良質なコンテンツはSEOに有利です

Googleの究極の目的はユーザーが求めている情報を上位に表示すること

Googleが常にアルゴリズムの更新を行っているのは、ユーザーの疑問や質問に対して最適な回答を検索結果の上位に表示するためです。

ページランクアルゴリズムで外部リンクをランキングの評価にしているのも、自然発生リンクを獲得するページは良質なコンテンツだと言う仮説に元ずくもので、良質なコンテンツが上位に表示出来る別の手段があれば、ページランクアルゴリズムは捨てるはずです。

しかし、現在のところ良質なコンテンツを測る指標として外部リンクは今でも有効と言うか、サイトの信頼性を測る要素として、獲得しているリンク以上の評価要素が無いために、ページランクアルゴリズムを維持しているのです。

多くのユーザーから支持されているコンテンツやその分野の権威からリンクを受けているサイトは質が高いと判断するアルゴリズムを有効と考えているのです。

愚直に良質なコンテンツの掲載を続ける

ユーザーの疑問や質問の回答となる良質な記事のコンテンツの掲載をひたすら継続して、良質なコンテンツを多く持っているサイトに成長させることが、結果的にGoogleから評価されるサイトになり、SEOの効果も高まります。

ブラックハットSEOのようなGoogleのアルゴリズムを逆手に取ったように施策はいずれ全く効果が無くなり、良質なコンテンツの方が評価される時代が来ると思います。

それは、Rank Brainなどで、機械学習のAIを搭載するようになり、コンテンツの内容も理解が進んで行くはずで、いずれ。人間と同様にコンテンツを理解する時が来るはずです。

検索窓に入れられるキーワードで、ユーザーがどんな回答を求めているのかを理解し、ユーザーへの回答として適したページが検索結果に表示されるようになります。

将来のGoogleのコンテンツの評価に重点が移ることを見越して、今から良質なコンテンツの文章の掲載を続けていると、将来、SEOの効果が大きく発揮される可能性が高いと思います。

良質なコンテンツとはユーザーが必要としている情報です

良質なコンテンツについて、Googleは明確な見解を発表していませんが、ユーザーが必要として求めている情報です。ユーザーが求めている情報を掲載出来れば、ページを読んだユーザーがblogからリンクを設置してくれるかも知れません。

良質なコンテンツが自然発生リンクを獲得するようになると、SEO対策としてもとても強いサイトへと成長して行き、良質なコンテンツを掲載→自然発生リンクの獲得→検索順位の上昇→新規ユーザーの獲得→自然発生リンクの獲得。の循環が生まれて、コンテンツの追加に伴って加速度的にアクセスが増加して行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください