Googleはコンテンツの明確な定義(意味)を発表していません

良質なWEBコンテンツの意味はGoogleも明確にしていません

良質なWEBコンテンツが分かれば苦労はしない

良質なWEBコンテンツの定義についての解答はGoogle自身も明確にしていません。これは、ユーザーの質問によって、良いコンテンツが変わってくるからもあるでしょう。良質なWEBコンテンツの意味を簡単に一言で説明することもできないこともあると思います

WEB上にもいろんなコンテンツに対する解釈が掲載されていますが、どれも間違いだとは言えない内容です。

今の時点では、Googleが上位に表示しているWEBサイトの内容が良質なWEBコンテンツと判断するしか無いでしょう。ただ、現在の時点では、ECサイトなどで商品カテゴリのキーワードで検索すると、商品の写真と商品名と価格が膨大数表示されるサイトが上位に表示されたりしていることもありますので、その内容が良質なWEBコンテンツだとは思えませんが、Googleは、検索キーワードが求めているコンテンツとしては、そのページが適切だと判断しているのでしょう。上位に表示されているページはコンテンツでは無いと思えても、検索意図には合っていると思います。良質なWEBコンテンツで上位に表示されるのは、購入する商品カテゴリが決まっている顕在顧客では無く、現在の商品に漠然とした不満があるなどの潜在顧客なので、潜在顧客の検索キーワードならば良質なWEBコンテンツが上位に表示されると思います。

コンテンツを掲載するのは、ユーザーをファンになってもらうことと、Googleで検索上位に表示するSEOが目的なので、Googleの結果に従うしかありません。

顕在顧客ではなく、潜在顧客に向けてコンテンツを作成する

顕在顧客とは、今まさに商品やサービスを探しており、ネット検索などを通して積極的に購入する商品・サービスを検討している顧客です。顕在顧客は、すでに購入予定の商品が絞り込まれていて、後は、細かな機能や価格、サービスなどが購入の判断基準になりますので、WEBコンテンツを読む段階は過ぎてしまっています。

これに対して潜在顧客は、現在使っている商品に漠然とした不満があって、今度買い換える時のための情報を探している段階です。この段階で求めている情報は、不満を解消できる商品とはどんな商品なのかです。この潜在顧客に対して、不満に感じている事象が起こる原因と、不満が起こらない商品の具体的な構造などについての説明が出来れば、良質なWEBコンテンツになります。

今後Googleが明確な定義を発表するかも知れません

可能性は低いとは思いますが、今後良質WEBコンテンツの定義(意味)を発表するかも知れません。ただ、発表すると、そのガイドラインに沿ったページを量産する人も出てくる可能性もあるので、発表される可能性は低いと思います。

なので、良いコンテンツの意味を知るには、検索で上位に表示されているページが良いコンテンツと判断するしかありません。検索エンジンの市場がGoogleのほとんど一社独占の状態なので、多用な解釈で良質なWEBコンテンツを判断することは出来ない状態です。

ただ、Googleのスタンスは常にユーザーファーストなので、Googleが特定のキーワードで検索結果が表示された時に、検索意図から考えて最も良い検索結果を返していないと感じれば、さらに良いコンテンツを作って掲載すれば、Googleのアルゴリズムが変わって、新たに作ったページが上位に表示される可能性もあります。

私たちは、WEBサイトの作成者であると同時に、Googleのユーザーでもありますので、検索結果について、自分が作ったページがもっと良質なページだと思う場合は、掲載を続けてアルゴリズムの更新を待つしかありません。

良質なWEBコンテンツは検索ユーザーによって違う

良質なWEBコンテンツは検索窓に質問したユーザーそれぞれの検索意図によって違います。同じキーワードを検索窓に入力したとしても、ユーザーがそのキーワードを入力した背景は違います。なので、求めている回答も違います。Googleは検索結果を複数提示して、ユーザーが選択できるようにしているのです。Search Consoleの検索アナリティクスでキーワードのCTRを調べれば、検索キーワードに対して自分が良質なWEBコンテンツを提示できているのかどうかを判断できます。Googleの結果を見ながら良質なWEBコンテンツを探って行きましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください