経営者の経験はコンテンツです

経営者の葛藤や人格が滲み出るような情報は良質なコンテンツです

経営者の経験はコンテンツです

経営者が経営の中で経験することは、一般のサラリーマンではとても経験できない貴重な体験です。資金調達で銀行との交渉で苦労したことや、新規の販路開拓、商品開発、社員をまとめ上げる苦労など、それは色々だと思います。人生は一度しか無く、生産的で有意義な人生を送りたいと誰もが思っています。失敗や挫折は人間を豊かにする材料になりますが、多くの人たちは、出来れば避けたいことです。失敗や挫折を出来るだけ経験しないようにする情報や、失敗や挫折に直面している人に、その打開策を伝え勇気を与える情報はとても良質なコンテンツです。そもそも、ユーザーはWEBサイトを運営している会社の経営者と直接話しをすることは出来ません。会社を訪問するお客様とは直接話しが出来るので、その会話の中から自然に出てくる苦労話や経験から得た人生観などは、お客様をファンさせるものです。しかし、WEBサイトでは、経営者の経験などは自然に出てくるわけではありません。経営者の経験は書かないと伝わらないのです。

そもそも、経営者としての経験をホームページ上で公開しようとすると、善意をベースにした経営をしていないと、充実したコンテンツを作り出すことはできません。悪意がベースの経営者は他人に公開できる情報はあまり無く、他人を騙して利益を得ようとしていることを正直に公開してしまうと、炎上してしまうかも知れません。悪意に満ちた経営者はコンテンツを作ることが出来ず、善意の経営者はコンテンツをどんどん作り、検索でも上位に表示され、事業が発展し、悪意に満ちた経営者は駆逐されるようになれば、理想的です。インターネットでは情報を公開すればするほど、閲覧者が増え、善意の経営者のコンテンツにユーザーが集まり、悪意の経営者は選別されます。インターネットが無い時代は情報は公開するものでは無かったので、悪意の経営者も経営を続けることができました。インターネットで経営者としてのコンテンツを公開するのが当たり前になって、善意の経営者だけが生き残る時代が早く訪れて欲しいと思います。Googleが打ち出したコンテンツ重視は、善意の経営者を後押しする、とても良い方向だと思います。

経営者としてのコンテンツを公開すればするほど、新規の取引先は経営者の人間性を信頼して、安心して取引を始めることが出来ます。このように経営者の経験をコンテンツとして公開することは、その企業の奥底の姿勢を表明することであり、これは、コマーシャルで埋め尽くされたページからは絶対に伝えることは出来ません。また、良く見かける、経営者の趣味や座右の銘を書いた程度では、ユーザーの共感や信頼などは絶対に得ることはできません。

リアルの世界で、企業の取引が成立する場面でも。「最後は社長の人柄を信用して」と言うような場面もあるように、リアルの会話の中から滲み出る社長の人柄のようなものは、ネットでは書かないと全く伝わらないのです。直接会って話しをすれば滲み出るような経営者の人柄は、何もせずに滲み出ることはありません。経営者自身は善意で、お客様に喜んでもらえるような商品を売りたいとどれだけ思っていても、コンテンツとなって表に出さないと、誰も分かりません。書かないとダメなのです。

経営

経営者として歩んだ人生そのものもコンテンツです

経営者と言う職業はサラリーマンのような安定したものとは全く違い、経営者として生きる道を選択した時点で、普通では無い人生を歩む決断をしたことになります。経営者としての失敗や挫折、さらには成功体験も貴重なコンテンツです。また、一つ一つの決断に至るプロセスなども経営者百人百様だと思います。経営者の人となりを表明する情報は特にB to B(B2B)の契約を獲得したい企業にとってはとても重要な情報になります。閲覧者にとって、参考になったり励ましになったりする情報は書籍にして販売しても良いような情報も多く、そのような情報を閲覧できると言うのはWEBサイトの質を高めることになります。

上記のような情報は、一WEB担当者ではとうてい出せる情報ではありません。WEB担当者が経営者から聞いた情報を掲載したとしても、内容は必ず薄まってしまって、中身の濃い生々しい情報にはなりません。EB制作会社に依頼してライターに書いてもらうのも方法ですが、個人的にはWEB制作会社はWEBデザインやテンプレート、システムを依頼するところだと思っています。制作会社やプロのライターが書くフィルターがかかった美しい文章よりも、現場で実体験している生の声をそのまま掲載した方が、ユーザーの心を揺さぶると思います。経営者自身から滲み出るような情報こそが、良質なWEBコンテンツとなるものです。商品のスペック紹介のコマーシャルページは担当者で十分ですが、経営者ではないと書けない情報は、経営者自身が是非キーボードを叩いて欲しいと思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください