非SSLではユーザーが離脱します

SSL化は必須です

Googleは2014年にSSL化されたWEBサイトをSEOの評価として優遇すると発表しました。つまりhttpsがSEOでプラスに働くと言う事です。SSL化とはサーバーとクライアント間の通信を暗号化するセキュリティ対策です。

最近は、スマートフォンやタブレットを公衆無線LANに接続する場合がありますが、公衆無線LANでは、なりすましアクセスポイントの危険もあります。SSL化していれば、WEBサイトを訪れるユーザーが公衆無線LANでなりすましアクセスポイントに接続してしまっても、通信内容を盗み見られる心配は無くなります。ハッカーはWEB通信を盗み見るのは簡単だと言っていますので、SSL化はユーザーの個人情報を守るためにも重要です。SSL化に対しての動きが鈍い企業は個人情報保護の意識が低いとユーザーから見られても仕方がありません。

すでにChromeやFirefoxで非httpsページに警告を表示するようになっています

  • Google Chromeでの表示chromehttp非httpsの場合、ⅰが表示されて、ⅰをクリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」と表示されます。chromehttpshttpsの場合、緑色で鍵が表示され、「保護された通信」になります。さらに鍵をクリックすると、「保護された接続」となって「お客様がこのサイトに送信した情報が第三者に見られることはありません。」と安全な接続だと知らせてくれます。
  • Firefoxでの表示firefoxhttp非httpsの場合、ⅰが表示されて、ⅰをクリックすると、「この接続は安全ではありません」と表示されます。firefoxhttpshttpsの場合、緑色の鍵が表示されて、ⅰをクリックすると「安全な接続」と表示されます。

 

ブラウザの国内シェアが合計50%を超えるGoogle ChromeとFirefoxでSSL化されているかどうかによって表示が変わる状態で、このことが一般のユーザーにも知れ渡るようになると、SSL化していないWEBサイトはかなり不利になります。実際にWEBサイトで買い物をした翌日から迷惑メールが急増すると言う経験をした人も多いでしょう。特にクレジットカード情報などを入力する通販サイトではSSL化していないとクレジットカード情報を盗み見られたり発注量を改ざんされる可能性があるので、ユーザーはリスクのあるサイトでクレジット情報や個人情報の送信はしなくなるので、致命的な事態になります。Chromeは今後クレジットカード情報入力ページではhttp接続に警告を表示するとのことです。そうなると、警告が表示されるサイトでクレジット情報を入力することに怖いと感じる人も出てくるので、カートに商品を入れても決済をせずに離脱するユーザーが増える可能性があります。

SSL化がGoogleの検索結果にどの程度の影響が出るのかは分かりませんが、良質なWEBコンテンツを制作しても、検索結果で不利になるような非SSL状態は避けた方が良いでしょう。良質なWEBコンテンツを数多く掲載してユーザーがファンになってくれても、発注ボタンは押さないページだと、コンテンツの効果は出ません。SSL化は以前はかなり高価でしたが、今では安価にSSL化ができるようになりましたので、契約しているレンタルサーバー会社に確認してみましょう。

プライバシーポリシーに個人情報保護を記載しながらSSL化しないのは矛盾しています

SSL化しているかしていないかは、その企業が個人情報を保護しようとしているか、していないかをユーザーに示すものなので、個人情報を守る姿勢をユーザーに伝えるようにしましょう。プライバシーポリシーを掲載していて、個人情報が盗み見られるような状態を放置していては、企業の姿勢として、プライバシーポリシーに個人情報を保護すると掲載していながらSSL化していない状態は矛盾します。

どれだけ良質なWEBコンテンツを制作しても、ブラウザで安全ではないと表示されてしまうと、ユーザーはすぐに離脱してしまって、中身を読んでSNSで共有されたりblogからリンクされることは限りなくゼロになってしまいます。

現在でもGoogleの検索結果に示されるURLはSSL化されているWEBサイトはhttpsから表示されますが、非SSL化のWEBサイトはドメイン以下が表示されますので、今後SSLについてのユーザーの認識が高まれば、検索結果でSSL化の有無を判断してWEBサイトにアクセスするかどうかを決めますので、非SSL化のWEBサイトは検索で上位に表示されていてもアクセスされる可能性はかなり低くなります。

非SSL化のままだと、良質なWEBコンテンツで勝負する前に負けてしまうことになるので、せめて競合他社と同じ土俵に立てるような対策は最低限しておきましょう。戦わずして負けるのはとても悔しいことで、何としても避けたいことです。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください