実体験が無いと良いコンテンツは作れません

全てのコンテンツは実際に経験していないと書くことができません

ここまで、いろいろ書いてきましたが、読んでいただいて分かると思いますが、良質なWEBコンテンツを制作するためには、経営者も社員も実際にそのことを体験しないと書くことができません。

食べログなども実際にそのお店で食事をした人の実体験が書かれているから価値があるのであって、これがお店に行ってもいない人の書き込みばかりになると食べログの価値は無くなります。また、ステルスマーケティンのように企業からお金をもらってレビューを書いたものもGoogleにバレてしまうとペナルティを喰らいますし、ユーザーにとっても有益な情報ではくユーザーを翻弄する情報です。実体験した情報でないと価値は無いのです。

商品の開発やクレーム対応、ライフスタイルを実体験してユーザーに届けるコンテンツも実際に経験せずに架空のコンテンツを掲載しても、ユーザーの心を打つようなコンテンツにはならず、すぐに偽物であることがバレてしまいます。偽物のコンテンツを掲載すれば、ユーザーから不信感を持たれてしまい、逆効果になってしまいます。実体験の無いコンテンツは空虚で意味の無いものなのです。実体験しているからこそ、生々しい現場の声を発信することができるので、実際に体験して、そこから得た貴重な経験をコンテンツにして下さい。

その道のプロであれば誰でも書けるようなコンテンツであれば、多くのサイトで公開できますが、真に深みのある読み応えのある良質なWEBコンテンツは実体験と実体験からの深い学びが無いと作れません。深い学びは、色んなことにチャレンジして手痛い失敗もして、そこから立ち直る時に深い学びが生まれるのです。失敗から学んでいない人は同じ失敗を繰り返しているので、深味のあるコンテンツは作れません。同じ失敗を繰り返している人は周囲の支援も得られなくなって来るので、その人はインターネット上でも被リンクは得られません。

実体験

チャレンジや挫折から這い上がるような経験がコンテンツを生み出します

つまり会社の内外で色んなチャレンジをした人じゃないと深い体験や学びは生まれて来ず。深みのあるコンテンツも制作できないのです。良質なWEBコンテンツが作れるかどうかは、何度もチャレンジして、挫折しても立ち上がり挫折から学んだかどうかを判断する材料にもなると言うことです。

コンテンツを公開出来ない企業は、何の障害も無く先代の蓄えを食い潰してただ生き延びている会社かも知れません。世の中は常に変化しているので、何もしていないと言う事は、他の企業に追い越され続けていると言う事で、何もしていない事は安泰のように見えて、とても危険なことなのです。何もしていなければ、企業内で発見や気付きも無いのでコンテンツとして公開する情報は当然ありません。経営者として、色んな経験をして、何度も挫折を味わいそれでも立ち上がって行く人たちには、溢れ出るようなコンテンツがあるはずです。話しをしていても、とても興味深く、気が付けばこちらが身を乗り出して聞いているような話しをしてくれる経営者がいます。この人たちは、多くの挫折で傷つきながら、その傷が癒されるにつれて、傷を自分自身のエネルギーや肥やしに変換できる人なのです。そんな人は、存在感があり、自然にしていても魅力が溢れ出ています。

良質なWEBコンテンツを作り出せる人は、仕事や人生から多くのことを学び、とても価値ある人生を送って来たのだと思います。嗅覚が敏感で、一つの事柄でも色んな角度から見つめることが出来、普通の人では思いつかないことでもコンテンツにしてしまう能力も身に着けているかも知れません。チャンスの前髪を掴むと言う話しがありますが、「チャンスの神様には前髪しか無く、チャンスが通り過ぎてから気付いても遅い」と言う例えです。敏感な経営者はこのチャンスの前髪を掴むことにかけては天才的な能力を持っています。この能力は日々起こる出来事を色んな角度で見ることが出来、色んなことと結びつける能力です。普通の人は感じないものを感じ取り、普通の人は思いつかないもの同士を結び付けでね事業の成果を見ることが出来る能力です。このような視点を持っている人は、社内外で日々起こっていることをコンテンツに出来ます。普通の人が気付かないことをチャンスと感じる能力は特殊な能力かも知れません。他の人は気づかない、何気ない出来事からも発見があり、一つ一つの出来事をとても豊かに感じ取れる人です。

このような人は同じ時間生きていても、感じる豊かさは格段に多く、世の中の豊かさを存分に味わっていることでしょう。同じものを見ても普通の人とは全く違ったものを見ているのです。コンテンツがふんだんにあるサイトを運営している会社の経営者は、果敢にチャレンジをして、挫折も味わい時には倒産の危機にも直面し、実際の倒産も経験しているかも知れません。深みのあるコンテンツを公開できる人は、何度も何度も打ちのめされても、それでも立ち上がった人なのだと思って下さい。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください