モバイルコンテンツ優先の検索結果になります

パソコン向けページとモバイル向けページのインデックスの優先順位が逆転します

Googleは2016年10月にモバイルファーストインデックスを発表しました。これまで、パソコンのWEBページを評価した基準で検索結果が表示されていましたが、これからはモバイル向けのページを評価して検索結果に表示され、パソコンからの検索も、モバイル向けページの評価を基準にして出来上がった検索結果を表示するようになります。これは、パソコンのWEBサイトをクロールしてGoogleのデータベースに格納して検索結果を表示していたのを、モバイル向けのページを優先してクロールしてデータベースに格納すると言う事です。モバイル向けページが無い場合はパソコン向けページをインデックスすると言われていますので、モバイル向けのページを持っていないサイトの場合はあまり大きな影響は受けないと思いますが、モバイル向けのページがパソコン向けのページに比べて大幅に省略したページになっている場合は対応が必要です。実施は2017年の後半以降とのことなので、モバイル向けのページが省略されたページの企業は早急にページの準備を始めて下さい。

この際レシポンシブデザインを採用しましょう

どれだけ作り込んだパソコン向けコンテンツのページがあっても、モバイル向けコンテンツのページは、とりあえず作っただけで中身がほとんど無いと言う場合はモバイル向けページがGoogleのデータベースにインデックスされて評価されるので、順位が大幅に落ちることが考えられます。パソコン向けコンテンツとモバイル向けコンテンツで違うページを運営するのは手間でもありますし、これまでの習慣でパソコン向けのページの更新が優先されてしまいます。モバイルファーストインデックスを機会にレスポンシブデザインに変更すると良いでしょう。レスポンシブデザインはパソンコ向けコンテンツのページをそのままモバイル向けコンテンツのページに変換してくれるので、メンテナンスはパソコン向けのページだけで良くなるので、手間ははるかに少なくなります。また、パソコン向けのページと同じ情報がモバイル向けのページに表示されるので、Googleがモバイルファーストインデックスを採用しても全く問題ありません。

パソコンから始まったインターネットは、携帯電話を経てスマートフォンが主流になり、2015年5月のGoogleの発表では、アメリカや日本を含む10ケ国では、モバイルデバイスからのGoogle検索が、コンピュータからの検索より多く行われている状態になりました。今後さらにモバイルデバイスのアクセス比率が高くなると思います。

現在のスマートフォンはパソコンを小型化して持ち歩いているようなものです。ディスプレイのサイズが小さいだけで、出来ることはパソコンとほとんど変わりません。スマートフォンの機能やスペックは今後さらに向上すると思われますし、月額料金も低価格の格安スマホの会社も出てきているので、スマートフォンの利用者はどんどん増えると考えられます。Googleがスマートフォン向けのページを優先してインデックスすると言うのは利用者の増加からも当然のことです。Googleもメインのユーザーはパソコンのユーザーではなく、スマートフォンのユーザーだと判断したと言う事で、スマートフォン利用者に対して適切な検索結果を表示することがユーザーのニーズに合っていると判断したのでしょう。実際、パソコンは使わないけど、スマホは使うと言う高齢者もいます。さらに高校生でパソコンを持っていない人の割合が45%との調査結果もあります。この傾向は特に日本で顕著です。スマートフォン対応のホームページを持っていないことはECサイトとしては致命的です。スマートフォンを利用した検索がパソコン向けの検索数を越えたと言う事は、スマートフォン向けのページのデザインやユーザビリティにも十分な注意を払わないといけない状況になっているのです。

Googleがスマートフォン向けのページをインデックスして検索結果の順位に反映すると言うのは、当然の流れで、今後さらにスマートフォンをターゲットにした変更がされて行くでしょう。これからはWEBサイトの中心はスマートフォン向けページと考えることです。スマートフォン向けのページが良質なWEBコンテンツを持っていれば検索順位でも有利に働くので、レスポンシブデザインでパソコン向けページと同様の情報を掲載しましょう。パソコン向けのページでどれだけ良質なWEBコンテンツを掲載してもスマートフォンで表示されなければ意味がありません。

どれだけ良質なWEBコンテンツを量産したパソコン向けページを持っていても、スマートフォン向けのページが大幅に省略したページの場合は、その省略されたページを基準に検索順位が評価されるので、省略されてスマートフォン向けのページは持っていない方が良いと言う事です。

モバイルフレンドリーテストでモバイルフレンドリーなページになっているかどうか調べることができます。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください