経年劣化についての情報もコンテンツです

経年劣化を正直に伝える情報はコンテンツです

商品には必ず寿命があります。消耗品のように劣化を感じる前に消費してしまうものもあります。プロ仕様の機械などはかなり堅牢な作りで、耐用年数も長いので、購入した側にとっては劣化は当然と受け止めることができるほど長持ちします。

しかし、家庭で日々使用する商品は経年劣化が目立つ商品もあります。経年劣化で代表的な商品は衣料品です。衣料品のなかには洗濯の度に、型崩れ、色落ち、ゴムの緩みなど明らかに劣化して行くものもあります。流行の最先端の商品は新素材を使っている場合があります。新素材は風合いや機能性などを向上させた新商品ですが、生地を作るメーカーは生地の風合いや機能の新しさなどは追及しますが、素材そのものも不安定な場合があり、縫製のし易さなどは全く考慮しません。なので、縫製できないような素材もあります。素材に合わせてミシンの調整もするのですが、十分な対応が出来ないまま生産が終わってしまう場合もあります。そのような商品は素材と縫製がマッチしていないので、洗濯すると急激に縮むこともあります。インターネットで商品を購入するユーザーは通常、新品の写真しか見ていません。新品の画像はとても綺麗で、その画像に惹かれて商品を購入します。しかし、その商品の洗濯を繰り返すとどうなるのかは全く想像が付きません。劣化が激しいかどうかはロシアンルーレットのようなもので当たり外れが激しいので、外れを引いても諦めてしまう人が多いと思います。しかし、実際に外れを引いてしまうと、買った店やブランド、どこの国製かなどインプットされます。インプットされた情報は次回の購入時に思い出され、同じブランドの商品は避けるかも知れません。特に新素材を使った流行の最先端の商品は、流行に敏感な人が真っ先に買うので、劣化が激しいととてもショックだと思います。また、オリジナルTシャツのプリントも新品の発色がとても良い商品でも、洗濯堅牢度が低く、洗濯すると色落ちやひび割れするものもあります。プリントも洗濯でどの程度劣化するのか全く分かりません。ただ、オリジナルTシャツは発注頻度があまり高く無いので、一度失敗すると二度目はほとんど無いので、最初の注文で確実に良い商品を手にしたいと思っています。ジーンズのように洗濯して色落ちすることによって味が出る商品もありますが、ほとんどの商品は出来る限り新品の状態を維持したいと思うのですが、実際には悲しいことに劣化して行きます。ユーザーは衣料品を購入する際は、ある程度の劣化は想定していますが、想定以上の激しい劣化があると購入したサイトに対しての信頼を無くします。洗濯や使用を重ねるとどれだけ劣化するのか事前に分かるようなサイトを運営していれば、そのサイトに対して大きな信頼を寄せていただけると思います。劣化の度合いが公開されていれば、商品の価格と劣化の度合いを天秤に掛けて購入を決定できますので、劣化の程度を納得して購入していれば、不満は感じません。

劣化

劣化のサンプルを見せることも重要なコンテンツです

洗濯堅牢度や耐光堅牢度○級と言う表示と合わせて、その等級はどれくらい色落ちしないのかの説明があると良いでしょう。また、実際の商品を洗濯して、洗濯10回目、20回目、50回目の状態をカメラで撮影して、公開するのも良いでしょう。実際の商品を洗濯するのはコストがかかり過ぎるので、メーカーから生地サンプルをもらい一定の大きさに切って、洗濯後の色落ちや縮みや伸びを比較すれば良いでしょう。縮みや伸びは実際の商品に換算して、どの程度縮むのか伸びるのかを知らせることは重要です。お気に入り商品を購入しても、洗濯する度に激しく劣化するとユーザーはかなりショックです。オリジナルTシャツのプリントも洗濯で、色落ちやひび割れがどの程度なのか、ユーザーは全く分かりません。イベントで一回きりの着用のものなら多少品質が悪くても価格が安ければ妥協はできますが、自分でデザインしたお気に入りであれば、簡単に劣化すると困ります。実際に洗濯した画像を公開できるのは、商品に自信がないと出来ません。極端な劣化をした商品をそのままユーザーに伝えると商品が全く売れなくなってしまうので、劣化が激しい商品の選択後の画像は公開できません。また、劣化を極力防ぐ洗濯の方法や保管方法を紹介するのも良い情報だと思います。劣化を防ぐ洗濯や保管方法はユーザーのかかえる問題を解決できます。洗濯の仕方については洗濯・染み抜きドットコムが詳しい情報を掲載していますので、リンクするだけでも良いかも知れません。この情報はユーザーが商品を購入した後に後悔するのを避ける良質なWEBコンテンツです

高いお金を払って、流行の最先端の商品を購入したけど、一回洗濯したら縮んでしまって、二度と着れない商品を手にしてしまった悲しさを理解できたら、商品の劣化に関するコンテンツの重要性が分かってもらえると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください