日本人の奥ゆかしさはコンテンツには不要な意識です

企業の姿勢を知ってもらうことはコンテンツとしては重要です

これまでのコマーシャルは、ただひたすらに商品が良いと言い続けるものでしたが、WEBコンテンツはコマーシャルでは伝え切れないユーザーの問題や課題を解決できる、商品の詳しい説明やその商品を取り扱う企業について詳しく説明して、ユーザーに知ってもらう情報です。

これまでのWEBサイトは商品についての説明はありましたが、その商品がユーザーのどんな問題を解決してくれるのかの詳しい説明がありませんでした。

そして、決定的に不足しているのは、その商品を取り扱っている企業がどんな企業なのかをユーザーに知ってもらう情報がほとんどありません。以前ようにコマーシャルしかユーザーに認知させる手段が無かった時代には、限られた時間や文字数では、商品の良さだけ伝えるのが精一杯でしたが、WEBサイトでは、公開するWEBコンテンツに制限はありません

特にコマーシャルでは伝えることが出来なかった、商品に対する企業の姿勢や、ユーザーに対する企業の姿勢などをもっともっと伝える必要があります。商品の良さは伝わっても、その商品を扱う企業が悪意に満ちているような企業であれば、そのような企業から商品を買いたいとは思いません。悪意のある企業だと、送信した個人情報を悪用されるかも知れません。

これまで、コマーシャルで最低限の商品の情報は伝えていました。不足しているのは、商品について、ユーザーが感じている課題や疑問についての解答です。さらに、その商品を扱っている企業や経営者の姿勢について、ユーザー本意で運営しているのであれば、しっかりとその姿勢をユーザーに公開する必要があります。

日本人の奥ゆかしさは美徳にもなりますが、コンテンツには不要な意識です

企業は基本的にお客様に喜んでいただこうと思って企業運営しているはずです。そのお客様に喜んでいただきたいと思っていることを具体的に示すことが、コンテンツとしてはとても重要です。日本人の性格を特徴を表すものとして、自己主張や自己表現が下手。逆に、それが奥ゆかしく、日本人の美徳にもなり得るというのが日本人の根底にあり、お客様を第一に考えて企業運営していても、そのことをユーザーに対して大きな声で表現することは苦手です。なので、企業として真摯に取り組んでいることでも、実際にご利用いただいた時にお客様に感じていただければ、それで良いと考えている経営者の方も多いと思います。しかし、インターネットでは、お客様にご利用いただくには、広告を掲載するか、検索エンジンでターゲットキーワードで上位に表示してアクセスを得ないと、企業のことを知ってもらうことは出来ませんし、ご注文にはつながりません。

検索エンジンで上位に表示されるためには良質なWEBコンテンツの掲載は必須です。ホームページにアクセスしてもらっても、企業の姿勢について詳しく掲載していないと、ユーザーは企業のことを理解出来ません。ユーザーはホームページを読んで納得しないと商品を購入しません。なので、企業の姿勢を、実際にご利用いただいた時にお客様に感じていただければ、それで良いと考えていても、実際の利用をしていただくことは出来ないのです。

リアル店舗の場合は、お客様にご利用いただいて、商品や企業の姿勢を理解してもらえることは有りましたが、インターネットでは、利用してもらう前に、コンテンツを読んでもらわないと、企業の姿勢をお客様に理解してもらえないのです。企業の姿勢を公開せずに、ただ商品だけを掲載しても、そのWEBサイトが信用できるのかどうかの判断も出来ません。ただ、商品だけを掲載しているサイトの商品が売れることはありません。さらに、商品だけを掲載しているWEBサイトはコンテンツが無いので、Googleからも評価されません。Googleから評価されなければ、検索で上位に表示されることはありませんので、アクセスもほとんど得られません。

日本人のさりげない心遣いなどは、積極的に表現するものではありませんでしてが、インターネットでホームページを掲載すると言うことは、ユーザーに対して積極的な表現をしないと何も伝わらないことになるのです。リアルの店舗であれば、店員の表情や態度、しぐさなどでお客様に対する姿勢を伝えることは可能かも知れませんが、WEBサイトでは、テキストや画像、動画などでユーザーに伝えなければ、ユーザーは何も感じません。

企業として、お客様を大切にしていることをWEBサイトに丁寧に記載することは、とても重要なことです。ユーザーが商品を購入する前の比較段階で、他社と差別化できる部分をユーザーに伝えて自社を選んでもらわないといけません。同じ商品を掲載しているとすれば、あとは価格とサービス、商品に精通している専門性と企業の姿勢です。企業の姿勢や商品に対する専門性を掲載していないと、価格だけが勝負になってしまいます。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください