コンテンツ重視と言ってもGoogleのアルゴリズムは発展途上です

GoogleのAI技術は日々進化していてコンテンツの評価も正しくできる日が来ると思います

Googleがコンテンツ重視を打ち出して、良質なWEBコンテンツを作ることの重要性を多くのWEBサイトで語られています。これからコンテンツの制作に取り組もうとしている企業も多いと思います。

良質なコンテンツを作ってもなかなか上位に表示されない

しかし、実際には良質なWEBコンテンツを制作してもなかなか上位に表示されなかったり、明らかに低品質なサイトやコピペサイトが上位に表示されたりしている現実もあります。だからと言って、コピペしたページを大量に作ることはいつか必ずペナルティを受けることになるので、絶対にしないようにしましょう。特に企業名をドメインにしているサイトはペナルティを受けたからと言って、そう簡単にはそのドメインを捨てることが出来ません。ペナルティを受けても使い続けないといけないので、ペナルティからのリカバリが大変になります。また、ペナルティを受けて、そのドメインを手放すと、それまであった被リンクも無くなってしまうので、大きな損出になります。

また、コンテンツを作ってもまだ上位に表示されないからと言って、コンテンツの制作をおろそかにすることは競合他社に対して将来大きな遅れを取ることになりかねません。コンテンツは短期間に効果が出るものでは無いのです。

Googleのアルゴリズムが完璧になってから対応しても遅い

発展発展途上Googleのアルゴリズムは日々進化していて、コンテンツを重視すると発表した以上、いつか必ずユーザーが求める良質なコンテンツが上位に表示されるようになります。今は、良質なコンテンツに自然発生の被リンクが付くのを単に良質なコンテンツと評価しているのかも知れませんが、Googleのアルゴリズムが進化して、本当に良質なコンテンツしか上位に来なくなってから慌てても遅いのです。AI技術も進化しているので、Googleも必ずコンテンツの中身を評価して検索アルゴリズムに反映するようになります。Googleが評価を正しく行えるようになって、良質なWEBコンテンツを持っているWEBサイトが上位を独占して、コンテンツを作って来なかったサイトが圏外に押しやられると、コンテンツを作って来なかった企業はWEBサイト経由の売上げは激減してしまい、それからコンテンツを制作し始めても、上位に表示されているサイトのように充実したコンテンツを大量に蓄積するには、かなりの時間を要してしまい、その間かなりのダメージを受けてしまいます。現在のように販売チャネルとしてインターネットが占める割合が多くなっている状況で、検索順位が大きく落ちることは企業業績にも悪影響があります。先行してコンテンツを制作している企業は、常にコンテンツを公開し続けているので、検索で圏外に追いやられてから、コンテンツを作り始めても、先行している企業の公開ペースを上回るスピードで公開を続けて行かないと、永久に追い付くことは出来ません。将来に渡ってもインターネット経由の売上げを維持するためにもコンテンツの公開は出来るだけ早いうちに取り組んでおかなければいけません。

良質なWEBコンテンツを制作しても上位に表示されないからと、コンテンツの制作を後回しにすると、Googleが本格的にコンテンツの評価が出来るようになると大変なことになります。今、まだコンテンツに対する評価が定まっていないうちに多くのコンテンツを公開して、将来に備えましょう。今は、Googleがコンテンツ重視を発表していても、まだ、コンテンツが何かも理解されていなかったりして、コンテンツが十分に公開されているとは言えない状態なので、今からコンテンツを作り始めれば大丈夫です。コンテンツを公開するには、相当な時間と労力が必要です。さらに、公開したコンテンツがコンバージョンに繋がるにはさらに時間が必要です。そうなると、少しコンテンツを公開してみて効果が無いと判断して、コンテンツの公開を止めてしまうと、いつか競合他社に追い越されて、検索順位が大きく下がります。コンテンツを公開するのにかかる時間や労力は大きくても、それは広告のようにコストの支払いを止めると失われるものではありません。コンテンツは制作にかかるコストさえ支払えば、その後は永久に残り続け、永久にアクセスを稼いでくれます。コンテンツを多く公開していれば、それぞれのコンテンツがアクセスを稼いでくれるので、積み上がるアクセスは相当大きくなるはずです。Googleがコンテンツを正しく評価できるようになれば、公開したコンテンツはさらに強い力を発揮するでしょう。コンテンツを少し作って効果が無いからと言って、作り続けるのを止めてしまわないように頑張りましょう。

今は、Googleからの評価よりも、SNSからの評価や自然リンクがもらえるようなページ作りに重点を置いてコンテンツを制作しましょう。SNSで共有されるような情報を公開できれば、それはコンテンツだと言う事です。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください