きく変化してしまうので、テキストの使用をとても嫌がります。しかし、コンテンツはテキストで掲載する必要があり、検索順位を決定するのはテキストなのです。なので、デザインがあまり前面に出過ぎると、美しいWEBサイトにはなりますが、全く検索エンジンにヒットしないWEBサイトが出来上がってしまいます。どれだけ美しいページであっても、世の中に存在しないのと同じWEBサイトでは意味が無いのです。

WEB制作会社に制作を依頼する場合は、この会社の経営者か担当者がECサイトの運営経験があって、それなりの実績を上げた経験があるかどうかが重要です。ECサイトの運営を経験していて、WEB上での集客方法やコンバージョンを上げる方法などについてのノウハウを持っていないと出来上がったホームページが即戦力として力を発揮しません。元々社内のリソースが不足していてWEB制作会社に依頼する訳ですから、WEBサイトが納品されてから社内で大量にWEBコンテンツを追加することは出来ないでしょうし、SEOなども含めたブラッシュアップは出来ません。なので、WEB制作会社の選定はとても重要です。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

こんなホームページ制作会社に依頼すると集客できません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください