良質なWEBコンテンツかどうかは濃いか薄いかです

良質なWEBコンテンツは超濃厚です

良質なWEBコンテンツがあるかどうかの差は、ユーザーがそのページを読んだ後に、濃厚だったと感じるか、薄いと感じるかの差です。濃厚なコンテンツはユーザーを勇気付けたり、モチベーションをアップさせたり、清々しい気分にさせたり、充実した気分にさせるもので、本当に良質なWEBコンテンツはユーザーの人生に良い影響を与えるものです。本でも、自分の人生に影響を与えた一冊があったりしますが、WEBサイトでもそのような影響を与えるような情報があればユーザーにとってもとても有益で、その情報を読んだユーザーは他の人にも知ってもらおうとSNSで共有したりblogでリンクを張ってくれるのです。インターネットが普及して、情報が溢れている現在でも、ユーザーは必死に検索して質問の答えを求めていますが、なかなか求める答えに辿り着けていないと言う現実から脱するためにも良質なWEBコンテンツを公開することは重要です。コンテンツを公開して、他の社員から「こんなことまで公開するんですか?」と言う意見が出てくれば、これまでの常識を超えた濃厚で良質なWEBコンテンツの公開ができたと考えれば良いでしょう。これまでの常識は、コマーシャルの限られた時間や文字数の中で商品の良さをコンパクトに伝えることでした。その考えが定着してしまい、WEBサイトでも情報は出来るだけ削ぎ落としてユーザーには最低限の情報だけシンプルに伝えようとしてしまっています。しかし、ユーザーが求めているのは、商品の売り込みでは無く、質問に対する答えです。ユーザーの質問は自社の商品に関するものだけではありませんが、企業や経営者としての経験の中で、ユーザーの役に立つ情報は公開しましょう。商品とは無関係の情報でも、そのコンテンツを読んで、共感を得られれば企業や経営者のファンになってくれるので、いつか商品の購入につながります。

インターネット以前のコマーシャルのような限られた時間や文字数やページ数の制限が無くなった現在のWEBサイトでは、一方的に商品の良さを売り込むコマーシャルの発想では無く、ユーザーにとってより良い情報を公開することです。今でも時間や文字数の制限のあったコマーシャルの感覚が残っているようで、WEBサイトに制限無く大量のコンテンツを掲載することに躊躇する人もいますが、一方的に送りつけられるコマーシャルと違って、WEBサイトはユーザーが検索してその情報を求めて訪れるので、そこにはユーザーを十分に納得させるだけの情報が必要なのです。一方的に送りつけられる情報が長い文章だと完全に拒否されますが、短いキャッチコピーなら受け入れられる可能性があるのです。このコマーシャルのような企業側の都合の良い情報ではなく、ユーザーが求めている情報を想定して、ユーザー目線で情報を公開しましょう。

また、名刺に印刷されているURLは商談したお客様にさらに自社の商品について知ってもらうための情報でなければいけません。商談時にしゃべったことでは伝え切れなかったことを全て公開していないとホームページとしての意味をなしません。ユーザーが疑問に思うことの回答を完全に掲載されている必要があるのです。商談時にはかなり商品についての説明をすると思いますが、ユーザーが後からふと疑問に思うこともあります。そのような疑問を想定して回答を掲載するのです。疑問に対する完璧な回答が掲載されていれば商談成立となるはずです。商品のコマーシャルでは無く、あるがままを隅から隅まで余すところ無く公開すれば、濃厚なコンテンツになるはずです。

濃淡

WEBコンテンツを制作するに当たって、競合他社と比較する必要は全くありません

良質なWEBコンテンツは非常に濃厚で、読み手にとってもかなりエネルギーを必要とするものです。それほど濃厚なWEBコンテンツを制作するのは当然かなりのエネルギーが必要で、相当気合を入れて制作しないと濃厚なWEBコンテンツにはなりません。WEB担当者としても、よく見かけるWEBサイトとは一線を画したページで、ちょっとこんなWEBサイトは無いぞと思えるコンテンツを制作して下さい。競合他社がどんな情報を公開しているのかは全く考える必要はありません。競合他社と同じような情報ではすでに情報を公開している企業を追い越すだけの情報は出せないので、他社と同じ情報では駄目なのです。他社と似たページになるとユーザーはどのWEBサイトから購入すれば良いのか分からず、より価格の安いサイトから購入してしまい、価格競争に陥ってしまいます。全くのオリジナルで強い個性を持った情報を発信して下さい。WEBサイトを制作するにあたって、競合他社と比較して似通った情報を発信する必要はありません。我が道を突き進んで下さい。そうすれば、他社とは全く違ったオリジナルの良質なWEBコンテンツになると思います。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです ・良質なページを上位表示するコンテンツSEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください