高額な買い物に失敗は許されません

見えない部分の品質を信用してもらえる情報はコンテンツです

例えば、人生で一番高価な買い物であろう自宅の新築は、他の安価な商品のように買った後で失敗だったでは済まされません。そうなると当然信頼できる業者に発注したいのですが、どこが信頼できる業者なのか全く見当が付きません。ハウスメーカーのホームページには、日々扱っている商品なので感覚が麻痺しているのでは無いかと思う程情報が不足しています。ユーザーにとって一生に一度の買い物と言う意識が無いのか、判断材料となるコンテンツが少な過ぎます

ハウスメーカーは受注を取るのは営業マンだと言う意識が強いのかも知れません。ホームページを訪れたユーザーをファンにして、何としても受注を勝ち取ろうとするような情熱を感じません。ハウスメーカーにとっては、「他の会社も作っているから」と言う程度の意識しか無いのか、表面的な情報しか掲載されていません。

ダイヤモンドなら鑑定書を見ればそこに書かれている品質を信用できるので、鑑定書に書いてある内容の説明さえ受ければ、後はリングのデザインを好みのものにすれば良いだけです。

しかし、ハウスメーカーのホームページには、建築事例などの写真は綺麗なものが多く掲載されていますが、建築事例は出来上がった写真で、目に見える所は綺麗にできていても、壁の内側や基礎や土の中など、目に見えない部分はどうなっているのか分かりません。このような目に見えない部分まで公開して、信頼を勝ち取る情報は決定的に不足しています。工法の優位性は記載されていますが、工法は設計上の優位性であって、実際の工事が設計通りに行われていなければ、優位性は無いも同然です。テレビでも報道されるようなマンションの手抜き工事のようなことが起こらない業者に発注したいのですが、それがどの業者なのか業者のホームページではほとんど判断できません。ホームページを読んでも手抜き工事がされないと確信できる情報はありません。完成した写真だけ掲載されても内部まで品質保証できるような説明はほとんどありません。ユーザーにとっては、壁の内側や土の中に入っている部分まで、完璧な作りがされているのか全く分からないので、目に見えない部分の品質について詳しい説明を受けて、安心して発注したいのです。コンテンツがあるとすれば、「お客様の声」ぐらいあれば良いところです。お客様の声の完成直後のユーザーの声なので、使って行くうちに出てくる不具合については、情報が無く、判断できないのです。目に見えない内部の工事まで、保証できると言う、ユーザーが安心できる情報が公開されないと、発注できないのです。一生に一度の大金を叩いて購入する家を発注する業者を間違えて台無しにする訳には行かないのです。

高価

ハウスメーカーはユーザーから信用してもらえるコンテンツが絶対必要です

ハウスメーカーは自社が信用できる会社だと言う事をユーザーに分かってもらえるコンテンツが必要でしょう。

実際、私も信頼していた業者に発注した新築住宅の水道の蛇口から茶色い水が出てきたと言う経験があります。建物の基礎や壁の裏側など目に付かないところはどうなっているのか素人には分からないので、確実に誠実な工事をしてくれることをユーザーに伝えるコンテンツが必要です。ユーザーは発注にあたって、その業者が信用できると判断しないと、決して発注しません。

例えば、建築途中の写真などを掲載して、撮影したどの部分の作り方が建物の長い間の堅牢さを保つポイントだとか、家を建てるキモをユーザーに伝え、そこは確実に作りこんでいることを伝えるか、建物の品質を決定付ける部分の施工時には施主にも立ち会ってもらって、品質基準の説明をした上で施工具合を確認していただくなどの対応をすれば納得できると思います。このようにユーザーが施工時に品質が確実に作りこまれていることを実感できることが必要です。とにかくユーザーが安心できる良質なWEBコンテンツが必要です

他社と比較して、目に見えない部分も圧倒的に信頼できる情報が掲載できれば、問い合わせは大きく増えるはずです。自分の会社はお客様に胸をはれる仕事をしていると言う自負もあって、そのことは実際に住んでもらえば分かると思っている経営者も多いと思いますが、その自信を持って仕事をしていることをユーザーに伝えないと、実際に発注はいただけないので、良さを実感してもらえないのです。自分のことを信用して下さいと言うのは恥だと思っている人もいるかも知れませんが、WEBサイトは営業マンや住宅展示場で物件を見る前の段階の選別が行われるので、ユーザーにその企業が信頼できると判断されないと、WEBサイトの時点で選別されて、発注の候補から除外されてしまいます。この段階で候補から除外されてしまうと、全く勝負にならないので、目に見えない部分も確実に作っていることをユーザーに伝えるか、重要な部分を施工する時には施主にも立ち会ってもらって品質を確認して、納得してもらって工事を進めるなどのコンテンツは絶対に必要です。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください