良質なWEBコンテンツはある意味狂気でないと作成できません

競合他社と同程度で満足してはいけません

良質なWEBコンテンツの作成をする場合、「競合他社が出している情報はこの程度だから」と言う理由で、程々の情報発信にとどめるようなことは止めましょう、良質なWEBコンテンツを制作すると言うのは、これまでほとんど全くと言って良いほど行われて来なかったので、すでに公開されているWEBサイトの情報を基準にして、「この程度で良い」と判断してはいけません。そのような判断をしているといつまで経ってもコマーシャルから脱することは出来ないからです。

インターネット以前までのマーケティングでユーザーに商品を認知させるためには時間や文字数が制限されたコマーシャルかページ数に限りのある商品カタログか店頭のPOPしかありませんでした、なので、限られた時間や文字数で商品の良さをユーザーに効果的に伝えることを主眼にキャッチコピーなどが考えられて来ました。あまりにも限られた情報しかユーザーに伝えることが出来なかったので、商品の良さを簡潔に伝えることしか出来なかったのです。そんなマーケティング手法が長い間行われて定着してしまい、長い文章でユーザーに情報を伝えると言う感覚が全く無くなってしまっていたのです。日本では1888年に最初の広告代理店が営業を始めています。なので、インターネットの歴史と比べものにならない位広告の歴史は長いのです。そんなコマーシャルが情報発信の出発点だったので、発信できるページや情報の制限が無くなったWEBサイトでもこれまでと同じ発想のコマーシャルばかり掲載されていて、ユーザー目線で、ユーザーの不満や問題解決、共感や感動を得られる情報を発信すると言う発想は今でもほとんどありません。また、そんな長い文章をユーザーは読んでくれないと勝手に思い込んでいる人もいますが、長い文章が読まれないのは、商品の売り込みばかりで、ユーザー目線でユーザーの役に立つ情報では無いからです。さらに動画を制作して公開することも簡単に出来るようになって、多くの人に見てもらえる可能性もありますが、積極的に制作して公開している企業も少ないようです。

WEBサイトがほとんど文章の無い画像だけで作られているページがあるのもコマーシャルの名残りです。画像もどれだけ美しい画像を掲載しても、Googleは判定できません。画像はGoogleにとっては真っ白な紙が張り付けてあるようなものなのです。ユーザーにコンテンツをより理解してもらうためには画像を効果的に使うことも考えないといけませんが、Googleに認識させるためにはalt属性を記載しましょう。

狂気

これまでのユーザーに認知してもらうマーケティング手段

1、時間や文字数に制限ののあったテレビやラジオのコマーシャル

2、掲載面積に限りのあった新聞や雑誌の広告

4、ページ数に限りのあった商品カタログ

5、表示スペースに制限のあったPOP

これまでのマーケティング手法では、限られた時間や文字数で、簡潔に伝えるキャッチコピーが主流で、コンテンツを公開すると言う感覚はありませんでした。コンテンツの公開はこれまでのコマーシャルとは全く違い、今までの常識で捉えた正常な感覚では発信出来なくて、ある意味狂気でないと良質なWEBコンテンツの公開を続けて行くことはできません。WEB担当者は社内で変人扱いされる位になって下さい。

コンテンツの公開は革新的な情報公開です

良質なWEBコンテンツを制作すると言うのは、これまでのWEBサイトの制作からはある意味狂気で革新的な情報公開です。これまでは、商品の良さをユーザーに一方的に売り込むもので、その情報の元は商品カタログでした。良質なWEBコンテンツは商品カタログからのコマーシャルでは無く、社内にあるユーザーにとって嬉しい情報を公開するもので、これまでのWEBサイトを作る視点とは全く違います。これまで公開されているWEBサイトを基準にして、企業目線の情報に満足してしまうと、良質なWEBコンテンツにはなりません。これまでの常識からは全く逸脱した狂気でないと濃厚な情報を公開できません。

競合他社が公開している情報を圧倒的に凌駕した情報量の掲載を目指しましょう。競合他社がコンテンツの制作を検討した時に、自社のWEBサイトを見て「これだけの情報は出せない」と気持ちが萎えるほど他社を圧倒する情報の公開が重要です。競合他社が萎えるほど圧倒的な情報量のWEBサイトを制作するには鬼のように狂った状態になって制作に没頭しないと出来ません。コンテンツが注目され始めた今のうちに競合他社がコンテンツの公開を始める前に圧倒的な情報量を公開してしまいましょう。

競合他社がどんな情報を出していようと、自社のオリジナルの濃厚な情報を余すことなく、これでもかと公開して下さい。「こんなことまで公開して良いのか?」と思うものまで公開してこそ良質なコンテンツです。良質なWEBコンテンツは企業として、全力投球しないとユーザーが満足する情報にはなりません。企業内にある情報を出し尽くすくらいの気持ちで取り組まないと中途半端で誰も満足しない情報になってしまいます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください