良質なWEBコンテンツを作成する方法

自社独自のコンテンツの公開に注力しましょう

良質なWEBコンテンツを作成しようとする場合に、「他の上位表示しているサイトの内容を参考にする」とか「Googleのガイドラインを参考にする」などの情報があります。「他の上位表示しているサイトの内容を参考にする」と言うのは、上位表示されているサイトのコンテンツはGoogleに評価されているので、その内容を参考に、近い情報のコンテンツを作ると言うことです。しかし、競合他社のサイトを参考にしてコンテンツの制作をすると、オリジナリティの無い情報になってしまい、Googleで検索すると、どれも同じようなサイトが上位に表示されてどれを選べば良いのか分からないと言う問題をさらに加速させることになります。また、競合他社のコンテンツを参考にWEBコンテンツを作ると言うことは、オリジナルでは無く、所詮二番煎じです。Googleはオリジナルコンテンツでは無い情報は評価しません。ペナルティにはならなくとも、オリジナルコンテンツを上回る順位で表示されることはまずありません。

また、「Googleのガイドラインを参考にする」と言うのは、Googleが評価すると言っているガイドラインに沿ってコンテンツを制作して、上位表示を目指そうとするものです。Googleに評価されれば上位に表示されますが、Googleのアルゴリズムは常に変化していて、今はたまたま上位に表示されていても、アルゴリズムが変われば下位に転落することも考えられます。Googleのコンテンツに対する基本的な考え方は変わらないと思いますが、それを評価するアルゴリズムは変わります。これは、コンテンツをユーザー目線では無くGoogle目線で作ろうとすることになりかねません。Googleのアルゴリズムは発展途上でまだ完成していません。Google目線だけでコンテンツを制作すると、Googleに評価されると言って、キーワードを詰め込んでとても不自然な文章のWEBサイトが多く出現した昔と同じような不自然なコンテンツが溢れる可能性もあります。もし、そんなことが起こったら当然Googleはアルゴリズムを変更します。そうなると、Google目線で制作したコンテンツの順位は下落することになります。

コンテンツ

重要なことはそのコンテンツがユーザーにとって有益かどうか

良質なWEBコンテンツを制作するに当たって最も重要なことは、競合他社やGoogleの存在では無く、ユーザーにとって有益かどうかです。ユーザーが喜び、問題解決が出来、学びがあり、感動や共感があるかどうかに尽きるのです。ユーザーにとって嬉しい情報であれば、Googleは必ず評価して検索上位に表示してくれるでしょう。Googleに評価されることを考えるよりも、ユーザーに評価されることを第一に考えてコンテンツを制作し、ユーザーからリンクがもらえるようになれば、Googleも自然に評価してくれるようになります。

自社オリジナルのコンテンツを公開する

もう一つは、競合他社がどんなコンテンツを公開していようと、他社のことには気を取られずに自社のオリジナルのコンテンツを公開することです。それは、他社とは正反対のコンテンツになるかも知れません。多くの上位表示しているWEBサイトとは違う情報かも知れません。多くのWEBサイトとは違うコンテンツを公開すると「間違っている!」と批判されるかも知れません。一部の人は批判するかも知れませんが、多くの人は黙って支持してくれています。なので、批判されることには囚われず自分の信じることを公開するべきです。自社で行っていることは、自ら信じて商品を開発したり、選定したり、ユーザーへのサービスを実施したりしていることで、その背景を詳しく公開することが、他社と違っているからと言って萎縮する必要はありません。その商品やサービスを支持してくれているユーザーがいると言う事は、その背景のコンテンツも支持されるはずです。自社でしか出せないユニークなコンテンツが必ずあるはずなので、他社には出せないコンテンツを自信持って公開しましょう。

さらにGoogleに媚びるのでは無く、Googleを信じてコンテンツを公開しましょう。Googleの現在のガイドラインやアルゴリズムがどうであれ、Googleは「閲覧者にとって有益な情報を発信するWEBサイトを適切に判定して検索結果として提供すること」を創業当初から一貫して目的としています。そうであれば、小手先のテクニックでは無く、ひたすら自身の信じる有益な情報を発信し続けることが重要です。閲覧者にとって有益な情報を発信していれば、Googleは適切に判断して検索結果として必ず表示するようになるのですから。他の上位表示しているサイトをマネても、そのサイトよりも濃厚なコンテンツを発信することは絶対にできません。他人のマネをしても他人よりも上手くはなりません。自社が持っている情報を信じて、良質なWEBコンテンツさえ公開していれば、今は評価されなくてもGoogleはいつか必ず評価してくれると信じてコンテンツの制作を続けましょう。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO ・コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください