競争優位が全く無ければ、コンテンツを制作しても無駄です

差別化か集中かの戦略が明確でなければコンテンツを制作しても無駄になる可能性が高いです

そもそも、WEBコンテンツをどれだけ制作しても、商品やサービスに競争優位が無ければ、コンテンツは購買にはつながりません。コンテンツを量産して、検索からユーザーを集めても、実際の商品やサービスが他社から見て劣っていては、商品やサービスは売れません。逆に言えば、競争優位さえあれば、あとはユーザーにどうやってその優位を知ってもらうかだけです。競争優位があるのに商品が売れていないとすれば、それは伝え方が悪いのです。自社商品の優位性さえ確実に知らせることができれば、コンバージョンはかなり高くなるはずです。競争優位がユーザーのどのような生活の不満や問題を解決出来るのかをしっかりと伝えることが出来れば購買につながります。

コンテンツを作る前に、いやサイトを作る前に自分が扱う商品やサービスは、すでに存在している他社と比べて優位な部分がある商品やサービスなのかを十分に検討して下さい。競争優位が無ければ、最初から負ける戦いをしていることになりますので、そんなことに労力を使うことは止めましょう。競争優位が無い商品を売ろうとするのば、太平洋戦争を戦った日本軍のようなものです。

ただ、競争優位を作り出しても、すぐに真似されることも事実です。真似されても開発を続ける力も必要ですし、見せ方の工夫も必要です。ほとんど同等の商品でも僅かな違いによって使用感が違って来たり購入意思を左右します。僅かな違いであっても優位性があれば、ユーザーに伝わるようなコンテンツになるように工夫しましょう。

競争

他社との違いを端的に明確に伝えること

優位と言うのは、他社商品との差別化か集中かコストリーダーシップかです。多くの中小企業は資金力が無いので、コストリーダーシップの戦略を取ることは不可能だと思いますので、差別化かある特定分野や特定のユーザーに集中するかになります。

狭い分野やターゲットに集中して、その狭い分野の商品なら全て取り揃えていて、社員もその狭い分野のことならどんなことでも知っている。とか、その分野の最高品質の商品だけを取り扱っていて、このショップで商品を購入すれば確実に満足出来る。とか、その分野のことなら何でも知っていて、狭い分野を徹底的に掘り下げて、コンテンツを発信することで、この分野のことならこの人の言っていることだったら信用できると言うような評価をもらえるようになれば、コンテンツはコンバージョンにつながります。

検索しても同じような商品を扱っているショップが大量に出てきて、その違いが分からない

そもそも、差別化が必要な訳は、「検索しても同じような商品を扱っているショップが大量に出てきて、その違いが分からない」と言うことです。違いが分からないと言うことは、価格だけで判断されると言うことです。違いが伝わらなければ、少しでも価格が安いお店から買おうとするのは消費者の心理です。なので、差別化している事をユーザーに端的に明確に伝えないと価格勝負になってしまいます。「どこで買っても同じだ」と思われてしまうと、価格勝負になります。多くの場合、一目で他社と差別化していることが分かるショップを目にすることはほとんどありません。差別化できれば、他社とは違う特徴を持った商品やサービスを提供して、既存の商品やサービスでは満足できないユーザーを取り込むことが出来ますので、価格勝負には巻き込まれません。なぜ、他社とは違った商品を販売しているのか、どんな問題点や不満を解消するために、違った商品を販売しているのか、商品のどの部分の作り方が不満を解消する要素になっているのか。このことをユーザー目線で発信できれば、良質なWEBコンテンツとして成立します

差別化している、あるいは集中している部分をホームページを訪れたユーザーが最初に見つけることが出来れば、ターゲットとしているユーザーはかなりの確率で、ホームページの中身を読み進んでくれると思います。ユーザー目線のキャッチコピーで確実に違いを訴えて、さらに「来店されたお客様にどうしても読んで欲しいこと」といったリンクを作って、さらに詳しく説明するなどするのが良いでしょう。ユーザーがコンテンツを読んでくれれば、長い目でみて必ず注文に繋がります。

もう一つ、絶対にやってはいけないことは、自社の商品の製品ライフサイクルがすでに衰退期に入っているのに、積極的に売ろうとすることです。衰退期に入って、年々売上が下がって来ている商品を何とか売ろうと言う気持ちは大切ですが、衰退期に入っている商品はいかにスムーズに市場撤退するかが一番の課題です。この商品でもう一度花を咲かせようとするのは、無駄でしかありません。そんなことに労力を使うくらいなら、新たな商品開発に力を注ぐべきです。

自分たちが扱っている商品を、しっかりと見直し、差別化のポイントを端的に明確にユーザーに伝え、そこからコンテンツへ読み進んでもらえることを第一に考えてください。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください