自分自身が大好きなサイトが制作できれば良質なWEBコンテンツです

自分自身が愛着を感じる良質なWEBコンテンツを公開しましょう

自分自身が作ったWEBサイトのことを自分自身が大好きで大切なものであれば、それは良質なWEBコンテンツになっているはずです。

コミュニケーションの決定権は受け手側にあると言われますが・・・・。でも書きましたが、コンテンツの良否は受け手側が判断するものですが、人は、誰の目も気にせず、自然で自分らしい状態が一番魅力的なのです。自然で自分らしい状態で発信される情報は良質なWEBコンテンツになるはずです。コンテンツはユーザー目線で、ユーザーが求めている情報を公開しないといけませんが、ユーザーが求めているからとユーザーに媚びてはいけません。ユーザーに媚びて不自然な自分らしくない情報は誰が読んでも魅力の無いものになってしまいます。ユーザーが求めているのは媚びるような情報では無く、オリジナリティが高く真実の情報を知りたいと思っています。もしも、コンテンツを読んで商品を購入したけれど、実際の体験がコンテンツとは違うものだと、ユーザーはそのWEBサイトに対して不信感を持ちます。ユーザーの質問に対する正確で明確な答えを求めているのです。情報の発信の仕方は自分らしく何の制約も無く伸び伸びと真実を発信しましょう。嘘で固めたサイトは絶対に好きになれないと思いますが、真実を正直に掲載し、自分自身が愛着を感じるWEBサイトが出来上がれば良質なWEBコンテンツです。

企業で制作するコンテンツの場合は上司のチェックが入ったりして、自分の思うままの情報を発信することは出来ないかも知れませんが、可能な限り自由に情報を発信できる環境を確保しましょう。自分自身の思い通りの情報が発信できれば、WEBサイトに対する愛着も出てくると思います。ある意味我がままなWEBサイトで良いと考えて下さい。強い個性を発信して、オリジナリティの高いコンテンツを制作すればGoogleからも評価されます。強烈な個性を発するWEBサイトには、ファンも出来る代わりにアンチも出現します。しかし、誰からも好かれるコンテンツにしようと、中途半端な情報発信になると、アンチが出現しない代わりに強いファンの獲得も出来ません。ファンがいないサイトはリンクも張られないし、SNSでの共有もされません。

自社の商品に対する愛着があれば、コンテンツにも愛着が滲み出ると思います。そして、自分自身の思いのたけを吐き出すような濃厚なコンテンツになれば、自分自身にとっても愛着のある大切なWEBコンテンツになるはずです。自分自身が大好きで友人にも自慢できるようなWEBサイトであれば、十分に良質なWEBコンテンツになっているはずです。自分自身のWEBサイトに最大限の愛情を注ぎ、少しずつ育てて行きましょう。良質なWEBコンテンツが少しずつ増えて行く度に検索順位が上昇して行くのも楽しみなことです。良質なWEBコンテンツの公開に愛情を持って楽しみながら続けて下さい。

大好き

自分自身が納得出来て愛情を感じるコンテンツを公開して下さい

WEBコンテンツは一つの作品でもあります。芸術家や作家の作品も著作者の愛情に溢れた作品です。作者が満足していて愛情のある作品で無いと名作として世の中に残りません。よく陶芸家が自分の気に入らない作品を叩き割っている光景がテレビで放送されたりしていますが、コンテンツも自分が納得できるものを公開して下さい。ただ、完璧なものを公開する必要はありません。陶芸品のように修正が効かないものではありませんので、とりあえず公開して、後で読み返して気に入らない部分があれば修正すれば良いのです。修正したら、Search ConsoleのFetch as Googleからインデックス登録をリクエストして下さい。

上司から言われて渋々作ったコンテンツが良質なWEBコンテンツになることは絶対ありません。上司とは十分納得出来るまで話し合ってコンテンツを制作しましょう。WEB担当者自ら作りたいと思って作るコンテンツじゃないと良質なものにはならないので、モチベーションが高まった状態で制作して下さい。

自分で公開するコンテンツが自分の子供や家族のように愛情を感じて大切なものになるように、1ページ1ページに十分な時間をかけて作って下さい。コンテンツが自信を持って他の人にも読んで欲しいと思える情報なることです。こんなもんだろうと言うような妥協の産物では無いようにしましょう。妥協したコンテンツでは、ユーザーに共感も感動も生み出しません。自分が好きじゃないコンテンツを好きになるユーザーはいません。自分自身が強い愛情を感じるWEBサイトになるように丁寧に気持ちを込めて制作しましょう。自分自身を伸び伸びと表現するコンテンツにしましょう。自分自身が愛することが出来るWEBサイトであれば、多くの人に愛される良質なWEBコンテンツになることは確実です。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください