商品をユーザーに届けるまでの取り組みもコンテンツです

品質を維持したり廃棄を減らす取り組みも学びになるコンテンツです

商品をユーザーに届けるまでの物流の取り組みもコンテンツです。生ものの鮮度を保つために、商品をできるだけ痛めずに最短で届ける工夫や、熟成を必要とする商品の温度帯や保管容器や保管場所のこだわり。また、流行に合わせて短納期で生産、供給できる仕組みの構築。商品を傷つけないようにする工夫や、流通段階で廃棄物などの無駄を防ぐ取り組みなどもコンテンツです。

必要な時に必要な物を必要なだけ供給する

“Quality”(品質)、“Cost”(費用)、“Delivery”(納期)は生産管理の3大要素です。納期については、「必要な時に必要な物を必要なだけ供給できるか」が大きなテーマです。需要は季節や流行によって大きく変動します。一番需要がある時に商品を欠品させては、大きな機会損出になります。その商品を供給できるのが一社だけなら、需要と供給の法則で、商品価格が高騰しますが、代替品があると代替品にユーザーが流れてしまって、商機を逃してしまいます。しかし、欠品を防ごうとして大量に在庫を抱えて余ってしまうと不良在庫になってしまいます。不良在庫を叩き売るとブランドが毀損して、ブランド価値が低下してしまいますので、不良在庫は廃棄します。不良在庫を叩き売るのは、もうそのブランドを育てることを諦めた時だけです。廃棄は重大な環境問題なので、大量に廃棄していることが一般ユーザーに知られると企業に対して批判が殺到するので、情報が外部に漏れないようにして廃棄しますが、廃棄は企業にとっても大きなマイナスなので、廃棄が極力出ないような仕組みを作っているはずで、廃棄を極力出さない仕組みについて詳しく公開すると、ユーザーからの共感も得られると思います。全く廃棄を出さない仕組みを構築できていれば、グリーンコンシューマなどからの支持も得られるので、一定の層がファンになってくれます。グリーンコンシューマのコミュニティでの拡散も期待できるので、廃棄を出さない仕組みを構築しているのであれば、積極的に公開すると良いでしょう。

物流

物流で商品の品質を損ねたり、鮮度を保つ必要がある商品の鮮度が落ちてしまえば、ユーザーが必要とする物を届けることが出来なかったことになります。鮮度を保つために行われている工夫もそれぞれの企業の技術です。魚の鮮度を保つための締め方にも独自の技術があると思います。鮮魚には輸送のノウハウもあると思います。生きたまま運ぶ方法、仮死状態で運ぶ方法など、色んな方法があります。それぞれのメリット、デメリットと自社が採用している方法の優位性を伝えることが出来れば、ユーザーも輸送方法によって鮮魚を選ぶことも出来るようになります。肉や魚、野菜、果物の鮮度を保つための技術はユーザーが商品を買ってからの保存方法の参考にもなる情報で、有益なコンテンツになります。

例えば鮮魚の鮮度を保つための工夫などは、テレビでも色んな取り組みが紹介されています。鮮度を保つ方法がなぜ有効なのか、これまで一般的に行われていた鮮度を保つ方法とどんなところが優位なのか、鮮度を保つ方法を採用した魚と何もしない魚を比較するなどの詳しい説明があると、鮮度の高い商品を求めるユーザーにとっては、ショップを選択する指標になります。企業側はユーザーに最も美味しい状態で鮮魚を届けようとしています。また、流行に激しく左右されるファッション業界でも、コンビニの発注と同じような店頭で売れた情報によって工場に生産指示が行くような仕組みを取っている企業もあります。生産を担当している工場は対応がとても大変なのですが、中間流通をカットしたり、不良在庫の発生が最小限にとどめるられるなどのメリットが大きい方法です。この方法だと、東南アジアで大量生産する衣料品とは違う国内生産の優位性を生かした方法で、バーゲンなどは無くなり、シーズンの初めに定価で購入したお客様を裏切るようなことにはならない方法です。

また、需要が無い時にいかに生産を調整して、在庫を増やさないかも大きな課題です。在庫が膨らめばそこに資金が固定化するからです。需要が無い時期は企業としても仕事が無いので、売り上げが減少します。売り上げの減少を放置していれば、業績が悪化するので閑散期対策として、需要の波が違う商材を受注するなどの方策を取っている企業も多いと思います。閑散期の対応にも各社工夫があるでしょう。

このような取り組みはユーザーが求めている品質で求めている商品を確実に届けようとする企業の努力によって作り出されたものです。ユーザーは物流についてはあまり関心が無いかも知れませんが、商品を届けている企業の努力によって、鮮度を保ったり、需要の変化に対応した商品供給が出来ているのです。この情報はユーザーにとってもこれまで全く知らなかったことを知ることが出来、大きな学びや驚きとなりますので、良質なWEBコンテンツとして公開できます

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください