導入事例やお客様の声もコンテンツです

お客様の声を正しく伝えるのはコンテンツです

システムや設備の導入事例は問題解決です

システムや設備の導入は以前の設備の故障の頻発や劣化、システムの性能の不満を解決しようとして導入するもので、通常は十分に元が取れていて、新しい設備の導入は織り込み済みで自然なものです。しかし、以前の設備が導入した企業の要求をほとんど満たさず、導入当初から不満であった場合は、新たな設備の提案は慎重に行わないといけません。導入を検討するに当たって、以前のシステムや設備にどんな問題があるのか。機能が問題なのか、効率が問題なのか、品質が問題なのかをしっかりと分析して、具体的な改善策として、何をどう改善するために、どんなシステムや設備を提案したのか。それは以前のシステムや設備と比べて何が改善できるのか、どんな点が優れているのか。商品を提案するまでに社内で検討したことも公開すると良いでしょう。システムや設備の導入はそれなりの金額の投資になるので、導入に際して、納入先の企業でも十分な検討がなされるので、失敗はそんなに多くは無いと思いますが、万一失敗してしまうと、かなり信用を落としてしまいます。そして、導入後に以前の課題は改善されたのか。改善の程度はどうなのか、ユーザーは十分に満足していただけたのか。数値で示すことができるのなら数値で示すと良いでしょう。最後にはユーザーの導入しての実体験を掲載することになるので、ユーザーの声も正直な意見を掲載しましょう。この声の中には、企業として、さらに改善する課題が隠れています。ユーザーレビューを含んだ良質なWEBコンテンツです

声

お客様の声はショップの評判です

お客様の声は、ユーザーが商品やサービスを実体験した感想で、その企業や商品を利用した率直な意見です。ステルスマーケティングを行えばユーザーからの評価をコントロールできますが、最近ではステルスマーケティングもGoogleに見破られるようになってGoogleからの評価が下がるので、絶対に止めましょう。ステルスマーケティングはリンクをお金で買ったことになります。悪質と判断されるとペナルティになって最悪の場合データベースから削除され、社名で検索しても出てこなくなります。なので、お客様から寄せられる声は企業側ではコントロールできません。ユーザーは商品やサービスに対して様々な感想を持ちます。この様々な意見は、ユーザーの正直な感想で、企業にとっての改善課題もたくさん教えてくれるものです。これから商品やサービスを購入しようと検討している人にとってはとても参考になる情報です。お客様の声には、企業側にとって良いものもあれば辛辣なものもあります。良い評価も悪い評価も企業側の回答も掲載して、特に悪い評価をされた場合には、なぜそのような評価につながったのか、徹底した原因追及を社内で行って、再発防止の回答もしましょう。「二度と同じ悪い評価はされない」と言う強い信念の元に対策を講じたのであれば、悪い評価があっても、再発防止は十分で、その問題が再発しないと購入を検討しているユーザーに納得して頂けると思います。再発防止策を講じても同様の問題が起こる場合は、原因の解析が甘かったからで、さらに深く原因を解析して、再発防止策を講じるようにしましょう。また、対策を行っても、時間の経過とともに、元に戻ってしまわないように歯止めもしっかりと行いましょう。ユーザーが悪い評価をされた問題が再発しないと納得できれば購入につながります。また、再発防止に真摯に取り組む姿勢が伝われば、ユーザーのロイヤルティも高まります。

ユーザーから悪い評価をされた場合に、再発防止策を社内で検討もせずに定型文を返信するようなことをしていては、ユーザーから信頼されなくなります。定型文を返信すると言う事は、再発防止策を社内で検討していないと言うことなので、同様の不満の評価は続きますので、ユーザーからの声と回答はWEBサイトに掲載出来ません。ユーザーからの悪い評価に対して、回答も掲載できる企業は、本当にユーザーの立場に立って、喜んでもらえる商品やサービスを提供しようとしている証拠です。ユーザーからの評価を隠さずに、真摯な回答も含めて公開する企業が増えると、お客様の評価や回答を掲載していない企業が明らかに不利になります。そうなるとお客様本位で真面目に取り組んでいる企業が業績を伸ばし、ユーザーに対して不誠実な対応をしている企業の業績は伸び悩みます。これは、どんなコンテンツにも言えることですが、WEBコンテンツを公開すればするほど、ユーザーに喜んでいただこうとする真摯な姿勢が公開されるので、ユーザーはコンテンツを公開している企業の商品を買い求めるようになって来ます。そうなるとユーザー本意の企業が生き残り、不誠実な企業は淘汰されることになり、とても健全な競争になります。情報が閉ざされていた時代には十分生き残れた企業が他社とのユーザーに対する真摯な態度の差によっとて淘汰されることは、ユーザーに真摯に向き合っている企業にとってはとても喜ばしい状態になると言うことです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください