今の自分は過去の選択の結果です。

今の自分は意識したかしないかは別にして、自分自身が過去にした選択の結果です。つまり今の自分は自分自身が選んだ結果だと言う事です。結果がどれだけ不本意な状況であっても、結果責任は全て自分自身にあります。このように一つ一つの選択はとても重要なものなのですが、小さい頃からの習慣で無意識にしている選択が特に問題で、ワンパターンの選択で自分を特定の状況に陥れるような結果になります。

自分自身については、以外に知らないものです。例えば、「今、ここ」の自分を自分自身で見ることは出来ません。鏡に映る自分は左右反転していますし、ビデオカメラで撮影した動画は過去のものです。「今、ここ」と言う、場所も時間も移動していない自分を客観的に見るには意識することが必要です。意識は過去にも未来にも移動します。また、時間の移動に伴って場所もいろんなところに移動します。過去に移動すると、後悔。未来に移動すると不安になることが多いです。自分の意識が「今、ここ」に無いことに気づくようになると、かなり長い時間、現実と正対することが出来るようになります。「今、ここ」に意識があると、感情が入り込まず、現実に起きていることを客観的に捉えることができるようになります。そうなると起こっている事象からの気づきがとても多くなります。この「今、ここ」に集中して最良の選択が出来れば、結果はおのずと違うものになって来ます。過去の選択の中で、当時はその選択肢しか無かったと言う人もいるでしょう。しかし、それは、それ以外の選択をした場合に起きる他人との摩擦を恐れて、最初から選択肢から外してしまったのだと思います。他人との摩擦を恐れる心は、意識が未来に移動した時に起こります。意識が「今、ここ」にあれば違う選択が出来たかも知れないのです。「人生の終盤で気づく5つの小さな後悔」の中に 「他人が期待する人生ではなく、自分自身に正直に人生を歩む勇気を持てばよかった」と言う記述があります。多くの人は、自分自身では無く、他人の期待に応えようとして、誤った選択をすることが良くあるのです。

私も過去に大きな選択ミスをしたことがたくさんあります。何度も経営危機に陥ったことも自己破産に至ったことも自分自身の選択でした。しかし、その間違った選択から学び、これからの人生に生かすことが出来れは、人生は豊かなものになります。

独立することを選択したわけですから、これまでの安定した生活では無くなりますが、これも自分自身の選択なので、結果は受け入れなければいけません。この選択が最良の結果につながるように、これから訪れる選択の機会を「今、ここ」で客観的に冷静な判断をしていきたいと思います。

日本では、自己破産から再起するのは難しいと言われますが

2016年11月から独立しましたが、それまで勤務していた会社とコンサルティング契約をして、しばらく収入は維持できました。さらに2017年1月に初めての仕事を受注しました。滑り出しは順調で、今後確実な成果を出して次に繋げたいと思います。

日本では一度自己破産すると再起は難しいと言われますが、着実に再起したいと考えています。うつ病を患って自己破産しているので、普通ならうつ病から立ち直るだけでもかなりの年月を要するものですが、うつ病と自己破産の二重苦から再起を果たしたいと思っています。

事業計画と行動計画はとても大切

2016年11月から、公益財団法人 富山県新世紀産業機構 富山県よろず支援拠点 で事業計画と行動計画の作成支援をしていただいています。2017年3月に重要成功要因の抽出まで作成した時点で、本来のターゲット顧客と違う人に向けてホームページの作成をしていたことに気付きました。これまで頭で思い付いたことを行動に移していましたが、ワークシートに従って、しっかりと紙に書き出して冷静に考えて見ると、自分のやっていることがチグハグしていることに初めて気が付いたのです。こうやってロジックに書き出して見ないと分からないことで、大変重要なことに気付かせて頂きました。このまま気付かずに仕事を続けていたら、ユーザーとマッチング出来ないまま年月が過ぎて行くところでした。感謝です。

良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です ・何度も経営危機に直面したコンテンツ ・服の品質の見分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください