環境に対する取り組みもコンテンツです

地球で永久に生命が存続できるような取組もコンテンツです

社会が成熟して、マーケティング・コンセプトが社会志向になってきて、大量生産、大量消費が見直されるようになって来ると、ユーザーも消費行動に少なからず嫌悪感を持つようになって来ます。そうなって来ると、商品の良さをどれだけアピールしても、商品のスペックや価格よりも、より地球環境に優しい商品や企業を求める消費者も出てきます。

企業として、環境への取り組みをどのような形で行っているのか、自社の品質基準で不合格になった商品は修理して良品にしているのか、修理は出来ずに原材料として再利用しているのか、あるいは廃棄しているのか、廃棄する場合は、再利用できる業者に引き取ってもらっているのか、さらに引き取った業者は完全に使い切るのか、または本当に捨てているのか。大量生産では無く、完全受注生産にして廃棄を減らしたとか、包材を自然に帰る材料に変更したとか、完全受注生産にしても、自然に帰る包材にするにしても、元々の生産方式に比べるとコストは確実に上昇します。コストが上昇しても、その生産方法を選んだ理由とか、自社の取り組みによってどれだけ廃棄物を減らせるのか、あるいはCo2の削減をどれだけ出来るのか。地球環境に配慮すれば、本来利潤追求が企業の目的であるはずですが、確実に利益は減少します。それでも環境に配慮した生産方法や資材を使うことを決めた背景。企業としての社会的な責任をどのように受け止め、どのように行動しているのか、廃棄を続ける消費行動を続けていると地球環境に深刻な打撃を与える可能性があります。現実に日本は、年間5500万トンの食糧を輸入していながら、1800万トンを廃棄しています。食料廃棄率ではアメリカを上回っており、日本の食糧効率はとても悪いことになっています。廃棄量は世界の食料援助総量470万トンを遥かに上回り、途上国の5000万人分の年間食料に匹敵します。このような大量廃棄を続けて行くことは出来ません。そして、日本では、大量の廃棄をしているのに、世界では飢餓で1500万人が亡くなっていると言われています。そのうち70%以上は子供だと言われています。消費行動と一体になっている生産活動が見込み生産の大量生産だと、必ず売れ残りが出て、廃棄が発生します。原価が上昇しても、廃棄を減らす受注生産に転換した理念の変化。また、将来どのような姿になろうとしているのか。企業として考える理想の社会とはどんな社会なのか。そして、現在の取り組みがその理想を実現できるのか。

環境

環境問題は将来人間が生存できなくなるかも知れない問題です

環境問題による地球温暖化は将来人間が生存できない環境になってしまう恐れさえある問題です。企業も消費者も今と同じ活動を続けていれば地球温暖化は確実に悪化して行きます。今現在、地球で生活している人間として、また、そこで生産活動や販売活動をしている企業として、子孫にどのような地球環境を残すのかは、極めて大きな問題であり、そのことに強い関心を持っているユーザーも多くいます。現にグリーン・コンシューマと言われる人たちも出現していて、価格が高くても、確実に環境に優しい商品を購入しようとする層がいます。この人たちは商品のスペックなどにはほとんど興味が無く、いかに環境にダメージが少ない商品なのかが、商品を選ぶ基準で、消費すること自体に罪悪感を感じています。それでもどうしても消費しないといけない商品は価格が高くても、環境に極力優しい商品を選びます。今後、地球温暖化がさらに酷い状態になれば、このグリーンコンシューマはもっともっと多くなるでしょう。そうなれば、企業としてもグリーンコンシューマを無視するような生産活動、販売活動は出来なくなり、環境に対する取り組みは必須となります。

そのような環境問題に対して強い関心を持っているユーザーに対して、共感してもらえるコンテンツを提供でき、さらには新たな発見や気づきのある情報を提供できれば、確実にファンを増やすことができます。グリーンコンシューマに対して確実に共感してもらえるコンテンツを公開できれば、このユーザー達は今後確実に増加して行くので、今は、原価が高くなったりするでしょうが、重要な顧客層になります。また、環境問題にあまり関心が無かった人に対して、問題を提起して、自社の取り組みに納得してもらい、共感してもらえるコンテンツを公開できれば、多くのファンを獲得することができ、長期に渡ってユーザーとなってもらえます。

ISO14001を取得している企業なら、ISOを取得するのに苦労したことや、ISOならではの管理点など、一般のユーザーは、広告などにISO取得などと書かれていて、ISOと言う言葉は知っていても、具体的に何をどう管理しているのかは分かりません。管理する上で大変なことやISOが重視していることなども公開すると良いWEBコンテンツになると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください