商品を売ると言う観点からするとコンテンツはかなり遠回りです

コンテンツは注文ページではないので、アクセスはすぐに注文にはつながりません

良質なWEBコンテンツを作ってSEOの効果が上がっても、商品の注文には簡単にはつながりません。そもそも、コンテンツでヒットするキーワードは商品と関連する場合もありますが、商品と同一のキーワードではありません。関連キーワードである可能性は高いですが、ユーザーが求めているのは商品そのものとは違うキーワードなので、商品そのものを求めているわけではありません。ですからコンテンツへ訪問したからと言ってすぐに購買にはつながらないからです。

制作したコンテンツが検索で上位表示されたとしても、そのページは注文ページでは無いので、そのページを読んだ人が必ずしも注文ページを訪れてくれるとは限りません。コンテンツから注文ページへの導線は考えておく必要があると思いますが、コンテンツを読む人は他の問題を解決したいと思って訪問している場合が高いので、その商品を探している人とは限りませんので、問題や疑問が解決すればそのページから去ってしまいます。なので簡単に注文ページへ直行とは行かないのです。

即効性を期待するのならリスティング広告です

すぐに購買につなげたいのならリスティング広告の方が効果は大きく確実です。これは広告をクリックする人が確実に商品を探している人なので購入意欲が高く、また、広告のリンクが注文ページに直接繋がるからです。注文ページで納得すれば、すぐに購買につながります。その場合の決め手は価格か短納期です。しかし、広告は常に費用が発生し、どれだけ効果があっても、広告を打ち切ればすぐに売上げも消滅してしまいます。広告掲載で売上げを上げようと思えば、常に広告を掲載し続けないといけないので、広告費が重く企業にのしかかります。

コンテンツは記憶に深く残る効果があります

コンテンツを制作することのメリットは、コンテンツを読んでもらうことで、問題が解決したり、感動したり、共感したり、嬉しかったりして、ユーザーがブックマークしたり、記憶の片隅に残ったりして、どれだけか年月が経過して、実際に商品を購入しようと思った時に「あっ、そうだ!」と思い出してくれることで、注文につながるので、良質なWEBコンテンツを作ってSEOの効果が出ても、実際に売上げに繋がるには時間がかかります。しかし、コンテンツを読んで問題が解決すると、ユーザーはSNSで共有したり、blogで紹介してリンクを張ってくれるかも知れません。このリンクは長期的にGoogleの検索順位を上げ、アクセス数が伸び、売上げの向上に繋がります。なので、コンテンツが効果を発揮するには、とても長い時間が必要なのです。

最近は「コンテンツイズキング」などと言われてSEOはコンテンツが全てかのように言われていますが、コンテンツには短期間で売り上げを劇的に改善する効果はありません。短期間で売り上げを上げたかったらリスティング広告に投資しましょう。コンテンツの制作には、即効性は期待せずに、気を長くもって諦めずにコツコツを作り続けることが重要です。しばらく更新しても効果が無く、モチベーションが下がってしまうかも知れませんが、諦めずに更新を続けて、コンテンツを発信し続けましょう。企業はどうしても短期的な利益や成果を追い求めがちですので、コンテンツを制作することの意味やすぐに効果が出ないことなど、社内で理解しておいてもらわないと、成果が無いことに時間を費やしていると批判を受ける可能性もあるので、理解の共有が重要です。社内で理解されていないと、ただでさえ効果が出なくてモチベーションが下がりがちになるところをダメを押されかねません。

それでも長い目で見てコンテンツの制作が認められれば、必ず効果が出て来ます。コンテンツ自体をGoogleが評価し、被リンクも次第に増えるので、その被リンクも評価されて次第に検索順位も上がります。アクセスが増えるに従って、初期にアクセスしてくれた人の中から発注に繋がる人が出て来ます。そしてそれは時間と共に増加して行きます。さらにコンテンツは制作時にはコストがかかりますが、それ以降はコストがかかりません。一つのコンテンツでどれだけかのアクセスを稼ぐことが出来れば、コンテンツを増やす度にアクセス数が伸びて来ます。コンテンツを公開すればする程アクセスが積もって来ます。コンテンツに短期的な効果を求めるとガッカリすると思いますが、長期的に捉えることが出来れば、非常に大きな効果が得られます。

コンテンツは商品に対する深い知識やユーザーに喜んでいただこうとする真摯な姿勢を公開するので、企業にとってかけがえの無いファンを作ることが出来ます。コンテンツによってファンが増えれば、そのファンは次第に固定客になってくれます。コンテンツは短期的な効果はありませんが、長期的にはとても大きな効果を生み出してくれるものになるはずです。すぐに効果が無いとモチベーションを落とさずに、公開を続けるように頑張って下さい。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください