コンテンツの質を保つために

限界まで掘り下げたコンテンツを公開する

Googleはコンテンツの質を重視しています。ユーザーもただ商品を売り込むだけのコマーシャルは拒否する傾向にあり、納得できたり、学びがあったり、問題解決できたり共感できたりするコンテンツを求めています。ユーザーは検索窓に質問をしますので、その質問に対する明確な回答が得られるWEBサイトを貴重に感じ大切だと思うのです。明確な回答をしてくれるWEBサイトは記憶に残ったりブックマークされたりして、長いスパンで商品の購入につながります。

徹底して掘り下げたコンテンツを公開する

質の高いコンテンツを提供するためには、一つのテーマについて徹底した掘り下げが必要です。表面だけ捉えたコンテンツではなく、もうこれ以上掘り下げることは出来ないと言う程度まで掘り下げたコンテンツの公開に努めると、コンテンツの質は高い状態を維持できます。一つのテーマについて、横に広げずに徹底して下へ掘り下げるコンテンツです。ナゼそうしているのか、ナゼそうしているのかと繰り返し問いかけてその段階ごとの回答を掲載して下さい。この問いかけを続けていると、もう回答が出ないと言うところまで来ます。そこまで掘り下げできれば良質なWEBコンテンツです。例えば飲食店だったら、「スープには厳選した素材を使っています」と言うだけではなく、使っている素材それぞれの産地や銘柄、なぜその産地や銘柄を使っているのか、他の産地や銘柄だとどう違って、なぜ採用していないのかを具体的に伝えましょう。違う産地や銘柄だとどんな味になるから採用しなかったのかをユーザーに分かるように解説しましょう。そうすることによってそのお店がいかに味にこだわっているかの本質が理解されるのです。この情報はユーザーが納得や学びにつながる情報です。「スープには厳選した素材を使っています」と言う表現はどこのお店でも使える言葉で、厳選した素材がどんなものなのかユーザーには全く分からないのです。「厳選した素材」と言う表現は、そのお店お店でどのようにでも定義できるので、厳選した素材を使っていると言う言葉だけでは単純に信用することは出来ないのです。当然、高級料亭と大衆居酒屋では、「厳選した素材」は客単価に応じた素材のはずです。大衆居酒屋では、価格を抑えても最良の素材をどうやって選んでいるのかを掲載しましょう。価格は安いけれど、高級素材と遜色無いダシが出る素材を使っているとか、一般の人には、高級素材だと言われても分からない素材を使用しているなどです。素材の具体的な旨みについての解説があればあるほど、一度そのお店で食事してみたいと思うようになるのです。そのこだわりはユーザーに共感され、SNSで共有されたりリンクをもらえる可能性もあります。そのためには、現場や開発担当者に対してかなり突っ込んだ取材が必要です。なので、コンテンツの制作は簡単ではなく、短期間に大量に制作することは出来ないのです。ここで何度も言っているように、競合他社が先行してコンテンツの公開を始めて、検索で上位に表示されると、それを追い越すことは、集中的に競合他社を質、量共に上回る勢いでコンテンツの公開を続けないといけないので、相当な労力を要し、かなり困難になります。

品質管理

例えば商品開発であれば、ユーザーの不満を解消するために設計を変更したのであれば、今までの設計のどの部分がユーザーの不満の原因になっていたのか、その不満を解消するために設計をどう変えたのか、それは何故そうしなければいけなかったのか、他の方法では何故ダメだったのか、など、設計試作段階で検証したことをほぼ全て公開するくらいにしましょう。これも、横に広げずに深く下へ掘り下げるようにしましょう。試作段階で上手く行かなければ行かないほど、コンテンツとしては深い内容になります。試行錯誤する中で考えたことや心理的な葛藤なども一緒に公開すると良質なWEBコンテンツになります。試作段階で上手く行かず挫折しそうになったことなども十分に良質なWEBコンテンツです。

企業内で行っている些細なことでも、徹底的に掘り下げれば、十分なコンテンツになって、ユーザーに学びを与えることができます。表面をすくった程度か、徹底的に掘り下げられているかが問題ですが、判断基準としては、WEB担当者として簡単に制作できたか、かなり苦労して搾り出して公開したかが分かれ目です。簡単に公開できたコンテンツは質の高いコンテンツでは無いと判断して下さい。一つのページに「十分搾り出したぞ!」と言う充実感と愛着のあるページになれば質の高いコンテンツになっていると認識して下さい。

ユーザーからの質問はその分野の素人の初歩的な質問もあれば、かなり専門的なものもあります。また、角度も人それぞれで、企業として想定していない質問もあるでしょう。どんな質問にも回答できるようなコンテンツにする努力があれば、多様なコンテンツを公開できます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください