「悪い商品を掴まされた!」と言う経験をしないための情報提供がコンテンツです

ユーザーが求める商品を迷わず買える情報がコンテンツです

最近Googleの検索結果にも影響するようになってSEOでも重要視されている「コンテンツ」ですが、コンテンツと言う言葉が何を意味しているのか、とても分かりづらいですよね。wikipediaでもコンテンツは「中身」のことと書かれていて、WEBサイトの場合、何を指しているのか分からないです。

ECサイトの目的が物を売ることであれば、その中身はほとんどがコマーシャルです。コマーシャルはコマーシャル・メッセージと言い、「商業用の宣伝」です。コマーシャルばかりが放送される番組は、テレビショッピングだけです。こんな番組はよほど他の番組が面白く無いか、他にすることが無いかで、通常ならばほとんどの人が見たくも無いと思います。自分が販売している商品が良いと言うのは売り手であれば当たり前のことで、自分が販売している商品が良いと言うのが、コマーシャルなのです。そのことだけを繰り返し聞かされるのは、見る側にとっては苦痛にも感じて来ます。

ECサイトでも同じことが言えて、売り手側にとって都合の良い情報ばかり書かれたコマーシャルはどのサイトを見てもほとんど同じような情報ばかり書かれていて、一見してどのサイトが自分の求めている商品を販売しているのか判断できず、少し読んでブラウザの戻るボタンを押し、また違ったサイトを訪れて少し読んで戻るを繰り返すうちに、次第に中身を読んでもらえなくなります。

情報提供

良質なWEBコンテンツはどうやって作るのか、どんな視点で見つけ出せば良いのか。

コンテンツは社内にあるのですが、見つけ出す視点はユーザーの視点が必要です。

ユーザーが「悪い商品を掴まされた!」とか「失敗した!」と思う時は、どんな商品を買ってしまった時なのかを考えて見ましょう。ユーザーは常に期待通りか、期待以上の商品を求めています。しかし、実際には期待外れの商品にめぐり合ってしまうこともあります。そのような期待外れの商品を買わないようにする、商品の見極め方を伝授することはとても有益なコンテンツになります。また、商品の意外な使い方や、商品を使い倒す情報。使用後の手入れの方法。お客様からのクレームへの対応や再発防止策、新商品の開発プロセスや、トラブルシューティングなど、企業内で行っている活動全てがコンテンツになります。企業が商品やサービス、顧客対応などについて真摯に取り組んでいることは全て良質なWEBコンテンツです。それぞれの情報については順を追ってご紹介します。

ユーザーの失敗や後悔を回避できる情報がコンテンツです

ユーザーは検索結果から見つけ出したページを訪れ、少し読んでブラウザの戻るボタンを押し、また違ったサイトを訪れて少し読んで戻るを繰り返しコマーシャルの中から商品を購入します。そして「悪い商品を掴まされた!」とか、「思っていた品質じャない!」や「契約上のトラブル」と言った経験をするのです。そのような事態が頻発して、ユーザーからECサイトが信用されなくなってEC自体が衰退するようなことがあっては、Googleにとっても死活問題です。まぁ、これほど事態が悪化することは有り得ないとは思いますが・・・・・。

このようにユーザーが「悪い商品を掴まされた!」と言う経験をしないための情報提供が一つのコンテンツになります。「良い商品と悪い商品を見分けるポイント」を明確に伝えることで、ユーザーの後悔を防ぐ問題解決になります。このポイントを明確に伝えることができるサイトのオーナーはその商品に精通していると言う事を示す証拠にもなりユーザーからの信用を獲得することも出来ます。また、同じ商材であってもサイトによって、見分けるポイントが違っていれば、ユーザーにとってより重要と思うポイントを判断基準にしているサイトから商品を購入すれば良いのです。判断基準を明確に伝えることで、ユーザーとの信頼関係も出来上がり、そのユーザーはリピートユーザーとなってくれます。このようにユーザーが求める品質の商品を間違いなく手に入れることができる情報を提供することは、ユーザーが疑問に思うことを解決することになるので、良質なWEBコンテンツと言うことが出来ます。

また、商品を永くご愛用いただくための保管方法や手入れの仕方なども、商品を熟知していないと出せない情報なので、商品に精通していることを示す、大事なコンテンツとなります。提供した情報を読んで商品を購入するお客様は、その商品に対する思い入れも大きいはずで、商品を大切に使いたいと思っているので、そのようなニーズにも応えることができるコンテンツを提供できるサイトもユーザーにとっては貴重なサイトとなるはずです。

商品の良し悪しを見分ける基準がコンテンツです

商品のどの部分をどんな基準で見れば、商品の良し悪しが分かるのか、品質を決定付けるポイントはどこなのか、このポイントは商品を扱っているショップによって違うかも知れません。違っていれば違っているで良いのです。それぞれのユーザーにとってより重要と思うポイントを重視しているショップの商品を買い求めれば良いのですから。また、基準もショップによって厳しい基準のところもあれば、比較的緩い基準のところもあると思います。ユーザーは必ずしも高品質、高価格を求めているわけではありません。商品によっては低品質、低価格でも良いと考えている商品もあります。ほどほどの価格で最低限の品質さえ確保できていれば良いと考えている商品を求めているユーザーは、それに合った見分け方の基準を明示しているショップの商品を買えば良いのです。このようにして、ユーザーとショップのマッチングも上手く図ることが出来て、一度買ってくれたユーザーは自分の商品の価値基準と合っているショップのリピートユーザーになります。ユーザーが欲している商品はどんな商品なのか、その商品を確実に手にする商品の見分け方や選定方法を提供できれば、ユーザーにとってはとても貴重な情報になります。

このように、ユーザーが望む品質の商品をコマーシャルで押し付けるのでは無く、ユーザーの目線で、そのユーザーにとって良い商品を間違いなく手に入れることが出来る情報は、ユーザーの商品に対する疑問を解決することができる良質なWEBコンテンツとなります

その他にも、企業としてユーザーにより良い商品を提供するために様々な努力をしていると思います。品質改善の取り組みや、コスト削減、納期短縮。環境保護への取り組みなど、たずさわっている人にとっては毎日のことで当たり前と思いがちですが、一般の人にとってはびっくりするような情報な場合もあります。日々行っていることを当たり前と思わずに些細なことでも情報として公開するのが良いでしょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください